2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« M.A.行ってきました! | トップページ | M.A.感想 その2 »

2006年11月12日 (日)

M.A.感想 その1

書きやすいので、やっぱりキャスト別にいきます。

マリー・アントワネット(涼風真世)
 アントワネットって、漫画(ベルばら)や歴史小説等では良く知っている存在。で、今回初めて舞台で見たアントワネットは…今回前半だけ見てると…すーごい悪い奴!?あーんなに同情できないアントワネットって、初めてでした。
 無知で無邪気で、それ故に愚かな少女だけど、それでも周りの人を虜にしてしまう魅力の持ち主でもあったはず。
 確かに、国家の事を考えずに浪費を続けたけど、そこには決して埋まる事の無い、心の穴…みたいなものも、理由の1つとしてあったはず。
 その辺が、ほとんど描かれてなくて。
 だから、フェルゼンと一緒に現れても、単なる浮気女にしか見えないんですよ。
 貧民の苦しさを訴えるマルグリットに、シャンパンぶっかけたり。そこまで悪い人ー?いや、実際にそんな事があったら、当時の貴族は誰でもそうしたかもしれないけど。
 マルグリットとの対比のためでしょうか、すごーく、嫌な奴でした、1幕は。
 それでも2幕で、絶頂から転落し、革命で家族を次々に失っていく様子が、可哀想に思えたのは不思議。
 単に私がもらい泣きしやすいのもあるけど(やっぱ、子どもと引き裂かれるってのは、母親として辛いっス;)、2幕では、革命派の民衆がエスカレートして、行き過ぎた暴力や恐怖政治、といった形で描かれていたので、そことの対比だったのでしょう。
 最後まで王妃としてのプライドを持って、どんな侮辱にも耐えた、というあたりは良く出ていたかな。
 しかし総じて…タイトルロールとしては、ちょっと弱くないかなー?というのが正直な所。
 彼女の人生が、物語の縦糸である事は間違いないんだけど。
 1回見ただけでは、見えてこない部分もあるとは思うので、やはりもう1回は…見てみたいなと、思うのです。

マルグリット・アルノー(新妻聖子)
 原作にこだわるつもりは無いのですが…あら、こんなキャラになっちゃったの?って感じ。
 彼女は最後まで、「王妃が憎い!」で通した方が、良かったんじゃないかなー。「暴力で、自分の主義主張を通してもいいのか」というのが、大きなテーマになっているようですが、そういう気持ちって、民衆をあそこまで残酷に描いていたら、何もマルグリッドに悩ませなくても、自然にそういう気持ちになったと思う。
 原作では…ちょっと原作ネタバレになるけど…下賎な生まれ・育ちで愛を知らない娘が、王妃を憎み続けて生きて、でも最後の最後、王妃の処刑を見る事で、何かから解放されるのです。…あれを、舞台で表現するのは確かに至難の業だと思うけど。舞台のマルグリッドは、何だか後悔?混乱?したまま幕が下りてしまう。
 まあ…解放されちゃ、ダメなのかもしれないけど。そしたら、暴力革命容認、というふうにも取られかねないからね。ああ、そうか、原作ではもっと、アニエス修道女とか、他の人のことももっと深く書かれているから、最後の彼女の解放が、イコール暴力の容認にはなっていないんだよね。3時間の舞台では、そこまでは無理かもしれません。そうなると、彼女のキャラ変更も、致し方ないのかな。

 わ、もしかして辛口?
 いや、そんなにダメダメじゃなかったですよ?もう1回見たいと思うし。
 ちょっと、洗濯物干してくるので、続きはまた後ほど、次の記事で。

« M.A.行ってきました! | トップページ | M.A.感想 その2 »

観劇/鑑賞記」カテゴリの記事

コメント

やっと観ました~。
早速の足跡ありがとうございます。
辛口は愛の鞭ですよね。
なるほど、舞台上でもアニエス役の比重(配役、役者さんの力量含め)というのが大きかったのは原作によるものが直接反映されているのですか。 もっと詳細な登場場面が欲しかった役のひとつでした(もっと土居さんも観たかったし)。
ラストの扱いはカーテンコールも含め非常に不満ですが、全体的には高度な仕上がりの舞台でした。
聖子ちゃん、賞もらっちゃいましたね。
う~む(今回は玲奈版を個人的好みで選んだので)。
リターン待ち遠しいですね♪

こんにちはー。
アニエスについては、いろいろな意味で残念だと思ってます。
土居さんをもっと観たかった、というのも同感です。
アニエス役の比重が大きい割には、キャラクターが…今ひとつ薄いというか。
それは、どの役にも言える事かもしれませんが。
私は、2回見たのがたまたま、どちらも聖子ちゃんの方でした。
来年は玲奈版も観てみたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94330/12654254

この記事へのトラックバック一覧です: M.A.感想 その1:

» 『M.A.』 @12月帝国劇場 [《 Show Must Go On! 》 ]
東宝新作ミュージカル『M.A.』をやっと観た。『エリザベート』、『モーツァルト! [続きを読む]

« M.A.行ってきました! | トップページ | M.A.感想 その2 »