2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月の14件の記事

2007年1月29日 (月)

風林火山 第4回

 来た来た来たーっっ!
 待ってましたよ、こんな感動をっ!
 今回は、山本勘助(内野さん)と武田晴信(後の信玄・市川亀治郎さん)が初めて会ったのですが、いやいや、良いシーンでした。晴信、カッコいい!
 武田信虎(晴信の父)にミツを惨殺され、心の中に恨みの炎を燃やす勘助やミツの兄達に対して、その恨みを受け止め、詫び、恨みを鎮めるように諭す晴信の言葉に、ちょっと感動してしまいました。
 

続きを読む "風林火山 第4回" »

2007年1月28日 (日)

ザワークラウトは酢漬けじゃなかった

 前の記事で、ザワークラウトのことを「キャベツの酢漬け」と書いてしまったんですが、念のためにと調べてみたら、あれは酢漬けじゃないということがわかりました。
 あの酸味は、乳酸発酵によるものだそうです。へー、知らなかった。
 千切りキャベツを、塩と香辛料と一緒に漬け込んで、2週間位で自然に発酵して出来るんだって。酢は使ってないですね(^^)ゞ
 というわけで、前の記事も訂正しておきます。
 

有楽町のドイツ居酒屋

ご紹介するのをすっかり忘れていました(^^)ゞ
最近は、観劇後の早めの夕飯をかねて、このお店で盛り上がってます。
ドイツ居酒屋 JSレネップ

私も最初は、お友達様に教えていただきました。
ビールの種類がたくさんあります。
ソーセージやポテトの料理がおいしい♪
まだ試した事が無いけど、煮込み料理やアイスバインも良さそうです。
あと、「プレッツェル」という塩味のパンが、とっても美味しいの〜!ビールにも合います。
私はザワークラウト(キャベツの酸っぱい漬物)がとても好きなのですが、ここには温製のあたたかいのもあるのが良いです♪あ、ソーセージを頼むと、マスタードが小瓶でたっぷり添えられてくるのも嬉しい。

そして、女性には帰りに、お土産でチョコやウエハース(ドイツやオーストリア製のものです)がもらえるのです♪
更に、プレッツェルをはじめとする美味しいドイツパンを、買って帰る事が出来ます。
帰る時はいつも、会計済ませてから一人ずつパンを買うので、レジの前を占領してます(混んでるのにスイマセン;)。

いつも混んでいるので、予約をした方が無難です。時間も2時間までと決まっているのが玉にキズですが、仕方が無いですね;
まだまだ試していないメニューがたくさんあるので、2時間ずつ、これからも通いまーす(^^)

2007年1月27日 (土)

お腹受難の日。

 昨日、病院で出してもらった鉄剤を飲んだら…胃は痛いわ、お腹は下るわ、ついでに生理痛も来るわで死にそうでした。_| ̄|○←ホントにこんな格好してた;
 普段、食べすぎで胃が苦しくなる事はあっても、胃が痛くなるという事がほとんどないので、「どーして腹筋が痛いんだろう?」と、それが胃痛である事に半日気づきませんでした。鉄剤のせいだと思い至ったのも、夜になってお腹が下りだしてから(遅)。
 生理痛だからってバファリン飲んだりしてたおかげで、胃痛だけまだ治ってません;だから今朝は雑炊♪

 はー、とりあえず鉄剤は他のに変えてもらおう…。

2007年1月26日 (金)

婦人科に行ってきた その3

 年末から始まったこのシリーズ、なかなか終われません;
  婦人科に行ってきた
  婦人科に行ってきた その2

 暮れに血液検査と子宮体ガン検査を、年明けにMRI検査をして、今日はそれらの結果をまとめて聞くことになっていました。
 実は今日までの間に、婦人科に行くことにしたきっかけの症状(不正出血、ってやつ;)が、治まっていたので、「きっとホルモンのバランスが崩れた、とかかもね」と勝手に気楽な方へ想像していました。

 さて、結果はというと…
 

続きを読む "婦人科に行ってきた その3" »

2007年1月21日 (日)

タイタニック その1

 寒さに震えつつ、行って参りました。ちょっと雨は降ったけど、傘はいらない程度だったので良かったです。
 さて、タイタニック感想ですが、まずはピンポイント的に役者さんの印象から。
 ネタバレありますが、基本的にあの結末は誰もが知る所ですし、特に予想外のエピソードも無かったので、ネタバレしてもそれほど…関係ないかもしれません。でも一応、まっさらな状態で見たい方は、この先ご注意下さいm(__)m
 

続きを読む "タイタニック その1" »

2007年1月19日 (金)

乗船前夜

 明日は今年の初観劇、「タイタニック」に行って参ります。
 何か、ものすごい寒そうなんですけど、明日…(最高気温7度って、暖冬の東京ではかなり寒いです)。
 去年、同じメンバーで初観劇「ベガーズオペラ」に行った時は、寒いを通り越して、東京では珍しい大雪だったのです。3人寄ると寒気を呼んじゃうのかしら?
 しかも冷たい海に沈没する船の話だし…うー、ぶるぶる。
 ま、雨や雪にはならないようですし、観劇後はすっかりお気に入りになってしまったドイツ居酒屋で、熱く盛り上がる事と思います。楽しみだ!

2007年1月17日 (水)

風林火山 第2回

遅くなってしまいましたが、第2回。
今回ピピッときたポイントは2つ。
 勘助が持ち帰った武田のみしるし(敵の首;)を、やむなく実子が討ち取ったものとして献上した事をすまなく思う養父に、「ただ1度の親孝行ができたとなれば…」と、むしろ穏やかな表情で告げる勘助。
 とても内野さんらしい、内なる感情が滲み出るような演技に出会えて、これだけでもうファンとしては幸せ♪
 もう一つは、ちらっとだけ映った、成人した武田晴信(信玄)。子役もなかなか良かったですが、やはり亀治郎さんは存在感がありますね。勘助と身分は違うけど、親の愛に恵まれないという共通項を持つ二人がどのようにして出会うのか、楽しみです。

2007年1月13日 (土)

ピタゴラスイッチ♪(1/17追記あり)

 今日の北西太平洋の地震、びっくりしました。
 またしても「海で良かった…」。
 津波警報や注意報が、少しずつ解除されているようですが、今の所、大きな被害も無いようで良かったです。暮れから新年にかけて、地震活動がちょっと賑やかでしたが、今日の地震の影響がまだあるかもしれませんので、引き続き注意したいです。

 …で、タイトルですが、娘と駅ナカのDVD屋さんの前を通りかかって見つけ、即買いしちゃいました。


 次々と繰り出されるピタゴラ装置の映像に、「おお〜」「すごーい!」と親子で拍手喝采でした♪
 その見事な因果の繋がりは、緻密に計算され、試行錯誤の上での動きだということはわかっていますが、何度見ても飽きなくて、不思議でワクワクした気分になってしまいます。

追記:
 DVDブックの「本」の方には、それぞれの装置のポイントなどが解説されており、更に楽しめます。また、本を読んで初めて知ったのですが、ピタゴラ装置の考案、製作は慶応大学のとある研究室が行っているそうです。あらかじめ研究室で試作し、テストしてスタジオ入りしても、完成までには何度も撮り直し(つまりは最後までうまく作動しなくて)、時にはテイク100(!)を超えることもあるんだそうです。撮影用に使うライトの熱が、軌道に微妙に影響しちゃったりすることもあるようで。
 上手く動くように設計されたものでも、成功するには「幸運」みたいなものが必要になるんですね。更に感動が深まるわ。
 そして…ピタゴラ装置に携わっている学生!羨ましいぞー、がんばれよー!!

2007年1月10日 (水)

ゲキ×シネ メタルマクベス!

わ、知らなかったー、メタマクがゲキ×シネ上映決定だって。
http://www.geki-cine.jp/news/06122803.html
でも1週間っきりなのね。行きたいけど、行けるかなー。
できれば誰かと一緒にゲラゲラ笑いながら見たいなあ。
ううむ、自分の予定さえままならないというのに…
ま、行けたらね、行けたら。

2007年1月 8日 (月)

懐かしの街歩き

 今日は久しぶりに、お茶の水〜神保町エリアへ出かけました。
 というのも、年が明けて気づいたのですが、我が家には今年のカレンダーが1つも無い!あいや、内野さんのカレンダー(FC限定販売)はあるけど、あれはどっちかというと写真集に近くて、大事にしまってあるのです。
 そこで、去年ウィーンの街並の輸入カレンダーを見つけた、お茶の水の丸善に行ってみる事にしました。

続きを読む "懐かしの街歩き" »

2007年1月 7日 (日)

風林火山 第1回

 …ふぅ、やっぱり、演技している内野さんは安心して見られます(笑)。
 内野さん演じる勘助は、隻眼で片足をひきずるという身体的ハンデを持つ故に、諸国を巡る旅の中で兵法を極め、戦法や策略に通じる、「アタマで勝負」するタイプ。武田・今川・北条の戦に巻き込まれながら、北条の戦法を見破ったり、敵を欺いて村娘のミツを助けに行ったりと、いろいろ活躍していました。
 でもまだ、話としては、導入の導入、って感じで、まだまだこれから、というところでしょうか。私的には可もなく、不可もなく…もう少しドラマが動き出すまで、見守らせて下さい。
 勘助初め、それ以外の登場人物も、まだそれぞれの魅力を存分にアピールするまでには至っていない、というのが正直な感想です。…といっても、亀治郎さんの信玄や由布姫など、勘助以外の主要な人物が登場するのは、もう少し後になるようですが。
 あ、でも、ミツは可愛かったな。一途な感じがグー♪でした。
 とりあえずまた来週、楽しみにしています。

2007年1月 6日 (土)

「カウントダウン風林火山」

 …という、30分の番宣番組を見ました。
 隻眼の山本勘助の扮装で、画面いっぱいの内野さんが、カメラを睨みつけながらドスの利いた声で
「風林火山、1月7日スタート!」
 …って言うのが、やっぱり何だか妙に恥ずかしいんですけど;
 ドラマ初出演の亀治郎さんの方が、安心して見ていられたのは何故??(笑)

 細切れの予告映像や、力の入った番宣トークよりも、やっぱり早く本編を見てみたいと思いました。
 ドラマの中身で、願わくば1年間、引っ張って欲しいな。
 

2007年1月 1日 (月)

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

初日に染まる富士山です。今年もよろしくm(__)m

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »