2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

2004年9月の5件の記事

2004年9月30日 (木)

わーい、もうすぐ1年だあ

 …何か更新しよっと。
 それにアル誕かあ。どうしよっかな。
 (悩むだけで何も無かったらスミマセン)

2004年9月24日 (金)

なんだかいろいろあって。

 年末のウィーン旅行の手配とか、エリザベートの千秋楽@梅田のチケット取りにあれこれ画策するなど、いろいろやっているうちに、9月も終わりに近付いてきました。
 ウィーン旅行の方は無事、飛行機と宿を押さえることが出来、ひと安心です。今回、年末と言うこともあり、往路の直行便は既に満席で、ロンドン乗り継ぎでウィーンに入ることとなりました。ヒースロー空港はとても広くて、乗り継ぎも大変みたいなんですけど、まあ、なんとかなるでしょう。
 エリザの方もなんとか、5月からの観劇仲間達との千秋楽が、実現しそうな感じです。

 そんなこんなで気がついたら秋分の日、これからは夜が長い季節になるわけですね。はあ。
 サイトの方は、名古屋遠征レポが中途半端なままで、失速感は否めませんが、ちゃんとソワレまで書くつもりです。その他未完の観劇記も…あ、それに、大体、ウィーン旅行記もまだ終わってないんでしたよね、ははは…;;;;

 「義務」になってしまうと途端にやる気を無くすタチなので、夏の疲れを癒しつつ、ぼちぼちやっていくつもりです。

2004年9月19日 (日)

DIVA2004

 一路真輝さんのコンサート「DIVA2004」のDVDが届きました。
 一路さんはもちろん、井上芳雄君やウヴェ・クリューガーさんを見て/聴いてみたくて、楽しみに待っていたものです。
 早速見てみたのですが、期待以上、とっても良い!です。お目当てのエリザナンバーはもちろんですが、それ以外にもたくさんのミュージカルナンバーを歌っていて、エリザでは見られない一路さんに出会えましたし、また、ウヴェさんの歌もとっても良かったです。井上クンも、私、初めて「あら、いいかも♪」と思いました。
 DIVA2004については、感想ページを作って「観劇記」の中にアップしようと思いますので、詳しくはそちらに書きますが…。
 ウヴェさんは、とても表現力豊かな方だなあと思いました。「最後のダンス」や「闇がひろがる」はもちろん素晴らしかったですけど(ウヴェさんと井上君の「闇がひろがる」は、すごい迫力で本当に良いです)、レミゼのジャベールのナンバー「Stars」が、あら、これこんなに良い曲だったのね、という感じで新鮮でした。
 ジャベールって、ちょっと理解しがたいキャラクターで、高嶋さんと内野さんで舞台を見た時も、ジャベールに感情移入することって無かったのですが、ウヴェさんのジャベールだったら、もしかしたらわかってしまうかも?と思いました。
 あとは、一路さんを中心とした3人の仲の良さというか、雰囲気の良さみたいなのが、見ていてとても温かい気持ちになるのがなんとも、幸せな1枚(2枚組だけど)です。

 
 
 

2004年9月 5日 (日)

雨の日曜日

 東京では昨日から、断続的に雨が降っていました。
 家事を一通り終え、ソファーにちょっと横になったとたん、
 なんとも心地よい眠気が…。
 猛暑の夏の疲れを自覚していたものの、
 何故かここ数日よく眠れなかったので、
 そのまま睡魔に身を任せてzzz…。
 そうして、ソファの上で猫のように丸まって過ごした午後でした。

 季節は確かに、秋になりつつあるのですね~。

2004年9月 2日 (木)

秋の過ごし方

 9月です。
 振り返れば、「ジーザス」「モンテクリスト伯」「中日エリザ」「ミス・サイゴン」と、また怒濤のように過ぎて行った夏でした。観劇初心者の、何でも見てみたい!という勢いもありましたし、秋から冬に向けては公私とも繁忙期になるので、「今のうちだー!」という気持ちがあったのも確かですが、それにしても「詰め込み過ぎは良くない」と反省しております。
 やはり、観劇後に落ち着いて感想をまとめられる位の間は開けないと、せっかく貴重な時間とお金を費やして見に行くのですから、かえってもったいないかも、と思います。まあこれで、自分の体力的、精神的、金銭的な限界が見えたような気がするので、以後気をつけます。…って、お酒を覚えたての学生みたいですね、何だか;;;; 
 私が劇場で異世界に行っていた間、現世を守ってくれていた家族にも感謝したいと思います。

 秋は、夏に見た舞台の感想をまとめるとかして、少し落ち着いて過ごすこととします。
 あと、年末に子どもと母を連れてウィーンに行くことが決まったので(なにー?)、その準備をします。
 真冬のヨーロッパに、母はともかく子どもを連れて行くなんて…「無謀」の2文字が目の前を次々とスクロールしていくのですが、諸々の事情でこれまた「今のうちだー!」だったりします。母娘三代ウィーン旅行、どうなることやらですが(弟には既に「間違いなく『珍道中』だよね」と言われている)、とりあえず冬支度を入念にします…。

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »