2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« ルドルフ・2回目(良かった編) | トップページ | 明日も皇居界隈へ »

2008年5月27日 (火)

レベッカ 感想その1

 ようやく行って参りました、シアタークリエ。
 噂通りのこぢんまりした劇場、オケピがないので舞台が近い近い!
 「レベッカ」は、500円DVDを買っていたにもかかわらず、結局小説を読んで予習…というか、実家にあったのを何気なく読み始めたら、面白くて一気に最後まで読んでしまったの(^^ゞ
 本で読んでても、ダンヴァース夫人が怖くて怖くて・・・。
 原作がとてもよく出来ているので、「ルドルフ」の時のように「これをどうやって舞台に…?」という疑問はわかず、クンツェ&リーヴァイがこのミステリアスな世界を、主人公の「わたし」が感じる恐怖や不安を、どんな風に料理してくれるのかなーと、素直に楽しみでした。演出が山田和也氏というのが…あれ、これコメディじゃないよね?という感じで。(ウェディング・シンガー、シンデレラストーリー、ハゲレット…これみんな山田氏の演出です^^)
 見終わってみれば、最初から最後まで物語の世界に引き込まれ、リーヴァイ氏の音楽がぐるぐる回り、キャスト一人一人が本当にぴったりとはまっていて、とても良かったです。ラストでは、自由になった二人にちょっと感動しちゃいました。(原作本では「感動」っていうのは無かったんですが)

 時間があまりないので、感想はちょっとずつ書いて行きます。

 開演を待つ場内には、海の波の音が静かに響き、幕には物語の舞台であるマンダレイの館の門が描かれ、館へ続く道が鬱蒼とした木々に覆われている。不気味な物語の始まりを予感させます。
 やがて波の音がひときわ大きくなり、客席が徐々に暗くなって…開演です。
 「夢に見るマンダレイ」、これがまた、出だしはミステリアスでちょっと不気味、やがて甘く、切なく過去へと誘って行く曲で、今また iTunes Storeでダウンロードして聞いていますが、この物語の始まりとして、本当に良く出来てるなあと思います。
 …この始まりで、見事に心を持って行かれてしまいました。
 山田氏はコメディのイメージが強かったのですが、悲劇喜劇に関わらず、要するに観客の心を引きつけるツボとかタイミングを、基本的なところで心得ている方なのかもしれません。
 音楽はさすがリーヴァイ氏、惹き付けて離しません。後でぐるぐるしちゃう麻薬的効果もいつもの通りで(笑)。こういう、影や憂いのある世界は、やはりヨーロッパの人にやっていただくのが正解!?私も結局、好きなんだなこういうのが。たまりませんわ♪(身をよじってしまう感じ^^;)

 あー、時間が無い!キャストの感想はまた後日〜。

« ルドルフ・2回目(良かった編) | トップページ | 明日も皇居界隈へ »

観劇/鑑賞記」カテゴリの記事

コメント

原作がしっかりしていると、舞台も見応えあり!?
それぞれの役どころがはっきりしていて、ぴったりのキャスティングでしたよね。(不満といえば、禅さんのお歌があまりにも少ないことかしら?)

でも、なんといっても♪レッベッカァ~~ッ~のシルビアが一番!!当たり役!ですね。
・・・しばらくはあの暗黒の世界から帰れませんよぉ~

ベン役すっげーうまいっ!
と、思ったら「あの」治田さんだったのですね~。
プログラム見て知りました;;

>秋生さん
 ルドルフの原作がよくできてない、という訳ではないんですが、エンターテイメントとして面白いのは、やはり断然レベッカの方ですよね。
 禅さん、確かに歌は少ないんですが、原作通りの「いい人」オーラがぴったりでした。原作では、ちょっとレベッカとイロイロあったみたいなんですが、舞台では出て来ないその辺の事も含ませて演技しているのかなー、と考えながら観ると、ちょっと深いかも。
 シルビアさんは、間違いなくダンヴァース夫人が当たり役になりますね!彼女以外のダンヴァース夫人は、もはや考えられない・・・。

>メイさま、梅田からお帰りなさいませ♪
 そうそう、治田さん、上手かったですよねー!
 出番は少ないながらも、すごい重要な役どころでもありましたし。
 さすが、グリュンネ伯爵ですね〜♪(あ、エリザが観たくなってきちゃった)
 

レベッカ!私はMy初日4/8だったのですが、かなり惹きこまれました。シルビアの代表作といって良いほど!!
(レミのテナ妻も高島さんと出演して欲しいですが・・・)
ちひろちゃんが(Vに比べて)上手くなっていて感動しました・・・。
それから何回か観劇しましたが、
初めより禅ちゃんはアピールされて、吉野さんの歌とダンス&パフォーマンスは滑らかさを加え、舞台にくぎづけです。
リーヴァイさんの曲は、Mを彷彿とさせ私には心地良いものです。

ルドルフの原作も最近読みましたが、帝劇の亜門氏の演出は全く別物のように思います。
でも、平凡だと思っていた曲もじわじわとくるものがあり、
好きな場面、曲もあります。楽はどの様に化けますか?!楽しみです。

>MICHIさま
 最初は違和感を覚える舞台も、何度か見ると好きになったりしますよね。
 私にとっても、ルドルフはそんな舞台かもしれません。
 曲は確かに良かったので(覚えてないけど;)、CDが出るといいですね〜。

 レベッカ、近々また見に行く予定です♪
 1度目でかなり引き込まれ、曲も聞き込んでいるので、2度目はどっぷりとハマれそうな気がします(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94330/41334846

この記事へのトラックバック一覧です: レベッカ 感想その1:

« ルドルフ・2回目(良かった編) | トップページ | 明日も皇居界隈へ »