2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月の17件の記事

2007年11月30日 (金)

シアタークリエ 2008年10月公演『私生活』 PRIVATE LIVES

とりあえず今週の山は越えられそうな予感がする朝、朗報です♪

リンク: シアタークリエ 2008年10月公演『私生活』 PRIVATE LIVES.

内野さんの舞台だ!本領発揮のストレートプレイ。
これはまた、大人のコメディ?
寺島しのぶさん、橋本じゅんさんとキャストも魅力的!
これは見たい!
クリエかあ、チケット大変そうだなあ、聖陽流さん、またまたお願い!

仕事の山は、多くの人の助力とお気遣いにより、なんとか越えられそうです。
みんな、ありがとーー!
…また来週も、山は続くけどね〜(^^;

2007年11月27日 (火)

山越え中

 仕事が山です。
 あふれてます。追いつきません_| ̄|○il|li
 連休最終日は、「メタルマクベス」「エリザ10周年ガラコン」を会社で交互にかけながら、ひと山片付けましたが、まだ2つ3つ、越えないとダメみたい;
 「魔法が使えたら、何の魔法がいい?」と娘に聞かれて、マジで「時間が止まる魔法」と即答。
 私のペースに巻き込んでしまって、娘には申し訳ない今日この頃ですが、子どもなりにいろいろ気遣ってくれてます。感謝。

 これを越えれば「M!」が待っている・・・がんばれ、私!

2007年11月23日 (金)

よい舞台を見ました♪

 今日は娘の学芸会へ行ってきました。
 なかなか楽しい演目で、子ども達もそれぞれ、個性を生かした役についていて、良い舞台でした。
 子ども達も皆、楽しそうにやってたし^^
 普段は授業中にうるさかったり、先生を困らせる事も多いらしいですが、こうしてみると良くまとまった、よいクラスじゃないの、と思いました。

 去年も思ったけど、子ども達の元気な声、歌声というのはすごいエネルギー!
 最近の荒んだ心と体に、元気を分けてもらえた気がします♪
 小さな役者さんたち、お疲れさまでした^^

2007年11月21日 (水)

今日も〜♪

 1日を生き延びた〜♪
 ・・・そして今日は、昨日に引き続き、M!の公式ブログに井上ヴォルフ初日のカテコ映像がアップされてます♪
 やっぱり両方見たいわ。
 大きな声では言えませんが(でも言ってるし^^;)、結局井上ヴォルフのチケットも入手済みだったりする・・・平日ソワレ、諸々の状況を考えると、結構危ない橋ではあるのだけど;
 さ、明日も頑張って仕事しよっと。井上ヴォルフのために!
 

2007年11月20日 (火)

心を亡くすと書いて・・・

 忙しいと読むのですよね。
 自分でもわかってるんですが、余裕のない今日この頃。
 きっと知らずに周りの人を傷つけていそうだ・・・反省。

 そんな日々ですが、昨日は「M!」初日だったようで。
 公式ブログにカテコや中川ヴォルフの挨拶の動画がアップされてます。
 カーテンコール、ちょっと画質が荒くて人の判別がつきにくい中、吉野さん@シカネーダーの動きが抜群にキレイ!さすが!!そしてやっぱり来ていたリーヴァイさん(笑)。だんだん、日本語がグレードアップしてますね^^
 中川ヴォルフは初日をやるのは初めてだったそうで、感極まっていた様子。
 うぁー、楽しみだわ!これこそ、今の私のニ・ン・ジ・ン・・・♪

2007年11月18日 (日)

気にはなっている・その2

 日生劇場2月公演「ウェディング・シンガー」。
 何がって、あのチラシのビジュアルには、出た当初から衝撃を受けておりました。
   →公式サイト
 芳雄くんは、髪型といい服装といい、何だかすごくギリギリな感じだし(失礼!)、さりげなく後ろにいるのは、そ、そそそ綜馬さん!?オルレアン公以上の弾けっぷり?最近はそういう路線なんですか?やっぱり、シシィをトートに取られてしまったのが余程こたえてるんですか?(違)
 芳雄くんのバンド仲間なんですね、皇帝陛下。(^m^)
 もう1人のバンド仲間、新納くんのビジュアルにちょっと救われてみたりして(^^ゞ
 あ、新納くんはトートダンサーだったから、このバンド、みんなエリザ出身だわ。あらそれに、何気に初風ゾフィ皇太后様までいらっしゃるじゃないですか、エリザ率高いのね。

 演出はダンス・オブ・ヴァンパイアの山田和也氏。
 コメディなんですね(てか、コメディじゃないとあのビジュアルはちと辛い;)。気軽に見られる感じのこういう演目もたまにはいいなあ、と思うんですが、お値段はやっぱりあんまり気軽じゃないのよね;
 もうちょっと間近になってから考えよう。日生劇場ならきっと、A席やB席でも見やすいんじゃないかな。
 そんなわけで、ちょっと気にはなっている舞台ではあります。

2007年11月17日 (土)

シュトゥルム、初体験♪

 前々から気になっていた、発酵途中のワイン、「シュトゥルム(Strum)」。 
 ウィーンのシュトゥルムは、発酵途中のため空輸が出来ず、現地でしか飲めない(しかも時期限定)ので、日本では小布施ワイナリーという所で作っているのを取り寄せてみました。
 写真取るのを忘れて開けちゃったんで、神戸のホイリゲ「葡萄舎」さんの紹介記事をご覧下さい。

 ・・・ホントに発酵途中、半分ジュース(笑)。
 甘いですが、フレッシュで爽やかな甘みなので、さらっと飲めちゃう。
 でもしっかりお酒ですから(アルコール分8%)、
 Strum=嵐、という名の通り、飲み過ぎると頭の中が嵐になるかも^^;
 ウィーンのシュトゥルムは、また、違った味や香りがするのかな〜?

 次はちゃんと、ウィーンのホイリゲを開けたいと思います。
(こちらは輸入されてるので・・・取り寄せ済みなのだ♪)

2007年11月14日 (水)

気にはなっている。

 この前から3夜連続で、NHKハイビジョンにて「ハプスブルク帝国」という番組をやっていたらしいです。
 知ってた・・・けど・・・ウチ、ハイビジョン見られないのよねー!
 いやあ、最近のテレビ事情には、全くついて行けてなくてねえ・・・。
 普段あまりテレビを見ない事もあり、どうにもテレビに何万円もかけて買い替える気にならないのですよ。
 その内地上波でやらないかなー。

直った!!

 ブログパーツ「gremz」の表示が、ついに直りましたー!
 ニフティから回答があり、どうやらgremzのIDが、こちらのブログでうまく取得できていなかったとの事。
 指示通りに設置をし直したら、ちゃんと表示されるようになりました。
 さてさて、どの位で大人の木になるのかな〜♪
(大人の木になると、実際に植樹されるそうです)

2007年11月11日 (日)

Rudolf <Rebecca ?

 日本では来春に上演となる「Rudolf」と「Rebecca」の動画を、YouTubeにて見ました。

 ・・・音楽はねー、やっぱりリーヴァイさんの「Rebecca」の方に惹かれますねー!いやあ、リーヴァイさんの音楽って、何故にこうも惹かれるのでしょう。例えると、ものすごくいい香りのお茶みたい。一度その香りをかいだら、飲まずにはいられない、という感じ。

 「Rudolf」の方は、「ジキル&ハイド」のフランク・ワイルドホーン氏ですが、うん、わかるわかる、そういう感じ。親しみやすくていい音楽だと思います。でも、個人的に惹かれる「香り」は感じないんだな・・・。

 考えてみれば、ストーリー的にも「Rudolf」はつまり「うたかたの恋」な訳で、マリーちゃんの存在を好意的に思えなければ、作品に浸れない可能性があるんですよね。
 ルドルフ様にはやっぱりアル・・・とか変な刷り込みがされてたり(^^;)、史実本で、「マリーよりも本当は、ミッツィーとの方が本命だった」などという記述を見つけて喜んでるようでは、いやはや、危険きわまりないのかもしれませんよ;;;

 「Rebecca」の動画をみると、あらあら、ウヴェさんがいるし。やっぱりちゃんとメイクして衣装着けて、役として舞台に立っているとカッコいいなあ。あの役を、山佑様がやる訳ね。

 そんな訳で、今の所、「Rebecca」の方が期待値高いかもしれません。
 もちろん「Rudolf」も楽しみだけど。
 来春はまた忙しそうだけど、合間合間においしいニンジンを出来るだけたくさんぶら下げて、乗り切りたいものです♪

2007年11月 9日 (金)

季節のリレー

季節のリレー
娘が学童で書いてきたメモ?落書きです。
昨日は立冬でしたが、子どもにとっても、季節が過ぎるのは速いのでしょうか。

ちなみにこれは、今日これから友達の家に泊まりに行くのですが、その予定を自分で紙に書いて皆に見せてたようです。
楽しみでしょうがないらしい^^
7時にママとバイバイするらしい…
そうね、そんなものかもね(笑)

2007年11月 8日 (木)

そ、育ってる;

 サイドバーに設置した木の芽「gremz」ですが、発芽から8日目を最後に、こちらでは正常に表示されなくなってしまいました。
 が、「gremz」のサイトにログインすると、そこではなんと、順調に育っているではありませんか。
 現在、発芽から23日目、少し背が伸びて、葉っぱも4枚に増えております。
 木の生育データは、「gremz」側のサーバーに保存されているとの事なので、とりあえず、ここからは見えなくてもちゃんと育ってくれているようです。やっぱり、私のブログの問題なんだなあ。
 今、ココログのサポートに問い合わせ中で、担当の方がいろいろと調べて下さっている所なのですが、無事に解決できるといいなあ。
 そもそも、テンプレートを変える時のブログパーツの表示について、私がよく調べもせずに適当な操作をしてしまったのがいけないのですが、うーん、ちゃんと治ってくれるといいな。
 

2007年11月 7日 (水)

Bridge over troubled water

 今日も「Sotto Voce」に癒されている私です。
 アルバムの中に「明日に架ける橋」があります。よくは知りませんでしたが、サイモン&ガーファンクルの名曲だったのですね。改めて聴くと、なんて感動的な歌詞なのでしょう。

When you're weary, feeling small
When tears are in your eyes, I will dry them all
I'm on your side, when times get rough
And friends just can't be found.
Like a bridge over troubled water
I will lay me down

 すごい・・・スケールの大きなラブソング。
 今の私はそんな逆境にはないけれど、一人孤独に逆風に耐えているような状況で聴いたら、マジ泣きするかも;

2007年11月 3日 (土)

M!だ!!(動画貼付しました)

 動画貼付しました(11/3)。

 ボケボケしてたら、いつの間にか「モーツァルト!」の制作発表があったようです。
 M!の公式ブログに動画がアップされてます♪

 ヤバい・・・
 ここ2、3日、井上君づいていたから、井上ヴォルフが見たくなっちゃったー!
 今回はチケット苦戦して、中川ヴォルフしか取れてないのですよ〜。いや、中川君も初めて見るので、それはそれで楽しみなんですが、動画を見たら、「DIVA2004」の頃より大人っぽくなった井上君、やっぱり素敵じゃないですか♪それに井上君が出てる舞台は、去年の暮れのMA以来、見ていないのよ確か。

 ・・・うわ、思い出したらMAが超懐かしい!
 フェルセンとアントワネットのナンバーが聴きたい!
 綜馬オルレアン公に会いたい〜・・・

 何か、急にあちこち禁断症状が出てきたみたいf^^;

 うーーむ、平日ソワレならまだチケット取れるかな〜。
 井上ヴォルフに会いに行っちゃおうかな〜〜??

 ついでに、M!の女性ナンバーの中ではベストだと思う、男爵夫人の歌を。
 「星から降る金(Gold von den Sternen)」、タイトルもいいですよね♪

 

戦場より(笑)

Gyoretsu_2

ただ今、プーさんのファストパスを取るために30分待ち中。
プーさんですよ!?
それでこの景色なんだから、推して知るべし(*_*)

2007年11月 2日 (金)

明日は〜♪

 ♪今日も〜1日を生き延びた〜・・・という感じの今週でしたが、
 明日は舞浜のテーマパークに行ってきます。ランドの方。
 おじいちゃんからタダ券をいただけるので、じじ、ばば、孫、私で行ってきます。
 待ち合わせの相談で電話したら・・・

「私たちは多分7時半位には行ってるから、出る時に電話してね」

 し、7時半ですかっ・・・
 確かに開園は8時ですが、さすが、気合い入ってます(^^;

 娘、もう寝るぞ!さっさと寝るぞー!!

 入園したらまず、プーさんとホーンテッドマンション(ホリデーナイトメア仕様)のファストパス取って、出来たらレストランのプライオリティシートも取れるかなー?

 という訳で、明日の戦いに備えて、もう休みます。
 おやすみなさーい。
 

2007年11月 1日 (木)

ウヴェトート&井上ルドルフ

 月末/月初のバタバタが終わらない〜(>_<)。。
 …というわけで、今日も井上くんの「Sotto Voce」にお世話になっています。

 アルバムの中に、エリザの「闇が広がる(ドイツ語)」が入っているのですが、元々デュエットのナンバーを、どちらのパートも井上くんが1人で歌ってます。そのせいか、あるいはアルバム全体のイメージの為か、この「闇広」はちょっとテンポがゆったりでソフトなイメージ。
 それも悪くはないのですが、やっぱりこれは、トートとルドルフの緊張感溢れるナンバーですから、実はちょっと物足りなさを感じるのですよ。
 こうなると聴きたくなる(見たくなる)のが、一路さんのコンサートDVD「DIVA2004」に収録されている、ウヴェさん(ウィーンの初代トート)と井上くんによる、「闇広」です。
 これはねえ、ほんっっとにいいんです。
 (今までにも何度か書いてるけど(^^ゞ)

 役に入り込んだ井上くんの表情がいいです。ウヴェさんも、さすが余裕のトートっぷりで、コンサートなのに本公演さながらの緊張感!コンサートの中の1曲なのに、その中でしっかりストーリーを見せてくれるので、こちらも思わずのめり込んでしまいます。
 コンサートだから、二人とも白いスーツで、役の衣装を身に着けている訳ではないのですが、しっかりトートとルドルフに見えます。脳内変換かかります(笑)。まあ、ウィーンのトートは白スーツとあまり変わらないかもしれないけど。
 ラスト、井上くんの虚空に伸ばした視線と指先のアップで、後奏のメロディが終わると、自然と次の場面(東宝版ならハンガリー独立運動)を待つ気持ちになっています。
 実際にはこの後、ウヴェさんと一路さんによる「私が踊るとき」が続くんですが、こちらもなかなか見応えあります。

 あ゛ーーー、猛烈にエリザが見たい!
 特に井上ルドルフが見たい!!(無理;)
 あ、来年見られるんだっけ?「Rudolf」で。
 でも演目違いの上、演出も作詞作曲も違うから、どうなんでしょうね?
 「エリザベート」のルドルフと「ルドルフ」のルドルフ(軽く混乱^^;)、同じ人物とはいえ、ねえ。あまりエリザのイメージを引っ張ってると、「何か違う!」とか思っちゃうかもしれないですね。でも、井上くんがルドルフをやる時点で、エリザのイメージがかぶるのは避けられないと思う。
 演出の宮本亜門さん、井上ルドルフをどんな風に仕込むのかしら?

 コンサートの話に戻ると、ウヴェさんのレミナンバー、「Stars」もとっても良いのですよ♪
 あー、ウヴェさんの舞台もいつか見てみたいなー。
 何かで日本に来てくれないかな・・・。

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »