2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月の13件の記事

2007年4月24日 (火)

近況。

 最近、「時間を作るには、とにかく働き続けるしかない」という状況が続いております。
 まあ、仕事が例年より忙しい上、PTAのお仕事が超繁忙期を迎えていて、おまけに子どもがずっと風邪っぽいのも重なって、中抜けや早退が多いので仕方がありません。
 ふう、もうちょっと頑張ろう。明けない夜は、ないー!(@メタルマクベス)

 あと最近気になってるのは、地震。北と南でよく揺れているので・・・そろそろ真ん中も来るかな、なんて、根拠無く心配してます。揺れている地域の方は、怖いだろうなあ。
 で、何となく「振ると充電される懐中電灯」とか入手してみたり(笑)
 いや、いいですよ、結構。電池の残りを気にしなくていいのがいい。
 非常食も点検。賞味期限オッケー!
 さあ、来るなら来・・・いえいえ、杞憂に終わるのが一番です、今年の秋には、賞味期限ギリギリの缶詰を皆で開けて食べたいでーす。

2007年4月23日 (月)

お詫び・・・

えー、先日のドイツ語講座の記事で、再放送の日時を思いっきり間違えてしまいました。
NHKの公式ページの情報をを読み間違えて、1週間先の日程を掲載してしまいました。
実際の再放送は本日23日の早朝でありました・・・・。
このような辺境ブログをご覧になっている方はそんなにいらっしゃらないとは思いますが、私の記事を信じて見逃してしまった方がいたら、本当にごめんなさい。今後、情報の掲載にはもっと気をつけるように致します。
・・・再放送の再放送とか、エリザ特集その2とか、あるといいのにな・・・(凹)

2007年4月22日 (日)

世紀末ウィーンのカフェ

 ウィーン版エリザには、初めて見ると度肝を抜かれる演出がいくつかありますが、その演出と歌詞の内容を合わせてみた時に、日本版のエリザと一番違っているのは、「カフェ」の場面かもしれません。
(ネタバレしてます、これから見るから楽しみにしたい、という方は、これ以降は読まないで下さい)

続きを読む "世紀末ウィーンのカフェ" »

2007年4月19日 (木)

ドイツ語講座でエリザベート

 梅田遠征の時にお会いしたお友達様に教えてもらいました。(ありがとう♪)
 NHK教育テレビ「ドイツ語講座」にて、エリザベートの梅田公演が紹介されました。

 エリザベート役のマヤさんのインタビューがメインで、舞台映像もチラッと流れますよー。思ったよりいろんな場面が映ってました(ちょっとずつだけどね)。 
 ヤスリの上で跳ね回るマテ・トートも見られます。

 ついでに「Kommen sie bitte」(来て下さい)というフレーズも覚えちゃいましょう♪

2007年4月17日 (火)

春本番!

Image037  土曜日、娘が「自然がいっぱいの所へ行きたい」と言うので、ちょっと頑張って武蔵野まで足を伸ばしてみました。中央線三鷹駅からバスで15分位のところにある、野川公園です。

 学生の頃はこの辺、よく自転車で走ってたんですけど、ここ数年はすっかりご無沙汰してました。
 よいお天気で暑いくらいでしたが、木陰は涼しく、草っぱらに座って見上げれば、家の近所ではほとんど見られない、広ーい青空。

続きを読む "春本番!" »

2007年4月14日 (土)

補足説明;ちびルド

 えっと、昨日の記事にいただいたコメントにお返事していたら、なんだか長くなりそうだったので、補足説明をしてしまいます。

東宝版の歌詞は

「僕はなるんだ 強い英雄 
 昨日も猫を殺した
 勇気試したんだよ
 でもちょっと可哀想・・・」 です。

ウィーン版の字幕は記憶によれば
「僕は英雄になるんだ
 昨日も猫を殺した
 僕だってこの世界のように強く残酷になれるんだ
 でも時々、とても優しくなりたくなる」 でした。

 限られた数の音符に、情報量の少ない日本語をはめ込むのは、ものすごーく大変だと思うので、東宝版の歌詞にケチつけるつもりは毛頭ありません。それに、受ける印象には個人差もありますから、あくまでも私の場合はこう感じた、ってことですが…。

 字幕だと、ちびルドの気持ちだけじゃなくて、周りの世界との関係性をものすごく感じます。

 皇太后様やゴンちゃん(?)が、「強くー、厳しくー!」と毎日のようにスパルタ教育してるんです。
 「お前はひ弱だ」とか言われて、ちいさなルドルフは、 
 もっともっと強くならなきゃー(>_<。。
 …と思っているんです。周りが望む、「強くて残酷」な人にならなくては、と。
 ホントは、優しい気持ちでいたいんだけどね。

 だから、ちびルドは単に、英雄になるための肝試し
 …ボクハツヨインダゾ(`へ´)=3
 …という感じで勇気を試した、というよりは。

 本当は「優しく」ありたいけど、「強くて残酷」な世界に同化しようと懸命になっている、という感じがして、痛々しさ倍増だったのです。

 ・・・いや、東宝の歌詞からだって、言われてみれば、そのくらいの事は読み取れるとは思いますが、やっぱりそれがハッキリと文字になって表示されたものですから、「おおー、そうだったのか・・・」と思った次第です。

 はあー、なんだか細かい話になってしまいました。
 ヲタクなので許して下さい・・・(逃亡)。

2007年4月12日 (木)

字幕で知った、ちびルドの心

 まとめて文章を書く時間がなかなか取れない事が分かってきたので、ウィーンエリザネタは小出しにすることにしました。いい加減、出して行かないと忘れちゃうし!

 さて、ちびルドです。
 「ママ、どこなの」です。
 ウィーン版でも、暗闇の中ひとりぼっちのルドルフに、トートが「ともーだーちさー」と優しく語りかける感じは東宝版と同じです。歌詞もほぼそのまま東宝版に訳されているようですが、1カ所、字幕の中に胸を打つフレーズがありました。記憶に頼っているので、言葉の細かい所は違うかもしれませんが…

「僕は英雄になるんだ 昨日も猫を殺した・・・

 はい、ここまではご存知ですね。
 次です。

「僕だって この世界のように強く残酷になれるんだ
 でも時々、とても優しくなりたくなる」

 ・・・
 幼いルドルフを取り巻く世界は、強くて残酷なものだったのですね。
 そしてそのようにならなければならないと、日々教え込まれていた。
 だから、猫を殺したんだね・・・。

 猫を殺すという、異常な行動の本当の理由と、ちびルドが置かれた過酷な環境が、この2行の字幕から胸に迫ってきました。
 字幕も原文を完全には訳してはいないかもしれませんが、原文に触れるって、やっぱり凄い事だなーと思いました。ドイツ語の勉強はとうに諦めた私ですが、こういう経験をすると、凝り固まった脳みそに活を入れて、ちょっと頑張ってみたくなります(ムリムリ;)。

 ちなみに梅田公演のちびルドは、日本在住のドイツ語を話せる子ども達の中から選ばれたそうです。可愛かったな♪

2007年4月 9日 (月)

早出勤は・・・♪

 忙しいと言いつつ、しっかり毎日つぶやいてますが(笑)。
 いや、忙しい時に限って、いろいろネタが出てくるんですよ。
 (指輪ブログもぼちぼち再開してます^^;)

 最近いろいろ忙しくて、9時前に早出して仕事してたりしますが、ひとつ嬉しい事を発見。
 私の職場には、いつもラジオでJ-WAVEが流れているんですが、9時前だとなんと、別所さんがメインでしゃべってる!この前は、ゲスト?だったのか電話かけてたのか、マルシアさんと一緒にしゃべってて、「うわー、レミ?」状態でした♪いや、マルシアさんはジキル&ハイドの宣伝だったけど。
 でも別所バルジャンの声で「中央線上りは信号故障のために遅れが出ています」なんて言われると何か変な感じ(笑)。
 明日も頑張って早く行こう♪

2007年4月 8日 (日)

カッコイイ・・・♪

 掃除しながら、エリザベート10周年ガラコンを聴いてたら、Uweトートの「Die Schatten werden langer(闇が広がる)」が超カッコよくて、また手が止まってしまいました(笑)。
 あとでDIVA2004見ようっと・・・。

※Uwe Kroger(ウヴェ・クルーガー) はウィーン初演でトートをやった役者さんで、一路真輝さんのコンサート「DIVA2004」にゲスト出演しました。
 井上芳雄君との「闇が広がる」や一路さんとの「私が踊る時」がとても良いのです♪
 あと、これでUweさんの「Stars」を見て、私のジャベール観は少し変わりました。Uweジャベール、見てみたいものです。

↓10周年ガラコンCD。DIVA2004は東宝芸能のショップサイトに情報が載ってます。

2007年4月 7日 (土)

ウソのようなホントの話

 ウィーンにホームステイに行くお友達に聞いた話です。

 ステイ先を探すのに、専門の業者に依頼していた所、候補が見つかったとの事で連絡がありました。

「あの、ウィーンじゃなくて、その近くのビエンナっていう所なんですけどよろしいですか?」

 ビエンナ=Vienna、英語でウィーンのことでしょうがっっ!!(爆死)
 ああ、プロにもきちんと認識されてない、ウィーン・・・(哀)。

 想像するに、地図でも見てて、ドイツ語のWienの近くに英語でViennaって書いてあったのを、「Wienの近くのVienna」だと認識したのかもしれませんが。
 あの、その業者、大丈夫なんでしょうか・・・?
 いくらウィーンがマイナーだからって・・・ねえ?

 でも確かにウィーンはちょっと紛らわしい。
 私もつい2、3年前に知ったけど、ドイツ語の発音では「ィーン」なんですよね。日本ではドイツ語を英語読みしちゃってる訳ですね。
 知らなければ、ウィーンとビエンナ、同じ街とは思わない・・・のかなあ?
 うーーん(ー”ー)…イマイチ納得してない;

「ビエンナって、英語でウィーンのことです。」と教えてあげた、優しいお友達なのでした。ちゃんちゃん♪
(気をつけて行ってきてねー)

2007年4月 6日 (金)

携帯から閲覧可能になりました

このココログが、携帯からも閲覧可能になりました。(やっとだ…)
左サイドバーの一番下に、QRコードがあります。
ついでに、ブログ内検索ツールも出来た模様。
こちらは、サイドバーの「ココログ」ロゴの辺りにあります。
よろしければご活用下さい♪

2007年4月 5日 (木)

忙しい・・・

 エリザな休日が終わってみれば、学校の新学期準備でバタバタしています。
 今年と来年は、PTAのお手伝いをすることにしましたので、入学式のお手伝いとか、いろいろあるんです;
 でも、ちょっとは忙しい方が、その分を取り返すべく、お楽しみも多く設定しそうな予感がしています。
 とりあえず次のお楽しみは、「ジキル&ハイド」♪
 (鹿賀さんファイナルだそうなので、1回見ておきたくて)

 今日は頭の中に、ドイツ語の「闇が広がる」を流しつつ、仕事に励んでおります。
 ウィーン版の舞台のことを早く記事にしたいのですが、なかなか落ち着いてPCに向かう時間が取れません。来週末位になるかなー・・・。それまでは、空いた時間に妄想に励みたいと思います(笑)。

2007年4月 2日 (月)

恐るべし「エリザベート」

 行って参りました、梅田芸術劇場、来日ウィーンエリザ!
 ・・・良かったです、とーっても。
 正直、観る前にはそれほど、ものすごく期待していた訳ではなかったのです。1回観れば充分満足するだろうと。しかし・・・すいません、侮ってました;
 本当なら、土曜マチネだけ観て、翌日は皆で神戸観光の予定だったんですが(たまには観劇以外も楽しもう、ってね;)、朝になって梅芸に電話したら、まだ当日券があるって言うじゃないですか。もう、満場一致で当日券を買いに走りました。誰も異議を唱える者なし・・・京都の桜も素通り、神戸の異人館やおいしいケーキもあっさりと打ち捨てて、ああ、所詮はオタク旅行、結局観劇ずくし、エリザ漬けの休日でした(笑)。

※今更ですがキャスト表をアップしました(2008.01.04)
 クリックで拡大します。

2007.03.31 マチネ
Image027
この日は確かほぼ、ファーストキャスト。
特にフランツ、ルドルフ、そしてルキーニが良かったです♪

2007.04.01 マチネ
0401eliza
この日はルドルフとルキーニが交代してたっけ。
セカンドとはいえ、上手でしたよ。

続きを読む "恐るべし「エリザベート」" »

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »