2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« さんざんだ…_| ̄|○ | トップページ | One day more! »

2005年5月24日 (火)

捨てる神いれば拾う神あり…(合掌)

 聡子さま、佐藤さま、コメント欄で励ましのお言葉をいただき、ありがとうございます。
 夕べ、ダメもとで、聡子様も教えて下さった掲示板に出しておいたのですが、どうやら嫁ぎ先が決まりそうです。まさにタイトルの言葉を今、かみしめております…。
 単純に、座席がもったいないのですよね。もちろん、お金のことはあるんだけど、それより何より、客席に穴をあけるのが、申し訳ないのです。舞台を作る役者さんやスタッフの方にも、見たくてもチケットを取れなかった人に対しても。だから本当にホッとしました。
 しかし、昨日はさすがに取り乱しておりまして、改めて昨日の自分の文章を読み返すとなんだかハチャメチャですねえ…^^ゞ
 今回はまた、観劇スケジュールの立て方の難しさを痛感しました。
 見たい舞台はたくさんあるし、何ヶ月も前からチケット取りに走らなきゃならないし、それでも土壇場で予定は入ってくるし…。所詮は趣味の楽しみなんだから、もう少し気軽に、チケットが取れると一番いいんですけどね。本当なら、いろんな予定がある程度見えてから、チケットを押さえたい。せめてひと月前とかね。でもそれだと、人気の演目はもう、オークションとかに手を出さないとダメなのが現状ですよね…。ううむ。
 転売はダメとかいうけどさ、だったら転売チケットに手を出さなくてもいいようなシステムを、作ってほしいです!ねえ?

 ま、とにかく、28日はなんとかなりそうです。
 これで心おきなくSPを楽しむぞ!

ヅカエリザの本文がだいぶ下にいっちゃったので、ここでコメントのお返事をば。
>佐藤様、「三井住友ヴィザカ~アァァ~ドッ!」、想像するだけで笑えます。すごい聞いてみたい!歴代トートは皆、同じように叫んだんでしょうね~。
 エリザベートは特別な魅力のある作品だと思います。宝塚も東宝も、またキャストが変わるでしょうけど、ずっと見続けて行きたいです。

« さんざんだ…_| ̄|○ | トップページ | One day more! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

観劇/鑑賞記」カテゴリの記事

コメント

あぁ、すみません!

「三井住友ヴィザカァァ~ドッ!!!」はさすがにトート閣下ではありません~
開演前に、月組組長(なんか、こう書くとヤ○ザの組長さんみたいですが・・・)の夏河ゆらさんです
娘役さんなので、高音でとても迫力でしたよ~
月エリザでは、冒頭、シシィママを演じてらした方です

でも、歴代トート閣下の叫びはちょっと聞いてみたいなぁ(^^;;)

とりあえず、訂正だけしときます!済みませんでした~

そうそう、シンデレラのチケット、嫁ぎ先が決まってよかったですね~
席が空くのは寂しいし、あれですもんね

でも、本当に、人気公演はある意味仕方ないとはいえ、プレミア価格は厳しいですよね~
私も、もっと前からチェックしていれば、自力で普通に月エリザとれたかも、とか思ったりして・・・
(貸し切り公演で思い出して、自分の持っているカードの案内見ると、結構宝塚とか東宝とか先行発売あるんですよね~もちろん、抽選になるんですが・・・・・)

それでは、またお邪魔します~

うっかり八兵衛@佐藤

あきこ様、シンストチケの嫁ぎ先が決まって良かったですね(^^)
私もレミチケを公演前日にヤフオクに出品して捌いた経験が有るので、大丈夫だとは思っておりました。空席にするの心もとないですものね。

さて、ヅカエリザが終わったばかりで何ですが、そのヅカでまたツボを刺激される舞台が
始まろうとしております。
伝説(笑)宙組ルドルフを演った朝海さん主演の雪組公演『霧のミラノ』です。
「1850年代後半のイタリア。誇り高い貴族のオーストリアに対する抵抗と、関わり合った令嬢との恋、二人の前に立ち塞がるオーストリア将校との確執を軸に、当時の耽美的ながら混乱するミラノで、様々な人間模様を繰り広げていく19世紀的ロマン。」だそうで。
1850年代後半て、ルドルフ様がお生まれになった時期じゃないですか!
当時ハプスブルクの占領地にあったミラノが舞台なんですよ。
ちょっとちょっと~~って感じでしょう?
ちなみに東京公演は8月19日~10月2日です。
しかし、またまた忙しい観劇日和と重なってしまいますね;;
そして、アントワネット生誕250周年記念のベルばらへと突入していくわけです…。

>佐藤様
21日の貸切、観劇されたのですね!
私も観に行きました。
「キッチュ」の場面のルキーニの「三井住友VISAカードッ」って言いながらシャッターを押す演出も面白かったですね(^^)
いつもだと「鳩が出ますよっ」でシャッターを押しているところですよね。
で、千秋楽は「嘘をつくのも今日で終わりっ」だったと思います。
霧矢ルキーニ、本当に毎回セリフを変えて客席を楽しませてくれますね。けど、すべる事もあったとか。きりやんらしい(笑)。
千秋楽はとにかくいろんな場面で拍手がすごい。いつもではしないところで拍手が出ます。それも観客が一体となって。
演じている方もそれでかなりノッテくれているのが判るのです。なんか嬉しいですよね、こういう一体感って♪
千秋楽の瀬奈シシィは、特に歌が上手かったですよ。瀬奈さんの歌唱力の成長振りには頭が下がります。娘役で充分やっていけるのにもったいないなぁ(笑)。
あとは、「鏡の間」で初風フランツが感極まったようで涙を流しておりました。
そして今回は親戚一同の登場はありませんでした。
DVDですが観る限り、私も東京公演収録にして欲しかったなと思います。
東宝エリザも比べて観るとすごく楽しいですので、チケ取りはかなり大変ですが観劇出来るよう祈ります!

>佐藤さま
 あ、あら、閣下じゃなかったのですね、ヴィザカードの叫びは…^^;
 組長さんって、トップとはまた違うのですね。すみません、こちらこそ、宝塚初心者なもので;;;
 しかしすっかり、閣下が叫ぶ姿を想像してしまっていたので、脳内に間違った映像が……面白すぎて、消去出来ない(笑)。
 シンストのチケットもおかげ様で嫁いで行きました。ご心配下さってありがとうございました。

>メイ様
 ええ~っ、19世紀のハプスブルク領ですって!?
 それは激しく惹かれますね~~。ジャンナ~!(と意味なく呼んでみたりして)
 しかし日にちがキツいですね、8月モーツァルト/9月エリザベートと、しっかりバッティングしているのですね。ウィーンで手一杯で、イタリアまで行けるかどうか…(笑)。微妙ですが、またご相談致しましょう♪
 メイ様もチケットのご心配、ありがとうございました。前日にレミをお嫁にやったとのこと、それもまた大変でしたね。ま、結果的に「楽しむため」だから、いいんですけど(^^)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94330/5719197

この記事へのトラックバック一覧です: 捨てる神いれば拾う神あり…(合掌):

« さんざんだ…_| ̄|○ | トップページ | One day more! »