2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 久々の「Stars」 | トップページ | 地震 »

2005年10月17日 (月)

眠らない音:あの場面をもう一度

-----10/18追記------------------
gh 様のShow must go on! 「眠らない音(1)」
TBさせていただきました。
「眠らない音」に関する記事の中で、
一番共感させていただきました。
私などより数段、洗練された文章で、羨ましいです♪
--------------------------------

今日はちょっと真面目な感想。ピンポイントでベタ褒め。
ついでに前回よりもネタバレです。
母に「眠らない音」の感想を求められ、
一番良かった「道化(喜劇役者)」のシーンを説明していたら、
何だかものすごく、また見たくなってしまいました。

「修行僧の道ならぬ恋!」などという
ヨコシマな気分(苦笑)が落ち着いてみれば、
思い出されるのは道化のシーン。
流れる音楽の中、悲しみを背負った道化が歩いて行く。
密かに愛した人の突然の死に、
せむしの道化役の姿月さんは、文字通り、
道化の内面を表す森山さんを背負って、とぼとぼと歩くのです。
そして、誰よりも深い悲しみを抱きながら、
道化は舞台に立ち、いつも以上に皆を笑わせるのですが、
その舞台上の道化の滑稽な姿と、
内面の引き裂かれるような悲しみを、
森山さんの身体がなんと見事に表現していたことか…!
印象に残るセリフや歌があったわけではないのに、
バックに流れていた音楽の雰囲気(旋律は覚えてない;)と、
舞台のヴィジュアルを思い出すだけで、
何だか泣きそうな気分になります。

この舞台、全体的に見れば、まだ未完成だったり、
わかり難い部分も少なからずあったのは確かですが、
あのシーンは、本当にすごかったと思う。
もしもDVDが単独で出てくれたら、
(今の所、姿月さんのDVDボックスの中の1枚でしかないらしい・涙)
道化のシーン見たさに、買ってしまうかもしれない。
…ついでに修行僧も、というのはもちろんですが(^_^)ゞ

« 久々の「Stars」 | トップページ | 地震 »

観劇/鑑賞記」カテゴリの記事

コメント

TBとコメント、そしてご紹介とありがとうございました。
こちらからもTBさせていただきますm(_ _)m
一部雑記帳と化しているマイ・ブログですがこれからもよろしくお願いします。

修行僧。。。すべて目で語ってましたね。
(なぜにもああいう格好がお似合いなのか♪)
あの月を愛す詩人、人々を愛し想いを受け取り続けている月の交歓への導入になる心に残るエピソードのひとつでしたね。

TBとコメント、ありがとうございました♪
ウチもかなり、気まぐれなブログですが、こちらこそ、よろしくお願い致します。

 詩人さんとお月様の関係が、微妙に変化して行くあたり、回数を重ねると、よりわかってくるのかもしれませんね。
 演出も現在進行形で変わっているようですし、大阪の千秋楽では、どのくらい成長しているのか、楽しみな気がします(見られないけど)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94330/6443185

この記事へのトラックバック一覧です: 眠らない音:あの場面をもう一度:

» 眠らない音(1) [Show Must Go On!]
2005年10月9日に初日を迎えた新作「眠らない音」。まったく新しい作品作りが [続きを読む]

« 久々の「Stars」 | トップページ | 地震 »