2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« ザワークラウトは酢漬けじゃなかった | トップページ | 本牧に行きたい »

2007年1月29日 (月)

風林火山 第4回

 来た来た来たーっっ!
 待ってましたよ、こんな感動をっ!
 今回は、山本勘助(内野さん)と武田晴信(後の信玄・市川亀治郎さん)が初めて会ったのですが、いやいや、良いシーンでした。晴信、カッコいい!
 武田信虎(晴信の父)にミツを惨殺され、心の中に恨みの炎を燃やす勘助やミツの兄達に対して、その恨みを受け止め、詫び、恨みを鎮めるように諭す晴信の言葉に、ちょっと感動してしまいました。
 

「そなたの恨みが深い程、心が美しいという事じゃ」
「だがな、恨みではこの武田は討てぬぞ」
「失望の中にこそ大望が生ずる、そうは思わぬか」
「(信虎を)恨んでおろう。それでよい。恨みを忘れる事なく、ただ鎮めて欲しい。この通りじゃ。(頭を下げる)」
「大望がなくては、恨みを晴らしたとて何になる」
 (細かい語尾とか、違ってるかもしれません;)
 
 亀治郎さんの颯爽とした演技がとっても良かったです。あんな風に言われたら、惚れる!その器の大きさに、惚れますよ。
 ミツの兄はもうすっかり「もったいねえことで…」となりましたが、勘助はというと、晴信の言葉に明らかにショックを受けつつも(ハートを射抜かれた、とも言う)「あの若造が!本当の失望を知らぬ青二才めが!!」と、まだ素直になれていない様子です(笑)。

 内野勘助も今回、なかなかよかったです。ミツの事件後に、武田家家臣の板垣(千葉真一さん)が村を訪れた際、最初は隠れているけど、気持ちを抑えられなくて、とうとう家の中から出てきた時…
 恨みと怒りの暗ーい炎を背負い、明らかに他の村人達とは違うオーラを纏って、ゆらり、ゆらりと板垣に近づいて行くところ、とっても迫力がありました。村人が思わず逃げ出したのも無理ないです。
 板垣と勝負して負けて、いきなり「武田に士官させて下さい」と土下座しちゃう所は「あらら;」と思いましたけどね。ミツの仇を討つ為、まずは武田の懐に飛び込む…というのはまあ、アリだとは思うけど、どこかに仕官したいというのは勘助の本来の望みでもあったから、ミツの事件が「渡りに船」的に映ってしまう面もあり、、、「おみゃあは戦が出来るから本当は喜んでるだー!」と言ってしまった平蔵に、思わず1票(笑)。
 ミツの仇を討ちたいというのも、とにかくどこかに仕官しなければ、というのも、両方本当なのでしょう。ただ勘助はきっと、なかなか周りには理解されにくいキャラなんだなーと思いました。だからこそ、そんな自分を受け入れてくれたミツの死はやはり、辛い。うーん、本当に、野に咲く一輪の花のようだったよ、ミツちゃん。

 そんな訳で、先週はちょっと先行き不安を覚えていましたが(とうとう感想もアップできなかったしね;)、今日でまた、引き戻されました。来週は、今川への間者として駿河に赴く勘助、陰謀渦巻く回となりそうですが、また魅せてほしいものです。

« ザワークラウトは酢漬けじゃなかった | トップページ | 本牧に行きたい »

観劇/鑑賞記」カテゴリの記事

コメント

すごい^^。随分とお詳しく書かれておられるんでTBさせていただきました。今回の大河ドラマはみんな真剣勝負で、感動しまくりです。

時間が合わなくて先週は見れなかった(;o;)
まったく大河って、時々ど肝抜かれるような台詞があるんですよね。

>「失望の中にこそ大望が生ずる、そうは思わぬか」
これ↑涙ものの台詞でした。
いいなぁ、晴信。
悔し涙のうっちーもよかったです。
きっと彼はその大望を持つ人についていくのでしょうね。

コメント、TBありがとうございます♪

>maro2kさん
 いえいえ、感動するとその場でがーっと書いてしまわないと、忘れてしまう質なのです;;
 内野さんが主役という事で見始めた大河ですが、他の俳優さん達も上手くて、とても見応えがありますね。

>♪〜さん
 涙ものでしたよね〜。あのシーンで泣かされるとは思いませんでした。
 そうですかー、時々度肝を抜かれる台詞があるのですか。大河はここ数年見続けていないのですが、今回の晴信の言葉には、久しく巡り会っていなかった種類の感動を覚えました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94330/13693991

この記事へのトラックバック一覧です: 風林火山 第4回:

» 風林火山〜第4話・ミツの死と仕官! [一言居士!スペードのAの放埓手記]
風林火山ですが、やはりミツは武田信虎に殺されてしまいます。出演者の名前が出るところで、ちょうどミツの貫地谷しほりの所で花が池に落ちるわけです。ミツは、山本勘助(内野聖陽)と最後の言葉も交わすことなく遺体での再会となってしまうのですが、もっと酷い話もあるわけです。(風林火山、第4話・復讐の鬼、感想は以下に続きます)... [続きを読む]

» 風林火山 第4話 [心の散歩道]
 今回の風林火山本当に感動しました。 思わず涙があふれ出してきてしまいました。妻 [続きを読む]

» 大河感想「復讐の鬼」 [近く本朝うかがうと]
ミツはやっぱり、殺されてしまいましたね。 でも、矢ではなく刺された、というのが何とも・・・。 摩利支天の首飾りは、役に立ったといえなくもないけれど、結果がね。 平蔵が持っていったので、物語の重要な小道具とし... [続きを読む]

« ザワークラウトは酢漬けじゃなかった | トップページ | 本牧に行きたい »