2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 台風は去ったけど | トップページ | 危うし!いもほり遠足! »

2004年10月18日 (月)

「ローマ人の物語」再び。

 9月、10月と、文庫版「ローマ人の物語」が刊行されまして、待ってましたとばかり、読み進んでいます。
 折しも、ユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザー)が活躍する時代で、とても面白いです。
 私は学校では、この古代ローマ史は全くと言っていい程勉強しなかったので、読む前の認識はこんな程度→「シーザーって?ローマ帝国の偉い人?」(帝国になるのは、正確には彼の後を継いだ人からです…って、その人の名前出てこないし!←読んでてもこんな程度;)しかしなるほど、ユリウス・カエサル、いろいろな意味でスケールの大きな人物ですね。世界史での知名度がトップクラスなのもわかります。

 しかし、古代ローマの軍隊ってすごい!戦闘行為のみならず、建築のプロでもあったのですから。陣営を築いたり塹壕を掘ったりするのはまあ、軍事行動の1つとしても、橋を架けたり、運河を作ったりしてしまうのはびっくりです。指揮官も、現場監督に早変わり。そうした専門部隊があったわけではないのですから、昔の人はマルチだったのだなあと思います。現代人には真似できませんね。

 11月も引き続き、新刊が出ます♪
 観劇に行かない分の楽しみができて、嬉しいなっと。

« 台風は去ったけど | トップページ | 危うし!いもほり遠足! »

観劇/鑑賞記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94330/6777484

この記事へのトラックバック一覧です: 「ローマ人の物語」再び。:

« 台風は去ったけど | トップページ | 危うし!いもほり遠足! »