2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 5.ふし浮き・その2 | トップページ | コワイくらい綺麗な夕焼け »

2005年9月 6日 (火)

エリザ待ちの日々

 エリザベート、私の出陣まではまだまだまだまだ…日があるので、あちこちのブログやサイトを巡りながら、人様の感想を、楽しみに読ませていただいています。
 トラックバック・ピープルというサイトに、特定の話題に関するブログの記事が集まって来るのですが、そこのみゅーじかるについて語ろう!では、いろいろな方の観劇レポを読むことができます。
 初日のレポも多いですね。一路さんがカーテンコールで「山口さんは帝劇の怪人」と発言されたそうで、思わず大ウケです♪(確かに…レミゼからずっと、帝劇の住人だもんね)
 浦井ルドルフも随分と成長しているみたいで、今回は観る機会が無いのが残念〜。
 残念といえば、ジャベールから久々の陛下に戻られる、綜馬さんも、今回は観られないのであった。そのかわり、フック船長@ピーターパンで、コミカルで華麗な悪役を演じてくれた禅さんのフランツに、また会えるんです♪
 私はエリザからミュージカルにハマったので、前回は観る前からもう、頭の中はエリザ一色でしたが、いくつかの舞台を経験した今は、それなりに落ち着いてますね。岡さんのCDを聴きながらこの記事を書いているという、余裕のありさま(笑)。
 それでも日ごとに確実にふつふつと湧いて来る、待ち遠しい気分を楽しんでおります♪

« 5.ふし浮き・その2 | トップページ | コワイくらい綺麗な夕焼け »

エリザベート」カテゴリの記事

観劇/鑑賞記」カテゴリの記事

コメント

あきこさま、そして日参していらっしゃる他の皆様こんばんは。台風にドキドキしながらエリザ・マチソワ行って参りました。いや〜、私もあきこさまと同様、エリザから始まったとはいえ昨年以来少々ながら別の舞台も観ているしと落ち着いていたのですが、これがこれが、舞台が始まった瞬間からどどど〜っと昨年の情熱がよみがえってきてしまいました。やっぱりエリザは特別な舞台なんでしょうかね。何はともあれ感慨深い観劇となりました。浦井君の成長ぶり、うーん今回はマチソワ両方とも超上手の席(笑)。浦井君の背中はよく見えました;;けれども相変わらずあの透明感のある歌声で聴かせてくれましたよ。それから、以前の悲壮感前面押し出しというよりは、少し落ち着き気味の演技だったように思います(それしか違いが分からないのか?←ファン失格;)
皇帝とのやりとりは以前よりも皇太子としての怒りのようなものをよく表現していました。マチネは石川陛下、ソワレはジャベール陛下(笑)でしたが、どちらもエリザベートにはこぼれる笑顔を見せるくせに、ルドフルにはなんてコワイ顔。。浦井君もしっかり怒っているので親子の衝突がよく伝わってきました。最初に「おはようございます、皇帝陛下」のところの場面は結構ハラハラしました。お、ブログで長くなってしまう…

図々しく連続しますが、お許しくださいませ(^^ゞ
そう、そんなわけで浦井君も昨年からいろいろな面で成長したのでしょうね。で、そんな彼の変化を見ていると「最近伸びざかり?」とM!で感じた井上君のルドルフがこれはさぞや期待できると頭をよぎったわけです(←だからファン失格だ!)井上君の舞台はもうあきらめ気味ですが、チャンスがあったら観たいとやっぱり思いました。
それから、当然ながら一路さん、内野・山口トートは健在。うん、ここはばっちり。でも、なんだかお二人は異界の感じをより出すためか(2幕のマックス公もエコーでした)ずいぶん声にエコーがかかっているんですよ。それがちょっと聞きにくい;;特に山口閣下なんてあの声量ですからエコーのせいでちょっと歌いにくそうな気がしました。残念だったな〜
ゾフィーの寿ひずるさんは、初風皇太后よりも声量で勝ってます。こわい皇太后!これが「シンスト」初演の優しい王妃様だったとはとても思えませんでした。皇太后の威厳といえば初風さんの方がさすがにあるかもしれませんが、それでも歌声は迫力ありましたよ。ご期待ください。
おまけですが、オケは指揮が違う方でしたね。メンバーも違うのかな。実は残念なことにトロンボーンが今日は何度かリズムと音を外しましてね… こんなの初めてでした(涙)
ま、これも生ものの楽しみです。
それからプログラム、今回はいらないかな〜なんて思っていたら、初演のメイキング、初演から今回までの稽古風景と読みごたえあって買い!1600円とちょっとお安くなってます。
長くなりましたm(__)m 皆様それぞれのエリザお楽しみくださいませ!

聡子様、マチソワ観劇、おめでとうございます!
 お疲れのところ、速攻でコメントいただき、ありがとうございます。
 それなのに私ってば昨夜、今更ながら「マイヤヒ〜♪」のフラッシュを見て大笑いしておりました;;;
 なんて事でしょう、何だかやたらと申し訳ないっす。
 でも雨も大丈夫だったみたいで、良かったですね(^^)

>舞台が始まった瞬間からどどど〜っと昨年の情熱がよみがえってきてしまいました。
 あー、なんかわかる気がします。きっと私もそうなるんではないかと。例え今は頭の中が「のまのまいぇい」だとしても(失笑)。
 浦井君は少し落ち着き気味のとの情報は、私もちらほらと聞いております。「オトメ泣き」が無くなった、とか。その分、演技に深みが増したのかなー、いろいろと経験したからね。
 あ、綜馬陛下について、もし覚えておいででしたら教えてほしいんですけど、1幕最後でエリザベートが壇上に姿をあらわした時、片手を胸に当てて頭を垂れてましたか?…細かくてすいません、この仕草、去年の帝劇でツボだったんです。大阪ではやっていなかったので、もうやめちゃったのかなー、と少し残念だったのです。
 (しかしこの仕草、ジャベールの「Stars」でひざまづく時と同じだなー♪)

 プログラムの情報もありがとうございます♪買いですね♪♪
 一路さんと両閣下もご健在とのこと、嬉しいですねー。山口閣下は今回はお会いできないのですけど、梅田での存在感とノリノリ感は、きっとそのままなのでしょう♪内野閣下は「ロック調がアップしてる」「前回よりもセクシー」などという声も聞こえてきていますが、楽しみだなあ。

 しかしいい加減、頭の中の「マイヤヒ〜♪」をどうにかせねば。
…とまらないのよ〜(T口T)
 帰ったら久々にのエリザCDでも聴いて、怪しげな音楽を消去するゾ。うん。

ご無沙汰です。聡子様はもう、浦井殿下をご覧になられたのですね。あぁ。羨ましいです。
私は今回は前楽・第楽なので・・・。井上殿下を存じ上げないので、終盤戦の祐様・うっち−両閣下に終結します。ありがたいことに、大楽はメイ様からチケットをお譲り頂けましたので、ご一緒させて頂くことになりました。浦井殿下は、11月の「マイ・フェア・レディ」をどうしようかと思案中です。フレディ役は、ソロの「君住む町」が良い曲なんですよね。昨年は岡 幸次郎さんでしたが、殿下のフレディも観てみたい。。。とてもフレッシュで(あ、こりゃあ、お見合いの時の皇帝陛下のお言葉だわ・・・)
爽やかな感じが良さそうです。

パリ大好き様、こんばんは♪
 前楽、大楽ですか〜、すごいですね!カーテンコールもきっと盛り上がる事でしょうね♪
 私も、楽日はなかなか取れないけれど、だんだん舞台が練れてくるような気がして、終盤戦を見るのは好きです。最初と真ん中と最後と見比べられれば一番いいですけど〜。

 そうそう、浦井君のフレディは確かに
♪フレッシュで… 何てロマンティック! かもしれませんね(笑)。

あきこさま、こんばんは。ステキな夕焼けの写真を楽しんでまいりました。
「マイヤヒ〜♪」もいいではないですか(笑)大丈夫、エリザが始まったらきっとまたあの情熱の嵐に引き込まれます。ふふふ。
という私も、これを書きながら聞いているのは2005年版M!ハイライトCD。これ、とってもいいですよ〜!曲数は少なめですが、キャストと選曲がぴったりです♪
ジャベール陛下ですが、記憶の限りでは頭をたれるようなことはなかったと思います。ただし、ソワレの時は2階席でして、、、最前列とはいえ閣下と美しい皇妃を見たくばオペグラ必須。その間ジャベール陛下はレンズの視界には入っておりません;;なのでちょっと自信ございません。申し訳ございません(>_<) ここはパリ大好きさまにぜひお確かめいただきたく、、(^^ゞ
>パリ大好きさま、お久しぶりです!
浦井殿下は少しオトナの演技を心がけてエリザに臨んでいるようです。
詳しくは今回のプログラムをご覧くださいませ。
帰ってからよく読んでみると、これが面白い!舞台稽古、メイキングの他、各出演者のコメントがいいのです。治田さんのHPにもありますが、井上君は初演時の懺悔、浦井君は梅田大楽前夜に内野閣下からもらった痛いコメントのこと。更には、さるお方なんてプロフィールに「地球に生まれる」・・・この人なに言ってるの〜(≧▽≦) ちなみにさるお方とは、閣下と呼ばれるお方の一方です。一路さんと小池さんの対談あり、初演時からの稽古写真あり、そしてなぜか安いと、私としては今までで一番お気に入りなエリザプログラムとなりました。

ホントに図々しく、連続ですが…(>_<)
内野閣下の「ロック感アップ」は、うん、そんな感じです。先に書いたエコーのせいもあるかもしれません。あのエコーは内野閣下にはよい効果ですね。それに何せ再来月スーパーライブを控えていますし(笑)ロック調はご自分でもかなり気に入っていらっしゃるのでしょうね。
セクシーは、、、前から3列目ではあったのですがやっぱり超上手席(笑)イマイチ正確にお伝えできません。花道横、両脇に席のないシングルシートという一番端っこでした(^^ゞ
そうそう、セクシーとちょっと違いますが、少年ルドルフに「♪ママには、聞こえない♪」と歌う時、王子を見ず上方虚空を見つめて、王子の訴えに対してなんとも空しく歌い上げてます。ある意味意地悪(笑)。こんな風に随所で内野閣下は演技光りまくりでした。あきこさま、スーパーシートでご堪能なさってくださませ♪

>聡子様、9月エリザの栄えある切込隊長、お疲れ様でした〜vそして詳細レポ有難うございます。10日ソワレ出陣がますます楽しみになりました♪
そして11日は浦井殿下楽を張り切って迎えましょうね!

>パリ大好き様、30日の大千秋楽では壊れましょう!壊れてくださいっ!!

>あきこ様、今回は都合がつかず、ご一緒出来なくて残念ですが、元カフェ・ウィーンであきこ様の出撃準備に加担させていただくことになり嬉しいです(^^)
一発勝負を応援致します!

あ、メイさま、こんばんは!ここはもう掲示板状態ですね。あきこさまどうもすみません;
切込隊長(業界用語キリコミ)とはなんとも名誉なこと。ありがとうございます。10日のソワレ、ぜひご堪能くださいませ。そして、1幕最後の場面でジャベール陛下がエリザベートをどのように迎えるかぜひお確かめになってくださいませ。
そして11日の浦井殿下フィナーレではオペグラ持ちながらも大盛り上がりです!!
その感動を今度はあきこさまにバトンタッチですね。一度限りと思うと感慨もひとしおかと思います。あきこさまの一発勝負の日は烏山から魂だけ応援しております(とかいって天保十二年行ってたりして/爆)
メイさまとパリ大好きさまは大楽もですね。
いや〜うらやましい限りです。ここのエリザファンの分も楽しんで、ぜひ壊れてきてください!
ご一緒はできなくてもそれぞれのエリザ、やっぱり梅田の熱さがよみがえりますね。懐かしいかぎりです♪♪

おお、さすがエリザ、盛況ですね。
掲示板状態、全然オッケーですよ♪

>聡子さま
>>その間ジャベール陛下はレンズの視界には入っておりません;;
 あ、そうでした(笑)。あの三重唱は、3人がそれぞれちょっと離れてますからね、誰かに注目すると誰かが見られないという…。目玉が3組くらい欲しいですな。
 パンフも楽しみですね〜、何かやっぱり、今回の9月帝劇は、ひとつの区切りなんでしょうか。
 それにしてもうっちー閣下、楽しみだわ。
 最近チケ取り運が良くて、なんと1階F列サブセンターで謁見できる予定ですo(^O^)o

>メイ様
 帝劇出陣をメイ様達にお見送りいただけるなんて、嬉しい限りです。ひとり観劇の時はいつも寂しくも慌しく過ごしているのですが、今度は賑やかに優雅な(?)ブランチとなりそうですね。
 成長した浦井殿下、しかと見届けてきてください〜♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94330/6069677

この記事へのトラックバック一覧です: エリザ待ちの日々:

« 5.ふし浮き・その2 | トップページ | コワイくらい綺麗な夕焼け »