2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« クドカン、やっぱりビミョー。 | トップページ | 風林火山、始動! »

2006年8月26日 (土)

サイエンスな話題2つ

ここ数日報道されている、サイエンスな話題を2つほど。

●太陽系の惑星の定義確定。
(リンク:国立天文台アストロ・トピックス
 プラハで開催されていた国際天文学連合(IAU)総会で、二転三転していた惑星の定義ですが、結局、今までの「惑星」から冥王星を除いた、「水・金・地・火・木・土・天・海」の8つを惑星にする、ということに落ち着いたようです。
 惑星の定義は、簡単に言うと
1.太陽の周りを回っていて
2.自分の重力でほぼ球形をしており
3.自分の軌道の近くに、他の天体が無い(但し衛星は除く)

 …とのこと。冥王星は、3の定義を満たさず、惑星から外れる事になりました。元々、その小ささや軌道の性質、他にも似たような「惑星ではない天体」がある事から、「冥王星は惑星か?」という議論があったようなので、落ち着くべき所に落ち着いた、と言うべきなのでしょう。
 ちなみに、木星がスイカだとすると、地球はブルーベリー、冥王星は米粒位なんだそうです。小さいとは聞いていたけど、そんなに違うなんて、知らなかったなあ。
 長年「惑星」として慣れ親しんで来た事や、ミッキーマウスのペットのプルートが、冥王星にちなんでつけられた名前だったりして、惜しむ声も大きいようですが、学問上の、分類のお話ですからね。冥王星もプルートも、消えてなくなる訳ではないんですよね。
(ここで「いや、言葉によって世界は変わるんだ」とか言い出すと、神林長平的SFの世界に入って行って…それはまた、想像すると刺激的なんですが。「冥王星が太陽系惑星から『消える』!」って皆が思う事で、本当に冥王星が宇宙から無くなってしまう、みたいな…あー、神林氏の新作が読みたいわ)

 それにしても、「すいきんちかもくどってんかい!」という響きは…どことなく、関西弁ちっく(笑)。

●ポアンカレ予想、解決。
(リンク:ペレルマン氏、フィールズ賞初辞退
 ポアンカレ予想って、何のこっちゃ?ですが、数学の世界の難問の一つで、これが解けたら賞金100万ドルなんですって!
 で、ポアンカレ予想って何、ってことなんですが、わかりません(きっぱり)。興味をそそられてググってみましたが、さっぱりわかりません。
「空間の形を分類するある条件を示した。身近なものだと、このように分けられる。
 ピンポン球・おむすび/ドーナツ/浮き輪」
 …って何!?どこが予想なの?何が解決なのー??
 と思っていたら今日の夕刊の小さい記事で、ほんのちょっとだけ理解したような…しないような。
「平面では、そこに書かれた丸も四角も、(1本の線で囲まれているという意味で)本質的には同じ図形だと言える。それを3次元に応用すると、ボールもおむすびも本質的には同じ立体だと言える。また、ドーナツと、取手付きのカップも、(穴が開いているということで)同じ種類の立体に分類される。ポアンカレ予想とは、簡単に言うと、3次元に存在する様々な形の空間の中で、球体が最も単純な空間である、という予想である」つまりはそれを証明しろ、と。
 ……??そんなことでいいの?でも一般人にはその位、噛み砕いてもらわないとチンプンカンプンだわ。いや、それでもチンプンカンプンだけどさ(ああ、支離滅裂;)。
 しかもこのポアンカレ予想、4次元以上の場合においては既に証明済みで、3次元の場合だけが、未解決のまま残っていたんですって。4次元の方が先にわかるなんて…数学者達の頭って、どーなってるのかしら?それとも私たちが暮らす現世こそが、最も複雑でわかりにくい、という哲学的な真理が、そこにはあるんでしょうか??

 そしてこの難問を解いたのは、ロシアのペレルマンという変わり者の数学者なのだそうですが、この度、数学界で最高の栄誉とされる「フィールズ賞」を……辞退なさったそうです。曰く「自分の証明が正しければ、賞は不要」「授賞式のマドリードへ行く費用も無い」……いやはや、この位、スケールのぶっとんだ人でないと、解けない難問だったのかも知れませんね。

 遥か宇宙の彼方や、純粋な理論の世界に、人間の探究心は限りが無いですね。
 「神は人間に、『永遠』を思う心を与えた」…何か/誰かの言葉だったと思うのですが、正に!って感じです。

« クドカン、やっぱりビミョー。 | トップページ | 風林火山、始動! »

時には理系な話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94330/11607642

この記事へのトラックバック一覧です: サイエンスな話題2つ:

« クドカン、やっぱりビミョー。 | トップページ | 風林火山、始動! »