2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月の12件の記事

2009年9月27日 (日)

よく考えたらハード。

 今日は運動会でした。
 明日は代休なので合わせて私も休みを取り、舞浜方面へ遊びに行く予定です。
 が、運動会の翌日に舞浜って、改めて考えてみたらすごいハードスケジュール…。すでに筋肉痛の予感がする脚にバンテリンを塗りながら、明日の体力を心配しております;

 あと、ジェーン・エアの感想を書きたいと思ってはいるのですが、気がつくと他のことをしている自分がいます。やらなきゃいけないこともあるのは事実ですが、そうでなくても本読んでたり、ゲームしてたり。今日ももう寝ないと明日が…って感じなので、また先延ばしです〜。
 

2009年9月25日 (金)

久々の当選

1月の蜘蛛女、チケット取れましたー。
しかも結構良席。嬉しい♪

 レミのチケットは外れまくり、今更行きたい日にちは取れなくて諦めムードでしたので、久々のヒット感ですhappy02

2009年9月23日 (水)

育児中。

20090923007 セキセイインコの雛がやって来ました。
 どーしてもペットが欲しいという娘の希望を、叶えた形です。とはいえ、最初は犬だ、猫だ、フェレットだ、と言っていたのを、何とか難易度と価格を落としてもらって落ち着いたのが、セキセイインコ。
 私も昔は長く飼っていた事があるのでわかるし、雛を育てて手乗りにすると、結構愛着が湧くんですよね。
 生まれてからもう1ヶ月位経っていますが、1日に3〜4回、粟玉をふやかしたのをスプーンであげます。何だか、赤ちゃんに離乳食を与えているみたい。
 子どもが飼いたいと言って始めたペットの世話が、結局お母さんに回ってくるのって、やっぱり育児経験があるからでしょうかね。子どもがちょっと飽きたり、面倒そうにしていると、ついつい体が動いちゃうんですよね。

 とはいえ、訳あっていつまでも自宅には置いておけないのです。今はヒナ用の四角い箱にいますが、もう少し育って鳥かごに移す時には、近所の実家に置いてもらう予定です。 
 という訳で、しばしの同居ですが、頑張って世話してね>娘。

2009年9月19日 (土)

観劇関連の近況。

 明日は、日生劇場に「ジェーン・エア」を観に行く予定です。
 原作は大昔に読みましたが、今回特に復習は無しで。
 …てか、ここしばらくブッダ関連のものを読んでいるせいで、頭の中が紀元前5世紀くらいのインドなんですよね。ちょっと、近代のイギリスとは隔たりがありすぎて…(^^ゞ
 まあ、久々の松たかこ嬢と橋本さとし氏を楽しみに行って参ります。

 ここへきて、レミのチケット未取得、というのが由々しき事態なのですが…
 行ける時にチケット取れれば、なんて行き当たりばったり的に考えていましたが、いざキャスト表を改めて見直すと、「やっぱりこの日に行きたいー!」という欲が出てきちゃうんですよね。
 さてさて、ちょっとだけあがいてみますか。

 実は「屋根の上のヴァイオリン弾き」もちょっと行きたいんですが。

 あと、来年2月の「蜘蛛女のキス」先行抽選に申し込みました。
 浦井君も久しく見てないし、去年のFCイベントで歌ってたナンバーがとてもカッコ良くて、ああ、観に行けば良かったな蜘蛛女、とか思ったんですよね。
 来年2月かあ…。年度末の嫌〜な時期ですが、気分転換になるといいな。

 帝劇系は、あまり心惹かれる舞台が無くてねえ。
 「シェルブールの雨傘」は井上君が出ることだけが気になりますが、甘く切ないラブロマンス、っていうのがダメだ。どーにもダメだ。きっと「ルドルフ」の二の舞だ(苦笑)。
 ストーリーを見ても、井上君が「フランス版・ミスサイゴンのクリス」みたいになるのかな、と思ったらやっぱりダメ。チラシで井上君の美青年っぷりを愛でておく位がちょうどいいのかもしれない(笑)。
 新作「パイレート・クィーン」ってどうなんだろ。
 16世紀アイルランド…海賊…強いヒロイン……。
 キャストは豪華ですね。
 アイリッシュな音楽やダンスも、ちょっと興味ある。
 でも、まだチケット取るとこまで気持ちが盛り上がってないんだなー。

 来年はレベッカが帝劇で再演なんですよね。
 あれ、クリエだと凄い贅沢感だったんだけど、帝劇の広さだとどうなんだろ。どうせやるなら、帝劇サイズならではのダイナミックな演出をしてほしいなあ。ウィーン版で吹き荒れてた風、とかね。

 来年秋には、またクリエでRENTがあるみたい。
 これは単純に楽しみ♪

2009年9月15日 (火)

羊が1匹…

 何か最近あまり眠れないので、こんなテンプレートにしてみた。
 ついつい夜更かししちゃうのと、いざ寝ようとすると妙に暑苦しくなったりして眠れないのと、両方。

 「聖☆おにいさん」では夜眠れないイエスが、羊の数を数えて眠ろうとするんだけど、うっかり「迷える子羊」をカウントし始めちゃったので大変な事になってたな。世界に溢れる子羊達、一晩じゃカウント出来ないからw

 読み始めた副読本は、ブッダ関連が意外に面白いです。
 宗教というよりは1つの思想を極めたという感じですね、ブッダという人は。石を磨いて玉にするように、混沌から純粋で普遍的な事を取り出して説いている気がする。だからある時は難解で、ある時はいたってシンプル。
 あ、こんなこと書いてるとまた眠れなくなっちゃう…。

2009年9月14日 (月)

早速お取り寄せ。

20090914006

「聖☆おにいさん」副読本。
いや、絶対こっちの方がメインディッシュだって(笑)。

こういう興味をかきたてるというのも、ある意味スゴイと思うんだな
>聖☆おにいさん

それにしても、書籍に関しては煩悩のタガが外れてるよ、私。

2009年9月10日 (木)

聖☆おにいさん

Saint 聖☆おにいさん1〜3 中村 光
(「聖」はセイントと読むw)
 講談社 モーニングKC

 や、これ面白くって♪
 世紀末を無事に越えた2人の聖人・ブッダとイエスがお忍びで下界にバカンスに来た、という設定で、東京・立川の安アパートを2人でシェアしながら暮らしているという「ブッダとイエスのゆるゆるコメディ」。
 大家さんにニート疑惑をかけられながらも、2人で26万の生活費をやりくりしながら、テーマパークやアキバに行ってみたり、クリスマスや新年を祝ったりと下界ライフを楽しむ2人。
 所々に仏教やキリスト教の真面目な知識を元にした小ネタが散りばめられているのだけど、これが妙に笑えるw 読んでてニヤニヤしてしまうので、外で読むときは要注意です。
 元ネタを知らなくてよくわからない事もたまにあるので、手塚治虫の「ブッダ」とか聖書の解説本を読み直してみたくなってます。
 ブッダとイエスという、メジャーな宗教の祖をダイレクトに扱っていながら、宗教モノが陥りそうな胡散臭さとか説教臭さが無い。むしろコメディだから、本当の信者さんが見たら怒るんじゃないの?という心配の方があるような気がしますが、そういうヤバさもあまり感じないのですよね。その絶妙なバランスが奇跡的かも。
 単行本はもうすぐ4巻が出るようなので、その前に「ブッダ」を再読したいと思う、今日この頃です。

2009年9月 8日 (火)

唐突ですがメタルマクベス

いや…夕刊の見出し「レアメタル戦略」という言葉に触発されちゃって…(^^ゞ

このナンバーはやっぱカッコいいな。
レスポールJr.の森山くんは、今見ると何かカワイイですね。
冠君の「炎の報告」も見たいわ♪

※「レアメタル」って、ホントはいろいろな産業(最近ではハイブリッド車など)に使われる「レア」な「メタル」=金属資源の事で、産出国が限られているため、トヨタなど日本企業はレアメタルを確保しようといろいろ策を練っているんだよ、という事です。
メタルマクベスとは何の関係もありません(^^ゞ

2009年9月 6日 (日)

ゆるゆる復活

 どうもお腹の風邪っぽかったようで、熱が引いた後に結構キツい腹痛に見舞われ、昨日1日ゲッソリしてました。ホント、お腹やられると「ゲッソリ」するよねー。
 ビオフェルミンを山盛り飲んだり、納豆食べたり、善さそうな菌類を腸内に送り込んだつもりなので、今日はお腹痛くありません。このまま良くなってくれるといいなあ。

 先ほどちょっと買物に近所へ出たら、コインパーキングの所で外国人のカップルに呼び止められ、駐車の仕方とか聞かれました。私は車の運転はしないので、パーキングの使い方は全然知らないのですが、書いてある日本語の説明は読めるので、ちょっとドギマギしながら教えてあげました。
 カップルのお兄さんの方は、日本語の会話は大分達者だったので、私は書いてある事を普通に日本語で伝えてあげればOKでした。きっと読むのがダメな人だったんでしょう。私の英語とは逆だわ。

 さて今日は、神林長平デビュー30周年記念イベントの第二弾として、「神林長平+新世代作家トークショー」がどこかで開催されている模様です。
 新世代作家さんという方々を知らないし、元々今日辺りは忙しいはずだったので、行く予定はありませんでした。まさか体調崩してるとは思いませんでしたが^^;

 ハプスブルク&ミュージカル関連のお友達からは、昨日の「世界ふしぎ発見」でハンガリーをやることや、「日本オーストリア交流年2009」の切手が発行される事なんかを教えていただいて、そっち方面では結構ほくほくな週末でありました。

 ぼちぼち復活して、もうひと山越えないといけないなー。
 よっこらせ、っと。(重い腰を上げる^^;)

2009年9月 3日 (木)

とりあえず復活

 昨日は熱っぽかったので、仕事を休んで1日寝てました。
 インフルかー?と身構えましたが、熱は37.5度あたりをウロウロしていてそれ以上上がりませんでしたので、多分違うと思います。
 今朝は一応平熱に戻ったっぽいので、様子見ながら仕事しようと思います。
 しかし、インフルのおかげで、ちょっとした熱でも休まなきゃ、という風潮になっているのがありがたい。おかげで大分ゆっくりと眠れましたわ(笑)

2009年9月 1日 (火)

8月の読書総括

読書メーターの機能を使って、とりあえずやってみた。
熱っぽいのに何やってんだ、って感じですが、子どもの宿題につきあってるのでまだ寝れないのだ〜^^;

8月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:2205ページ

チェーザレ 7―破壊の創造者 (KCデラックス)チェーザレ 7―破壊の創造者 (KCデラックス)
相変わらず絵がキレイ&凄かった♪でも話そのものは進んでないのがちょい不満。まあ、歴史や時代背景の説明もありがたいので何とも言えないが。毎度思うけど、このペースで行ったら完結までどれだけかかるのか…。
読了日:08月26日 著者:惣領 冬実
猶予(いざよい)の月〈上〉 (ハヤカワ文庫JA)猶予(いざよい)の月〈上〉 (ハヤカワ文庫JA)
読了日:08月23日 著者:神林 長平
敵は海賊・正義の眼 (ハヤカワ文庫JA)敵は海賊・正義の眼 (ハヤカワ文庫JA)
この残念感は、いつもヨウメイと海賊課が結果的にタッグを組んで立ち向かう事になる「正体不明の脅威=敵」が、そんなに強敵に思えないせいかな。今回の敵は「観念」ってことになるのだろうけど、最初からヨウメイに押さえ込まれてるようにも感じるし。
読了日:08月18日 著者:神林 長平
敵は海賊・A級の敵 (ハヤカワ文庫JA)敵は海賊・A級の敵 (ハヤカワ文庫JA)
セレスタンとラクエシュといい、ラジェンドラとカーリーといい、妙に楽しそうなんだが。いや、皆必死なのはわかるけど。その結果が「楽しそう」というのが面白い。
読了日:08月13日 著者:神林 長平
敵は海賊・海賊課の一日 (ハヤカワ文庫JA)敵は海賊・海賊課の一日 (ハヤカワ文庫JA)
再読。ほんわかした雰囲気だがアプロの不可解さは全くもってシリアス。
読了日:08月11日 著者:神林 長平
敵は海賊・不敵な休暇 (ハヤカワ文庫JA)敵は海賊・不敵な休暇 (ハヤカワ文庫JA)
再読しすぎてついに本が壊れてしまった。今回気の毒なのはラテルかな(笑)
読了日:08月09日 著者:神林 長平
敵は海賊・海賊たちの憂鬱 (ハヤカワ文庫JA)敵は海賊・海賊たちの憂鬱 (ハヤカワ文庫JA)
再々々…?読。登場人物達の会話、物語のテンポ、クライマックスへ向かう緊張感、全てが心地よい。チェンラが気の毒(笑)
読了日:08月03日 著者:神林 長平

読書メーター

上手くいくかな・・・

ココログの記事を、そのままtwitterへ反映させる方法。
今ここには、twitterのつぶやきが表示されるけど、その逆もやりたい訳だ。
テスト、テスト♪

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »