2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 花火 | トップページ | 8月だ!多忙だ!! »

2005年7月31日 (日)

石川禅さん@フック船長

 観て参りました、ピーターパン。ファミリー向けだから、2時間くらいで終わるだろうと思っていたら、3幕仕立てで休憩を2回挟み、たっぷり3時間やってました!でも子ども達(小1女子2名)はそれなりに集中して見ていましたね、良かった良かった。

 そしてこれ、禅さん目当てで行った人にとっては、すごくオイシい公演だったと思います!
 実は禅さん、フック船長の他にも、ダーリング氏(ウェンディ達の父親)もやっていて、まずはその役で登場するんです。これがまた…♪あーーー、禅マリウスがお父さんになったら、もしかしてこんな感じ?などと妄想膨らませてしまうパパぶりで。
 夫人とパーティーに出かける所なんですが、「ネクタイが言う事聞かないんだよ…」と情けない様子で登場、「ほらほら、大丈夫よ」と夫人にネクタイを直してもらうシーンはそのまま、10年後のコゼマリか?って雰囲気(私だけだと思うけどね、そんな風に見えたのは;)。
 ちょっと頼りなげだけど、家族を愛し、一家の大黒柱として頑張ってます、って感じのお父さん。禅さんのイメージにぴったり♪でしたよ。

 そして、フック船長!いやあ、かっこ良かったですよ?ちょっと見て下さいよ、このパンフの写真!

hook


 どうですか?ちょっと美しいかも、って思ってしまったですよ!
 舞台の上では、もうちょっとオジサンぽくなってましたが;;;
 それにピーターパンですから、悪役と言っても、コミカルな場面も多くて、ちょっと、いやかなり間の抜けた、愛すべきヒールでした…あの↑、無駄に美しいパンフ写真は一体!?(失礼)

 フック船長と海賊達のナンバーも、題名は笑えるの。
 「フックのタンゴ」「フックのタランテラ」「フックのワルツ」
 でもこれが結構、曲もダンスも、海賊達の群舞もカッコよくてですね、大人はこっちがいいわ、という感じでした。
 ドスのきいた悪役ぶりと、コミカルで情けない所との演じ方もメリハリがあって、歌も上手いし、どの場面でも、禅さんが出てくると引き締まってました。これは贔屓目ではなく、多分本当に、禅さんが一番上手かったと思うな。というか、フック船長という役には上手い人を配置しないと物語が盛り上がらない、ピーターやウェンディがより輝くための、重要な役なのね、と思いました。
 「何故子ども達はピーターパンごっこをする時、皆ピーターパンになりたがるんだ?何故俺じゃないのだあぁぁ!!」と、(内容はともかく)苦悩する場面は、エリザの「悪夢」を彷彿とさせる激しさでありました。ピーターパンと闘うときには、見事な剣さばきも見せてくれて、いやあ、ホントにおいしいよ、これ。

 そんなフック船長、闘いに破れ、爆弾と一緒に海に沈んでドッカーン!と散ってしまいます。その後、海賊達はいつの間にかピーター達と仲良くなっちゃって、いつの間にか皆で客席に出てきて子ども達に握手して回ってたりして。「あなた達、薄情者?(涙)」と思うのは私が禅さん目当てで来ているからで、海賊達も本当は気のイイ奴らなんです、悪ーいフック船長に、嫌々従っていただけなのですよ。…子どもには、そう説明しましょうね(^^;

 そして再びダーリング邸。子ども達がいなくなった部屋で、いきなり犬小屋から這い出してくるお父さん!!なーごーむーわーー♪
 ウェンディ達が、ピーターの所にいた孤児たち(5人)を連れて帰ってきます。親子の再会の喜びもつかの間、
ウェンディ「この子達を、うちの子にしてあげて!お願い!!」
お父さん「ち、ちょっと待ったあ!」
お母さん「…なんとか、なるわよ(^^)」
お父さん「……なんとか、なるか。あと5人くらい…!」
 すごい、すごいぞお父さん!やっぱり元・革命運動家としては孤児は捨てておけませんよね!?(違)
 でもこの場面、フック船長としては散っていった禅さんが、敵と憎んだ子ども達のお父さんになってあげる、という設定に何だかホッとしてしまいました。

 そんな訳で、和みの禅さん、コミカルな禅さん、カッコいい禅さん、苦悩する禅さん、と、いろんな禅さんを堪能できた公演でありました。
 そしてこの役、かつて岡さんもやったんだよね…と、更なる妄想を膨らます私であります;;;;

« 花火 | トップページ | 8月だ!多忙だ!! »

観劇/鑑賞記」カテゴリの記事

コメント

いかに禅さん「のみ」ご覧になっていたかが伝わってきます。ナイスです、あきこ様(笑)
それにしてもフック船長、お耽美ですね~。
禅さんも舞台映えする役者さんですよね。
皇帝陛下のちょっとカマっぽいメイクも大好きだったりします♪

あ、“「のみ」ご覧になっていた”はちょっとばかり語弊がありますね(笑)
“「のみ」注目していた”に訂正します。

実は私もすっかり「のみ」を楽しんでいらっしゃるのかと誤読しておりました(^^ゞ
それくらい、禅さんのあのお写真、美しかったです♪まるで別人(確かに、無駄に美しい/笑)
禅さんは、美しいというよりも、本当に人のよさそうなお顔なので「ネクタイが・・・」とやっている姿の方がイメージ湧きやすいです。
あぁ見たかった。。。

と、プログを読んで、まだやっているなら観に行きたいと性懲りもなく調べてしまいましたが、7月末までだったんですね(いつも遅い。何事も遅い;;)
それでも懲りずにピーターパンのHPを見にいってみたら・・・
キャスト紹介ページにあった禅さんのノーメイク写真をみて「プログラムとずいぶん違う。。なんだか疲れてない??それはエリザベートとの仲がうまくいかなくなった陛下のお顔では??」とPCを覗き込んでしまいました。
さぞかし9月のエリザは期待できますね(笑)

あきこさま、この8月も超ご多忙のご様子。
まるで走りっぱなしです。でもエリザのためにも倒れてはいけませんよ ^_^;

 ほっほっほv
 フック船長が登場するたびにオペラグラスをさっと構える私、確かにちょっと浮いてたかも。
 でも宙を舞うピーターパンにも、一応ビックリしてきましたよ。あれは怖いね。私には出来ないね(誰もやれとは言わないが;)。
宮地真緒ちゃんは、かなり歌声が掠れてて大変そうでしたけど、セリフや動きは元気でした。
 3幕は結構ウルウルしたりして、ストーリーにも一応はついていけてたと思います(それ、基本だから。)
 …そんなとこ。
 (やっぱり「のみ」だと思うよ、自分でも^^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94330/5857175

この記事へのトラックバック一覧です: 石川禅さん@フック船長:

« 花火 | トップページ | 8月だ!多忙だ!! »