2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« オーストリア料理を満喫。 | トップページ | ミュージカルイントロクイズ? »

2007年2月13日 (火)

風林火山 第6回

<前回の復習>
(1週間かかってようやく詳細を理解しました;)
 今川の家督争いに、援軍を出すはずだった武田信虎。
 しかし、長男晴信の正室に公家の姫君を取り持つことと引き換えに、出陣しませんでした。
 信虎を討つため、実の兄を敵方に回してでも、花倉の乱に加わった勘助ですから、武田が出陣しなければ元も子もありません。兄の介錯までするはめになって、踏んだり蹴ったりでした。

 ここから第6回(笑)。
 そもそも、武田の家臣、板垣の間者として、駿河に赴いた勘助ですが、もう甲斐に戻る気などありません。
 信虎を、武田を打つため、次なる仕官への道を探りますが・・・

<今川家>
 花倉の乱で少しは義元側に貢献したので、色よい返事がもらえるかという期待もはかなく、
 「余にその顔を見て過ごせと申すか!」
 「面を上げよと命じたのに、お前は片方の目で私に歯向かっている」
 ・・美しいお坊様は、勘助の顔が、隻眼が、ダメだったらしいです。
 やっぱり美形がいいですか、そうですか。(違)
 よせばいいのに勘助は、そこで眼帯をむしり取ってその形相をあらわにしてしまったものだから、義元はもう、とりつくしまもありません。
 まあ、単に見かけという事ではなく、勘助の持つ憎悪のオーラ・・・が嫌だったんじゃないかな、とも思えます。忌まわしさみたいなものを、感じてしまったのかもしれません。
 でも、仕官の願いは退けたのに、勘助の能力を恐れてか、「駿河から出さないように」監視をつける義元。だまって飼い殺しにされるようなタマじゃない、って所までは読めなかったようです。

<北条家>
 今川が武田と和議を結び、もはや駿河にいても何の益も無くなった勘助、見張りをちゃっかり出し抜いて、小田原の北条家へ向かいます。
 北条氏康に仕官を願い出ますが、どうもこちらも上手く行かないようです。なかなか人を見る目に長けていそうな氏康は、勘助が武田への恨み故に仕官を願っていると見抜いて、仕官を許さない模様。次回の予告編を見る限りでは、勘助、晴信と同様のセリフを氏康からもう一度聞かされる事になりそう・・・「恨みではなく大望を抱け」って。勘助、きっとまた怒りと無念でブルブル震えちゃうんだろうな・・・。

 かくして、勘助の放浪の旅はまだまだ続きそうです。
 それにしても、武田、今川、北条と、戦国時代らしくたくさんの武家が出てきますが、それぞれの特徴というか、雰囲気の違いがちゃんと表現されていて、面白いです。次は信濃の真田の所へ向かうようですが、勘助はどのように迎えられるのでしょうか。真田幸隆役の佐々木蔵之介さんも、ちょっと楽しみ。

 一方、武田家では、晴信が正室(三条夫人)を迎えます。お互い、政略結婚とわかっていても、その運命を受け入れて共に歩もうとする若い二人が、なかなか良い感じでした。
 婚礼の場面では、晴信@亀治郎さんの立ち居振る舞いに目がいきました。さすが歌舞伎役者、姿勢とか歩き方がとてもきれいです。風林火山の公式サイトのインタビューを見ると、本来は女形なので、女優さんの仕草や衣装が気になってしまうらしいですが、いやいや、男役もなかなか凛々しいですよ。(ん?男役って言ったら宝塚になっちゃうのかな?)

« オーストリア料理を満喫。 | トップページ | ミュージカルイントロクイズ? »

観劇/鑑賞記」カテゴリの記事

コメント

勘助の“打倒!武田オーラ”は、どうも就職活動に、差しさわりがあるようで(汗)
様々な武将との出会いは、信玄のもとへひき寄せられるための、伏線のようでもありますね。

亀ちゃん@晴信!!
婚礼の際の立ち振る舞いも折り目正しく美しかったですが、父・信虎に進言する、凛として澄み響き渡るそのお声の素晴らしいこと!!
ああ~さすがだわーーっと納得してしまいました。

就職活動、なかなか上手く行きませんね・・・(笑)
あれだけ武田を憎んでいるのが、どこでどう、仕官しようという気になるのでしょうね。原作には無い部分なので気になります。

晴信が信虎に進言するシーン、ドキドキハラハラしましたわー。
晴信が言ってる事は正論、その素晴らしいお声でまっすぐに信虎のところへ飛んで行くのに・・・
「くるみ」をグリグリしながら聞く耳持たない信虎には、ゾッとしました。仲代達矢さんの逝っちゃってる演技も、スゴイですよねー。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94330/13894758

この記事へのトラックバック一覧です: 風林火山 第6回:

» 風林火山 第6話 [賃貸営業よもやまばなし]
今回、武田親子の亀裂が決定的になりましたね。自分で命令したために動いた前島を討てという信虎と臣下離反の原因になると諭す晴信。これは明らかに晴信が正しいのですが・・・信虎の追放も近いかな?と予感させます。そして今回の序盤でついに序盤の功労者?福島(テリー伊....... [続きを読む]

» 風林火山 第6回「仕官への道」 [ひろぞう戦国物語]
花倉の乱で福島越前守は敗れ,甲斐へ落ち延びた。しかし庇護者と目されていた前島氏と共に,小山田信有に討たれてしまったである。 一方,山本勘助であるが,今川義元に謁見を許され,恩賞を代わりに仕官を望んだ。しかし顔が醜... [続きを読む]

« オーストリア料理を満喫。 | トップページ | ミュージカルイントロクイズ? »