2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 夏の風物詩? | トップページ | だらだら »

2009年6月26日 (金)

The ハプスブルク

ハプスブルク関連の展覧会が催される模様です。

The ハプスブルク
東京展:2009年9月25日(金)~12月14日(月)
    国立新美術館(六本木)
京都展:2010年1月6日(水)~3月14日(日)
    京都国立博物館(東山七条)

 日本とオーストリア・ハンガリー二重帝国(当時)が国交を結んで140年の節目にあたる今年、ウィーン美術史美術館(オーストリア)とブダペスト国立西洋美術館(ハンガリー)の所蔵品からハプスブルク家ゆかりの名品を核に選りすぐり、絵画の至宝75点に華麗な工芸品を加えた計約120点を展覧する大規模な美術展を開催いたします。

 …ふーん。
(何だかんだ言って、結構見て来てるので、あまり新鮮味を感じないらしい;)

 ブダペストから何が来るのかがちょっと気になるかな。工芸品も、見るのは好きです。素材にしても細工にしても、今じゃあり得ないくらい贅沢に作ってそうだもんね。
 「見返りシシィ」や「若い頃のマリア・テレジア」とかの有名どころの肖像画も、いくつかやってくるようです。
 あと、展覧会にちなんでデメルとか、青山に出来たウィーンのカフェ「ラントマン・カフェ」なんかが特別メニューを提供するみたいなので、そっちの方も気になる感じですが、いやー、「ラントマン・カフェ」、高いわー。
 メランジェ(泡立てミルクのカフェオレ)が900円!!Σ( ̄□ ̄;)
 ちょっといいランチが食べられる値段じゃん…。
 スープセット:パン・スープ(L)・前菜サラダ・ドリンクで2000円ってどうなの??しかもドリンクをメランジェにしたら、プラス200円だよ!?
 さすが青山、おしゃれな都会は物価が違うね〜。

 いやはや、もうちょっと庶民的な「ホイリゲ風」なお店は出来ないものかしら;

 あっ、そうそう!
 7月になったら、ヅカのエリザを観に行きまーす♪
 久々の観劇、楽しみだなー(*^^*)

« 夏の風物詩? | トップページ | だらだら »

ウィーン・中欧・ハプスブルク」カテゴリの記事

コメント

おっ、こんなのやるんですねぇ〜
工芸品は気になるなぁ 絵画は、それほどでもないんだけど・・・
(もと美術部としてはどうなの?なんだけど・・・)

あきこさんもヅカエリザ観劇ですか!
ってか、良くチケットゲットできましたねぇ〜さすが・・・
ワタクシは、向こうまで見に行っちゃいました・・・
今回は、なかなかヅカらしいトート様ですよ
ルドルフ、三人いるので誰に当たるかで印象も変わってきそうです・・・
ワタクシのお目当ては今回フランツですが、一番のみどころが
フィナーレの「愛と死のロンド」だなんて言えない・・・
や、最後の審判のアタリも好みですけど・・・
感想、楽しみにしています〜♪

ヅカエリザは、娘が見たいというもんでね(^^ゞ
私もフィナーレを楽しみにしております♪

ラントマンまで青山に!
ジェルボー(http://www.gerbeaud.jp/index.html)が青山にできたのは知ってたんですが…。
(こちらはハンガリー)

最近どうしたんだ青山…(笑)
ちなみにウィーンのラントマンのサイト見たらランチ10.80ユーロでした。
私はウィーンに行きます…(笑)

あすはさん、こんにちは♪
 私はジェルボーは知りませんでした。値段が載ってないのが気になりますが、場所柄やっぱりいい値段するんだろうなー。
 あの辺は、チェコ料理カフェ(http://www.checkczech.jp/cafeano/
)もあったりするので、実は中欧系が揃ってますが、いずれにしてもお高いのが玉にキズ;チェコカフェなんて、直輸入ビール(小瓶)が四捨五入したら2000円ですか?っていう値段だったし。
 イタリアンや、せめてドイツ料理並みにポピュラーになってくれればコストも下がるんでしょうけどね。それはそれでつまらんような気がする、複雑なファン心理!?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94330/45462387

この記事へのトラックバック一覧です: The ハプスブルク:

« 夏の風物詩? | トップページ | だらだら »