2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月の10件の記事

2009年8月27日 (木)

見たくないドラマ

 「今日のつぶやき」でもつぶやいた、橋田○○子ドラマによるダメージから、ようやく脱しつつあります(苦笑)。
 いやこれ、実家の父が大好きなんです。
 昨日はPTAの仕事があったので、夕方から娘を実家に預けていたのですが、迎えに行った時にちょうど父が、録画した件のドラマを見ている最中で。
 娘は宿題をやっている最中で、キリのいい所まで終わるのを待っている間、リビングで流れるドラマを見てしまったという訳です。見たくないんだけど、ホントに嫌なんだけど、強制的に目と耳に入ってきてしまうんですよ。(お好きな方はゴメンナサイm(__)m

 嫁姑関係を手始めに、何処を切ってもドロドロした人間関係が溢れだす、さながらマイナスオーラの金太郎飴のようだと思うのですが、あれを楽しめる人というのはある意味凄い、タフな精神の持ち主、心に余裕のある人なんだろうなあ。
 まあ、あれも「人間関係のもつれの典型的なパターンの羅列」を見て楽しむという意味では、実のところ「ドリフの大爆笑」=「定番のお笑い」を見て笑うのと根っこは同じなのかな、という気がしないでもないですが、そう思える気持ちの余裕は私には無いなあ。

 私の場合は、見ているうちに登場人物の鬱積した感情が乗り移ってきそうで、だんだんイライラしてきて、もうイヤ〜〜!!!…って感じの精神状態になってしまいます。
 しかも昨日は、元々気持ちが疲れていたので、それが後に尾を引いてしまったのよ;
 私にとってはホラー映画より質が悪いかも。
 貞子より、ピン子の方が怖いです。
 次からは何があっても絶対に退散しよう…。
(好きな方はホントにゴメンなさい。でも私はマジでダメ;)
 

2009年8月25日 (火)

SFマガジン10月号

Sfm
 今日発売のSFマガジン、神林長平デビュー30周年記念特集が組まれています。
 インタビューやいろいろな人達によるエッセイ(若手の作家さん達なのだろうけど、知らないんだ…ゴメン)、全著作ガイドなど、読み応えありそうだし保存版ですね、これは。
 あとでじっくり読もう♪

2009年8月24日 (月)

チェーザレ7巻


 こっちも出てました♪
 今回はピサの大聖堂の絵が凄い〜。

2009年8月23日 (日)

書き下ろしがあった♪

 既出作品ばかりかと思っていたら、書き下ろしが1編含まれていました。
 嬉しい♪
 

2009年8月18日 (火)

夏休み・その1

 何か最近、公私ともに動きが激しくて落ち着きません。
 そんなこんなであまりこちらの更新も進まず、せっかく貴重なコメントを頂いてもお返事が遅れてしまったりしてスミマセンm(_ _)m
 まあ、何があろうとも、目の前の事を1つ1つ片付けて行くしかないんですけどね^^

 そんな中でも夏休みはしっかり楽しんでます♪
 先週末は富士山の麓におりまして、娘のかねてからの念願、「山中湖を自転車で一周」というのをやりました。
 一周は約17キロ、それほど時間はかかりませんが、途中多少の起伏があったり、一部サイクリングロードが未整備で、湖畔の土と砂利の混じった地面が続いたり、また車がびゅんびゅん通る道(歩道無し)を走らなければならなかったりと、それなりに苦労と怖さも味わいつつのサイクリングとなりました。
 途中、お昼に甲州名物「ほうとう」を食べた時間も入れて約2時間半、いい運動になりました。
 いつも車で通り過ぎるだけの湖畔も、自転車で巡ってみると新たな発見もあり、楽しかったです。

 湖を渡ってくる風が涼しく、東京からちょっと来ただけなのにやっぱり避暑地なんだなあと思いました。…てか、そうでなければ真夏にサイクリングなんて、しません(笑)。

 夏休み・その2は今週末の予定です♪

2009年8月13日 (木)

海賊再読。

 ババ抜きじゃないんだけど、最後にそれを引いたら負け、みたいなゲームを娘と母と私と3人でやっていて。
「要は負けなきゃいいのよ。そうすれば勝てる」
 …なんか、海賊ヨウメイみたいな言い草だな、と自分で思いました(^^ゞ

 最近は「敵は海賊」シリーズの再読週間となっていて、さすがに「猫達の響宴」は読みすぎているので飛ばし、それ以外を出版年順に立て続けに読み倒してきたせいで、だいぶ頭の中が浸食されているようです。
 明日からは、ようやく最新刊の「敵は海賊・正義の眼」に取りかかります。
 これ実は、10年ぶりのシリーズ新刊だー、と期待した割にはあまりドタバタしてなくてちょっと残念だったんですよね。再読で何か新たな発見があるといいなあ。

2009年8月11日 (火)

地震びっくりした

 日曜の夜と今朝、東京も久々に揺れましたねー。
 今朝はニュースを見たら震度6弱ということで、ビックリ。
 雨も降っているので被害が心配です…。

 2、3年前に地震をきっかけに出会い、その後日参しているブログがあります。
 管理人さんは3人のお子様を育てながら、仕事やその他諸々大変忙しくされている方ですが、地震関係の記事以外にも、目からウロコのお話がたくさんあって、いろいろと助けられております。

 イオンの不思議生活new

 イオンさん、いつもありがとう♪

2009年8月 3日 (月)

うーん。

 小躍りして喜んだ「敵は海賊・短編版」ですが、どうも既出の短編を集めただけみたいだなあ。

〈作家デビュー30周年記念出版第2弾敵は海賊シリーズ初の短篇集〉海賊版ではない本家「敵は海賊」、伝説の女海賊を描く「わが名はジュティ、文句あるか」、雪風との競演「被書空間」まで4篇を収録

 ここに出ている3つのタイトルはどれも、他の短編集や雪風の解析マニュアル本で読んだ事があるなあ。残りの1つは何だろう?書き下ろしだと嬉しいんだけど…。スケジュール的にそれは無理な気もする。ちょろっと書き溜めた小話とか、ないんですか〜、先生!
 もう、「敵は海賊」シリーズに関しては、渇望しすぎて敢えて忘れている位なので、中途半端にその渇きを思い出すと辛いっす;
 

2009年8月 1日 (土)

アキバのウィーン風カフェ

 神林先生のサイン会の後は、かねてから気になっていた、「灯台下暗し、アキバのウィーン風カフェ」に行きました♪

CAFE BRAUNER(カフェ ブラウナー)

 地下鉄やJRの駅と同じ建物にあるんですが、行った事なかったです。てか、その上にユニクロ入ってるのも知らなかったわ;最近はアキバというと、買物も食べるのもヨドバシで済んでしまっているので、他の建物に行かないんですよね。

 青山などのオシャレな街とは違いますから、あまり期待はしていなかったのですが、いやいや、結構良かったです。注文したのは「本日のスープセット 880円」。

090801_002

 スープはもちろんグラーシュ、結構量があり、牛肉、野菜、豆がゴロゴロ入っていて具沢山。パンが3種類もついてきて(クルミパン、胡麻パン、ブリオッシュ)、ボリューム満点です。サラダかデザートのどちらかが選べて(私はサラダにした)、飲物はコーヒーか紅茶ですが、ホットコーヒーならおかわり自由。
 これで880円なら、安くはないけどまあ、気軽に行けるじゃないですか。
 味も普通に美味しかったです。ウィーンで食べたグラーシュの味はもう忘れてしまったので、本場の味に近いのかどうかは判断つきませんが…(でもウィーンのは豆は入ってなかった気がするな。ま、何入れてもいいんでしょうけど^^;)。
 今日は食べませんでしたが、ザッハトルテもメランジェもあるので、次回はそっちを試そうっと♪
 内装も落ち着いていますし、きちんとした格好の店員さんが、エリザのカフェシーンのルキーニみたいにてきぱきと働いていました^^

 今日は私の「大好き」の両極、神林長平とウィーンを堪能出来て幸せでした♪

 

サイン会&敵は海賊短編版!?

 行ってきました、アキバの本屋。
 やー、神林ファンって、どんな人達が来るのかなーと思いましたが、やはり男性が中心、でも思ったより女性も多くて嬉しかったな。女性2人とかで来ている人もいましたね〜。女性で神林ファンでお友達同士なんて羨ましい!年齢層は30〜40代を中心に、もっと若い人も、年配の人もいた感じ。
 イベント専用のフロア、衝立ての手前に整理番号順の列が出来てました。1人ずつ、衝立ての向こう側に進んでサインをしてもらうようです。みんな「アンブロークンアロー」の本を小脇に抱えて、静かに待ってました。順番が近づくと、うーん、やっぱり緊張するなあ(^^ゞ
 サインと一緒に書いてもらう自分の名前を、あらかじめメモに書いて本と一緒に渡すのですが、私の名前を見た神林先生はひと言「…画数が多い…(苦笑)^^;」
 す、すすすみませんっ!
 しかもきっと、先生といえどもあまりお目にかかった事の無いであろう、レアな漢字なので、書くのにちょっと悩ませてしまいました。
 せっかくの機会なので、直接感想をお伝えしたく、でも名前とサインを書いて下さっている間は声かけちゃ悪いかなー、と思ったので、書き終わったタイミングですかさず、「あの、読むの大変だったんですけど、ラストがすごく良かったです」と言ったら、「ホントですか、ありがとうございます。カッコ良かったですか!?」と嬉しそうでした♪ 当たり前かもしれないけど、書いたものを褒められたら嬉しいんですね、先生ほどの作家さんでも。
 はい〜、それはもう、痺れましたよ。…って言えれば良かったんですけど、まさかそんなに嬉しそうに聞き返されるとは思ってもいなかったのと、あまり喋っちゃ次の人に悪いよね、と変に気を回しまして、オウム返しに「はい、カッコ良かったです、ありがとうございます」と頷きながら後ずさるように退場(^^;

 いやでも、感想を伝えられて良かった、喜んでいただけたみたいで良かった♪私は結構本番に弱くて、こういう時にちゃんと何かを言えない事の方が多いので、すごい達成感です(笑)。

 ところでこのサイン会は、「神林長平デビュー30周年記念イベント第1弾」だったんですよね。ってことは、第2弾、第3弾があるんでしょうか、早川書房さん!…と思っていたら、早速メールマガジンで情報が。

 …8月には《戦闘妖精・雪風》とならぶ人気シリーズ《敵は海賊》初の短篇集『敵は海賊・短篇版』が刊行され、SFマガジン10月号ではインタビュウ、ブックガイドなどからなる記念特集が組まれる予定です(8月25日発売)。

 きゃあきゃあ、海賊だ!海賊だーー!!
 この夏はやっぱり読書です、海賊ですっ!!!
 そうだよー、雪風ばっかりじゃなくて、海賊もたまにはお願いします♪

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »