2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« お兄ちゃん…! | トップページ | 雷雨の中、到着。 »

2006年8月11日 (金)

ハムレット三昧?

DVDで立て続けに見ました。

萬斎ハムレット」(お友達に借りた)
ハゲレット」(TSUTAYAで借りた)

感想を追記しました。(06/08/11)

 …なんとも対照的な、2つの「ハムレット」を見てしまいました。
 ハムレットは、以前にテレビで、藤原竜也主演の蜷川さんのを見たことがあるだけなので、私の感想は、その3つの中での比較になるのだけれど。
 藤原くんのハムレットを見たときは、ただその迫力に圧倒されたという記憶があります。あれは確か、レアティーズの井上芳雄くんが目当てだったのですが、それよりも何よりも、藤原ハムレットの、血がほとばしり出るような苦悩っぷりが凄かった。この頃は井上君、まだまだだったわね、フフン♪って感じ?(笑)
 萬斎ハムレットは、藤原くんと比べると…年齢的なこともあると思うけど、ちょっと粘着質?な感じがしました。こちらの苦悩は、「血がにじみ出る」感じ。じくじく、じくじくと…。
 この2つのハムレットは、舞台装置も対照的。蜷川さんの方は、客席の中央に、シンプルな舞台があるだけ、衣装も総じてシンプルでした。萬斎ハムレットの方は、演出をはじめ、舞台装置、衣装などをイギリス人のスタッフが手がけているのですが、上品な豪華さ、というのでしょうか、華やかなんですがゴテゴテしてなくて、ちょっと東洋っぽいテイストも入っていてオシャレ~な感じ。王様、王妃、重臣達が揃う場面は、モダンな雛人形を見ているようなイメージでした。

 そして「ハゲレット」…(笑)…お、面白かったです。
 ハムレットがハゲてるだけで、内容は至極まっとうなシェイクスピアなんですけど、それだけでこんなに作品のテイストが変わるとは、面白いですねー。
 ハムレットがハゲているのは、あまりに悩みが深いから。敬愛する父王が亡くなり、まだ日も浅いというのに母親が、こともあろうに父の弟である叔父と結婚した…。女って何?人間って欲深い…と。若者の悩みですな。
 またこの王妃とクローディアス王が、すごいラブラブバカップルで(笑)。許婚で結婚した前王との間には、それほどの愛はなく、密かに王妃に恋焦がれていたという叔父の思いに王妃は打たれ、愛される喜びに、女の幸せをいっぱい感じている、とそういう設定。
 その2人を指して「どう思う?あれ。」と客席に問いかけながら登場した若ハゲハムレット(近藤芳正)は、なんだか「悩める小堺一機」風?「そりゃ、わかるよ?兄嫁っていうのは魅力的なものだもん。でもさぁ…」とひとしきりグチグチ、グチグチ、しゃべるんですが、それが何故か笑いを誘う…。
 元々のシェイクスピアの台詞もちゃんと残っていますが、現代語にかみくだかれた台詞回しはやはり私にはわかりやすく、主人公ハムレットに、自然に感情移入できたのがやっぱり良かったと思います。
 物語の後半、王に追放されるように外国へ送り出されたハムレットが、一計案じて密かに国に戻り、出迎えた忠臣のホレーシオと墓地にいる場面。墓掘りの男と軽口など叩いているところへ、オフェーリアの葬儀の列がやってくる。愛するオフェーリアの死を、そこではじめて知ったハムレットは逆上して、妹の死を嘆くレアティーズに掴みかかっていくのですが、ここ、藤原くんの時も、萬斎さんの時も、ハムレットがかなり「狂気」にかられているように見えたんですね。いくら愛する人が死んだからといって、そこまで逆上するとは…と、これもシェイクスピア故の大仰さ、なのかなあと勝手に思っていました。
 でもこの近藤ハムレットは、逆上する彼を止めようとするホレーシオに食ってかかります。
 「何でそれを早く言わないんだよ!くだらないダジャレなんか言ってないでさぁ!もぉお、どこに怒りをぶつけていいかわかんないよ!!!」
 …そうか、ホレーシオが悪いんだ(違)。
 怒りの持って行き場がなかったんだ。
 自分の感情の混乱をちゃんと説明しているあたり、冷静じゃないですか、ハゲレっ…もとい、ハムレット殿下。(いえいえ、決して影で「ハゲレット殿下」なんて呼んでませんってば・笑)

 そんな訳で、随分楽しめた「ハゲレット」でしたが、この面白さは、多分「メタルマクベス」と根っこは同じ。でもそれも、正統派の「ハムレット」「マクベス」を知っているからこそわかるのですよね。(マクベスは本を読んだだけで、まだ見たことはないけど)
 うーん、シェイクスピアって、面白い♪

« お兄ちゃん…! | トップページ | 雷雨の中、到着。 »

観劇/鑑賞記」カテゴリの記事

コメント

あきこさん、こんばんは。
『ハゲレット』観たかったんです。
>この面白さは、多分「メタルマクベス」と根っこは同じ
すごくよくわかった気がします。
劇中“「BOOK OFF」で買ってきなさいよ!”と言われた松岡和子版「マクベス」を読みましたが、本当にあの舞台は、“原作に忠実”と感動しました。
う~んっ、シェイクスピアって・・・深いわぁ。

秋生さん、こんばんはー!
お返事遅くなりました;
面白かったですよー、「ハゲレット」。
是非お近くのTSUTAYAで探してみてください。
私は…買っちゃってもいいかな?位、気に入ってしまいました(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94330/11335625

この記事へのトラックバック一覧です: ハムレット三昧?:

« お兄ちゃん…! | トップページ | 雷雨の中、到着。 »