2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 週末だー。 | トップページ | ぼー……… »

2005年5月28日 (土)

シンデレラストーリー

 今日は気分一新、浦井王子の「シンデレラストーリー」を観に行って来ました。
 楽しかったですよ♪♪ずっと笑いっぱなしで。
 場所は「ル・テアトル銀座」、初めて行きましたが、PARCO劇場と似た感じで、客席は傾斜がしっかりついていて、見やすかったです。子どもには座高を補うクッションを貸してくれました。それも、何も言ってないのに会場係のお姉さんが持ってきてくれて、さすが、親子連れでも楽しめるミュージカル、と謳っているだけあります。

 幕が上がるともう、飽きさせません。池田成志さん演じる継母+2人のお姉さんの3人組と、橋本さとしさんの大臣ピエールが、もうおかしくておかしくて。今回、マチネで行くはずが急遽ソワレになったので、子どもが眠くなっちゃうんじゃないかと心配したのですが、上演中は全然オッケーでした(帰りの電車で一気に眠気が来てたけど)。それに、アップテンポなナンバーが多いし、随所で笑わせてくれるので、ちょっとくらい子どもが話しかけてきてもそんなに周りを気にしなくて済んだので、良かったです。実は客席も満席ではなく、私たちの前も後ろも空席があり、かなりのびのびと見ていた私たち(笑)。私の隣も空席で、その隣のオバサマが「よかったら、ここも空いてますから」って声かけてくれました。その席を使わなくても十分見えたのでよかったのですが、なんか子連れに優しくしてもらえる、というのが嬉しかったです。
 娘は、井上芳雄クンが出ているDVDを、私以上に気に入って何度も見ていましたので、随分楽しめたようです。宮廷の人達が旗を振りながら、「進め、進め、進め〜!」と歌う勇ましいナンバーがあるんですが、ノリノリで一緒になって旗降るマネをしていました。
 浦井クンの王子姿はルドルフ以来、「ああ〜、久しぶりだなあ」って感じ。雑誌のインタビューでは、シンデレラと王子だけは周りのコミカルな雰囲気に取り込まれないように、王子は「女の子の理想の王子様」であるように頑張る、みたいな話が出ていましたが、、、結構、負けてましたね(笑)。マジで笑いがこらえきれなくて、ピエール大臣に「王子、大丈夫ですか?」って言われてたのが何ともかわいかったです。あと最初、ヨロイの振りをして逃げる場面で、皆が見てる時に「ピタッ」と止まらなきゃいけない所で思いっきりヨロけちゃって、ピエールが「何も見ない!何も見えない!」ってフォローして客席から拍手貰ってました。
 あ、もちろん、本当にシリアスなところはちゃんと、シリアスにしてましたよ。ダンスシーンもさすが、長身が映えてかっこ良かったですし、母はそういうところで目の保養をしていましたが、子どもはねー、やっぱりシリアスシーンはちょっと退屈で、それよりは継母やピエールやネズミさんたち、そしてデーモン閣下の動きに心奪われておりました。ま、そりゃそうよね(笑)。

 あと、びっくりしたのが、入り口のところで公演のパンフレットを買ったら、「ハードカバー」なんですよ。手に取ると、子どもの絵本みたいな感じ。作りがしっかりしていて、写真やインタビューも結構載っているので、2000円というのは妥当なお値段かも。あと、パンフレットを買うと、もれなく「ペンライト」が貰えるんです。よく、縁日とかディズニーランドで売ってる、パキッと折ると数時間、蛍光色で光るヤツ。私も、パンフ1冊買ったら、ライトは娘の分も入れて2本貰えました。これ、2幕最後のフィナーレで、パキッと折って使います。リピーターらしきお客さんは、マイ・ペンライト持参していたようですが、楽しくていいですね、ああいう、皆で盛り上がろうという企画は。

 いやあ、よい気分転換になりました。再演があれば、是非また行きたいです♪

« 週末だー。 | トップページ | ぼー……… »

観劇/鑑賞記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94330/5754124

この記事へのトラックバック一覧です: シンデレラストーリー:

« 週末だー。 | トップページ | ぼー……… »