2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月の8件の記事

2009年10月28日 (水)

インコLOVE♪

20090923007

ウチに来た時はこんなだった子も…

20091027010001

成長してこんなになりました。
もうとっくに1人で餌も食べますし、カゴから出せば思いっきり飛びます。
人間で言ったら、入学前の幼児、って感じかな。
性別は、多分オス。
実家に連れて行くとか言ってたけど、なんとかこのまま飼えそうです。

20091027009

 甘えん坊で、これは「頭なでて?」と言っている(多分)。
 なかなか写真に撮れないのですが、頭とか、顎?を猫の喉をゴロゴロする要領で撫でてやってると、目をつぶって気持ちよさそうにするのが超〜カワイイんです♪カゴの格子ごしに頭を寄せてきて、「撫でてちょうだい」とおねだりされることも。
 
 インコの飼い方の本によると、インコというのは仲間と「一緒にいる」事を喜ぶんだそうで。
 野生のインコは群れで暮らしているけれど、群れの中でのリーダーとか、順位とかは無くて、みんな対等なんだって。
 だから人間とも、犬のように主従の関係になるのではなく、「一緒にいる仲間」として認識するんだそうです。
 カゴから出すと、最初はタンスの上とか飛んで行くけど、その内人間の頭とか肩に戻ってくるので、基本的に1羽でいるのは落ち着かないのかも。カゴに人が近づくと「外に出して〜」とアピールするのも、逃げたいというより、単に近くで一緒にいたい、ってことなのかもしれない。

 うーん、かわいいぞ。
 手放しで溺愛できる対象というのも、考えてみればなかなかいないよね。
 最近のハードな生活の中、間違いなくオアシスになってます。
 (たまに間違えて娘の名前で呼びかけちゃったりするけど(^^ゞ)
 

着メロの話

 携帯の某ミュージカルナンバー着メロサイトを久々に見たら、リクエスト投票で「明日への階段(Rudolf)」が出ていたので「おお!」と思って1票を投じてきました。今の所投票数トップでしたから、ようやく着メロになってくれるのかもしれません。長い事「着うた」にしかなってなかったから、もう諦めてたんですけどね。(どうも着うたは…携帯が歌うのって何かダメ)

 とはいえ、着メロになったからと言って、実際に使うかどうかわからないですが。ミュージカルナンバーはドラマティックなメロディーが多いので、突然そんなんが鳴ると自分がビックリしちゃったりして(笑)。
 コレクション的な動機で、とりあえずダウンロードして満足している部分が大きいです。実際に使うのは、オルゴールアレンジされてる大人しめの曲か、「RENT」ナンバーみたいな、あまり王道のミュージカルっぽくない曲だったりします。
 ちなみに今は「RENT」の「Seasons of Love」。冒頭のサイトとは別の所でDLしたものですが、あのピアノの前奏がきっちり入っているのが気に入ってます。
 あと、レミの「Drink with me」とかMAの「流れ星のかなた」、オペラ座の怪人「マスカレード」などは使いやすいかな(いずれもオルゴールバージョン)。
 エリザナンバーは、あまりにも聞きすぎてるせいで、音楽から条件反射で再生される舞台の情景や気分が生々しすぎて、日常生活に割り込んでくる音としては不向きです(笑)。もちろんコレクションはしてますけど。
 あ、あと今の時期だと、ディズニーの「ハロウィンタウン」はよく使いますね、ミュージカルじゃないけど;

 「明日への階段」はかなりドラマティックなので、着メロとして実際には使わないと思いますが、曲そのものは時々聞きたくなるんだよね。(舞台もそれほどツボではなかったのに、何故かこの曲だけは好き)
 折れそうな心を奮い立たせたい時。
 いいんだ、青臭くても、とりあえず気持ちが盛り上がれば。…って時ね(笑)

 進め〜明日へ〜♪
 昇れ〜階段〜♪
 
 …ということで、明日はまた、頑張らねば!

2009年10月25日 (日)

そろそろ更新しないと

 木が枯れちゃう。(gremzの木です。サイドバーの)
 やらなきゃいけないことがいろいろあるのに、やる気が起きないというのは困ったものです。
 やる気が起きないのにはまあ、それなりの理由があるんですけどね(^^ゞ
 淡々と、「目の前の事をお片づけモード」になるしかないな、こりゃ。

 インフルエンザがいよいよ、近くに迫ってきました。
 クラスの子達がバタバタとやられています。休み明けの明日、どうなってるかなあ。
 ウチの娘は、ちょっと前に風邪気味になって以来、咳は続いているんだけど、それ以外の症状はでていません。私もたまに喉が痛い…?かな?という時がありますが、それ以上には今の所、進んでいません。
 前にも書いたけど、ウチは親子とも、インフルエンザにかかったことがありません。予防注射も、毎年「どうしようかな…」と考えつつも、ちょうど仕事の繁忙期にあたる事もあり、ぐずぐずしている内にいつの間にかシーズンが終わってしまうので、受けたことがありません。
 たまたま運が良かったのか、何かしらインフルエンザに強い体質なのかはわかりませんが、うーん、今年はどうなることやら。

2009年10月19日 (月)

覚え書き

・10月25日頃に発売のSFマガジンには、9月に行われた神林長平氏のトークショーの模様が掲載されるらしい。
・11月10日頃には、「神林長平トリビュート」という本が出るらしい。
…とりあえず、忘れないように。
・2010年の星ダイアリー(※)が発売になっている。
 (石井ゆかりにするか、鏡リュウジにするか…)

まとめてAmazonで入手する事になりそうだわ。

明日は娘の持久走大会でお弁当。
これも、忘れないように(^^;

(※)西洋占星術の観点から、1年の星や月の動きがわかるようになってるダイアリー。星占いは昔、自分でホロスコープ作るくらいまではやったことあるのよね。信じる/信じないというより、その理論が好き、みたいな所があります。

2009年10月16日 (金)

木が枯れるから

特に書く事はないんだけど、アップ。

地下鉄に乗っていた時の話。
ドラマ「不毛地帯」の車内広告を「ふけちたい」と読んでいた娘。
さらにそれはアデ○ンスやリー○21の宣伝だと思ったらしい。

「違うよー、不毛って言うのは、草木も生えない=むなしい、みたいな事だよ〜!」
「えー、そうなんだー、でもホントにそういう広告だと思ったんだよー、あはははは」
…と大笑いしながらエレベーターに乗り込んだのはいいけど、同乗していたおじさんの頭を見てとっさに話題を変え……でも、笑いの余韻はなかなか消えず。

改札階に着くまで、エレベーター内はちょっとした危険地帯でした。
変な雰囲気を感じていたら、ごめんなさい>同乗したおじさま
(こういうのって、下手に気付かない方がいいよねー)

2009年10月 8日 (木)

こんな時にはやっぱり

 ちょっとしたリラックスタイムが欲しい時にはやっぱり、このアルバムを選んでしまう私です。
 井上君の透き通った、それでいて力のある歌声。
 クラシックもポピュラーもゆったり目なアレンジが心地よくて、あー、癒される♪
 その時によってお気に入りの曲は変わるけど、今は1曲目の「Lacrimosa」がいいですね。…モーツァルトの原曲はちゃんと聞いた事ないんですけど(^^ゞ

SOTTO VOCE/ソット・ヴォーチェ
井上芳雄
ビクターエンタテインメント (2002-10-02)
売り上げランキング: 91289


 あ、ちょっとまた「明日への階段」も聴きたくなってきた…。

2009年10月 7日 (水)

レミ開幕なのに

 ああそれなのに、予想はしていたもののやっぱりそれどころじゃない自分が悲しいわcrying
 PTAとかPTAとか、PTAとか!?
 行事が立て続けなこの季節、加えて今年は周年というビッグイベントを控え、正直、本業より忙しくて大変です。(本業は、不景気の影響もあってか若干ヒマっぽい;)

 やりたくないという気持ちを引きずりつつも、気がつくと着々と段取りを考えている自分がいるんだよね…何なんだろ、これは。
 こういうのは…何というか…そういう時期なんだよね、今が。

 まあでも、私だけが大変な訳じゃないし。それを肝に銘じつつ、

 「どうせやるなら皆で楽しまなくっちゃ!」

 …ということです。いいかげん、腹をくくろう。
 嫌々やることほど、不毛な事はないからね。
 
 はあ、レミは…レミは…また次があるさーー!
 (名古屋行ったしね。行っといてよかった♪)

2009年10月 2日 (金)

9月の読書総括

 神林月間はひとまず終わり、「聖☆おにいさん」をきっかけにいきなり宗教月間に突入した9月でした。今まであまりちゃんと読んだ事のなかった、仏教系のものを読めたのが良かったです。

9月の読書メーター
読んだ本の数:9冊
読んだページ数:1637ページ

ブッダの人と思想 (NHKブックス)ブッダの人と思想 (NHKブックス)
何章かに分かれてるけど、どの章も結局は同じ事が書いてあるような印象。ブッダの思想が究極的にはシンプルという事か、単に私の頭の中で整理されてないだけか。後でもう一度読んでみたい。
読了日:09月30日 著者:中村 元,田辺 祥二,大村 次郷
自由訳 般若心経 (朝日文庫)自由訳 般若心経 (朝日文庫)
昔は「色即是空」って刹那的な、空しい響きだと感じていたかも。でもだからこそ「今」が大事だという本質に、若い頃は気付きませんでした。仏教ってやっぱりすごいな。
読了日:09月21日 著者:新井 満
図説 地図とあらすじでわかる!聖書 (青春新書INTELLIGENCE)図説 地図とあらすじでわかる!聖書 (青春新書INTELLIGENCE)
個人的にはちょっと物足りないけど、何かわからない事があった時に、辞典的に使えるかも。
読了日:09月15日 著者:
聖☆おにいさん 3 (モーニングKC)聖☆おにいさん 3 (モーニングKC)
ウリエル最高w 梵天さんにも頑張ってほしい。
読了日:09月15日 著者:中村 光
敵は海賊・短篇版 (ハヤカワ文庫JA)敵は海賊・短篇版 (ハヤカワ文庫JA)
書き下ろしがあって嬉しかった。でもやっぱり雪風との共演「被書空間」が面白いな。
読了日:09月13日 著者:神林 長平
ブッダ全12巻漫画文庫ブッダ全12巻漫画文庫
何年ぶりかの再読。以前に読んだときよりも、実感と納得を感じた気がする。少しは精進できたのかな?(笑)
読了日:09月12日 著者:手塚 治虫
聖☆おにいさん (2) (モーニングKC)聖☆おにいさん (2) (モーニングKC)
やっぱおもしろいわ、これ。シュワッキマセッリー、って確かに、耳で聴くだけだと日本語とは思えないんだよねー(笑)。
読了日:09月10日 著者:中村 光
聖☆おにいさん 1 (モーニングKC)聖☆おにいさん 1 (モーニングKC)
おもしろいね、これ。キリスト教や仏教の知識があると、小ネタにいちいち笑える。聖人の方々にはホントに、あんな風に普通に街の中にいてほしい気がする。
読了日:09月09日 著者:中村 光
猶予(いざよい)の月〈下〉 (ハヤカワ文庫JA)猶予(いざよい)の月〈下〉 (ハヤカワ文庫JA)
読了日:09月09日 著者:神林 長平

読書メーター

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »