2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« ・・・(固まってます)・・・ | トップページ | 覚悟を決めて。 »

2006年1月 7日 (土)

かっこいい男達。

 ビデオに撮っておいた、NHK正月時代劇「新撰組!!土方歳三最期の一日」を見ました。
 いや〜、良かった!男達がかっこよくて。(見た目だけじゃなく、ね・笑)
 やっぱり「新撰組!」っていいドラマだったなあ。実は、本編の方は、最後の方をあまり見なくなってしまい、ちょっと尻切れトンボだったのですけど、この続編を見たら、もう一度、総集編を見直したくなりました。(本当は本編を全部、と言いたい所だけど、そんな時間ないし;)

 ストーリーは正に、土方歳三の最期の1日。新政府軍の総攻撃を翌日に控えた五稜郭、函館政府総裁の榎本武揚(片岡愛之助)のところへ、土方歳三(山本耕史)が訪ねて来る。榎本が既に降伏を決めたと聞いて、力ずくでも翻意を促すために。土方も本気なら、榎本も本気。本気な男達が夜を徹して言葉を重ねるうちに、価値観の違う2人が、思わぬ希望の光を見ることになる。やがて朝が来て、希望に満ちた一日、しかし土方の最期となる一日が始まる…。
 山本耕史はもちろんかっこ良かったですが(何かだんだん、実物の写真の土方に見えて来てビックリ)、片岡さん@榎本総裁がまた、良かったです。蝦夷の広大な土地に新しい国を作るという、途方も無い夢を聞かされて、実は死に場所を求めていた土方は、初めて「生きるための戦い」をしようと思うのです。
 土方とことごとくソリの合わない、陸軍奉行の大鳥圭介(吹越満)も、総攻撃の朝には土方と心を通わせる。この3人が、もっと早くに同じ希望を見ていたら、もしかしたら戦に勝てたのでは…とも思えてしまいました。何かを成し遂げるには、「ビジョン」って大切ですね。
 土方の回想シーンに出て来た山南さん(堺雅人)や、斉藤一(オダギリジョー)もかっこ良かったです。思わず心の中で「きゃあ〜♪」と黄色い声を飛ばしてしまいました。土方と斉藤のシーンは実に眼福♪ セリフ回しも妙に良くてね、「託した。」 「承知。」という短い言葉の中に、熱いものが感じられました。

 ラストシーンでじーんとしていると、ダンナが帰宅。「いいドラマだったよ〜、見るなら付き合うよ〜」と、そのまま2回目に突入。眠かったけどやっぱり全部見てしまいました。おかげで、昨夜の夢は、見事に新撰組!!でしたよ(苦笑)。総集編のDVD、買っちゃおうかなー?と本気で考えてしまうのでした。もしこの続編のDVDが出たら、間違いなく買ってしまいそうです。

« ・・・(固まってます)・・・ | トップページ | 覚悟を決めて。 »

観劇/鑑賞記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94330/8042685

この記事へのトラックバック一覧です: かっこいい男達。:

« ・・・(固まってます)・・・ | トップページ | 覚悟を決めて。 »