2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« シネマ歌舞伎 京鹿子娘二人道成寺(追記しました) | トップページ | 朝の体操、始めました! »

2007年2月 6日 (火)

風林火山 第5回

主君の対立故に敵方となった兄を、最後は介錯しなければならなかった勘助。
とことん、不遇な人生…。
多分、その「陰」が、晴信(信玄)の「光」と鮮やかに対比されていくのでしょう。
そんな事を思った、第5回でありました。

それにしても、今川家の人々はコワイですね~(>_<)
娘も雪斎(伊武さん)を見て、
「この人絶対なんかたくらんでる~!」と言ってました。
後の義元を演じる谷原さんも、きれいな顔して怖っ;
(同じ僧なら、アルフレートにもあれくらいの腹黒さがあればねえ…)
土曜日の「王様のブランチ」では見られない雰囲気がありました。

来週は、勘助はまた、武田信虎への恨みを果たすべく、どこかに仕官しに行くようですが…
早く晴信のところへ戻っておいで、と待ち遠しい気分です。

« シネマ歌舞伎 京鹿子娘二人道成寺(追記しました) | トップページ | 朝の体操、始めました! »

観劇/鑑賞記」カテゴリの記事

コメント

あきこさん、こんにちは。
伊武雅刀の雪斎は、結構スゴイですね。谷原さんの義元も陰謀家という感じですし、今川は予想外に強敵なような気がします。

>スペードのAさん
 コメント&TB、ありがとうございます。
 あまり歴史には詳しくないですが、今川というと公家大名で、あまり強くなさそうなイメージがあったのですが…武力のみならず、ああいった外交手腕の強さ、というのもあるんだなあ、と思いました。
 今川家、なかなか印象的です。

ドラマは見ていないんですけど・・・・(^^;;)

あきこさん、私にしかわからないようなネタをふって・・・・(^^;;)

アルフレート、私はそれなりに腹黒いかと思いますよ〜(^^;;)
どっちかというと、ルドルフ君の方が純粋っちゃ純粋かと(^^;;)

ついでに、雪斎役の伊武さん
ご本人のイメージが、どうにも「なにか裏でいろいろやっていそう」な感じが強いので好々爺なんて役があったとしても、「実は裏で・・・」とか考えちゃいそうでコワイですね〜

>さとうさきさん
 いやあ、美僧と言ったらやっぱりアルでしょうv
 アルは私も腹黒いとは思いますが、無自覚で天然なのですよね。天然ゆえに、間違ったところで黒さを発揮してしまったような気が、ちょっとします。
 もっと黒さの使い方に精通していれば、ルド様もあそこまでは(以下略^^;)。

 伊武さんのイメージって、私はとても「いい人」なのですよ。それというのも、昔の朝の連ドラで、三田佳子さんのダンナ役をやっていた時の印象が強いのですが、青森?のりんご農家の、無口で朴訥なおとうさんで、女医になった奥さんを陰で支える、とーってもいい人な役だったのですよ!
 最近は、「みんなの歌」で「フンコロガシは忙しい」という歌を歌っていらっしゃったのが、意外におちゃめな印象でした。

あ〜、最近の伊武さんはそうかも(^^;;)
でも、わたしなんか伊武さんと言えば、デスラー相当ですしねぇ(^^;;)
あと、「私は子供が嫌いだぁ〜!!!」の絶叫を思い出してしまいます

なので、生命保険のCMでお茶目な王様が、いつ何か叫びだすか、とか思っちゃうんですよね〜

アルとルド様は、本当に、ダメな方へ悪い方へお互いどんどこ流れて行っちゃった感じでしたよね
あれが男女であれば、うまくいったんでしょうけどねぇ〜
(それか、問題なくすれ違ってそのままか・・・)

でも、とことん腹黒いアルフレート・・・

ちょっと好みかも、とか思ってしまいましたわ(^^;;)

おおー、そうか!
子どもが嫌いなデスラー総統って、伊武さんかぁ!(ちょっと違;)
腹黒いわ、確かに(^m^)

とことん腹黒いアルにときめきますか?
あなたも「ブラック・アル同好会」の仲間入りですね(くすv)

あぁ!

相当って何だよ>自分・・・

すみません「総統」ですね オハズカシイ・・・

「ブラック・アル同好会」、不本意ながら入会ですか?わたし(^^;;)

でも、今時「アル」というと甲冑着込んだお坊ちゃまになっちゃいそうだわ

・・・・って、またまた大脱線のコメントですみませんです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94330/13809769

この記事へのトラックバック一覧です: 風林火山 第5回:

» 風林火山〜第5話・戦国の世の凄まじさ! [一言居士!スペードのAの放埓手記]
風林火山ですが、今回は戦国の世の凄まじさというか、やっぱりこの大河ドラマはいろいろな意味でスゴイと思います。今川家のお家騒動・花倉の乱についてやるわけですが、正直、緒勢力入り乱れすぎて、何が何だか分からなかったりもしますが、あまり説明しない所もスゴイわけです。(風林火山、第5話・駿河大乱の感想、以下に続きます)... [続きを読む]

« シネマ歌舞伎 京鹿子娘二人道成寺(追記しました) | トップページ | 朝の体操、始めました! »