2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 宝塚BOYS | トップページ | ウィーン旅行記・index »

2010年9月 4日 (土)

エリザベート 8/26ソワレ

2010eliz 感想アップするの忘れてました、2010東宝エリザベート。
 帝劇に来たのも久々で、何と2008年12月のエリザ以来。そういえば去年は観劇そのものが少なかったし、レミは名古屋、エリザは宝塚で見てたのでした。
 その宝塚で大変に男前な、カッコいいトート閣下を演じていた瀬奈じゅんさんのシシィと、井上君の後輩だから歌については全く心配ないであろう、田代・新ルドルフを見て参りましたv
 トートはとりあえず山口さんで。やー、一時期ほど頻繁には劇場通いが出来なくなると、何というか選択が保守的になりますね(^^ゞ いきなり新トートを試す気になれない。不景気だととりあえず定番のものが売れる、ってわかる気がします(笑)。

 山口さんの帝王トート(前回までは武田トートを「妖精トート」山口さんを「帝王トート」と区別してましたw)は、さすがの安心感。少しスリムになられたのか、お顔がスッキリ、動きも私の記憶より身軽になっていたような。新トートが2人も加わったから、負けてられるかと頑張ったのかな(笑)。
 最後通告シーンでシシィに拒絶された時の「羽ペン投げ」も健在でした。好きなんだ、あれw
 帝王トートの魅力は何と言っても揺るがぬ存在感。体の大きさも、歌声の完璧さも。
 期待を裏切らない帝王っぷりでした。

 瀬奈シシィは、うん、今の所可もなく不可もなく?(偉そうでゴメン)
 いや、この前まで宝塚の男役だった人が、シシィのナンバーをちゃんと歌えてるというだけでも、すごい事だよね、きっと。瀬奈さんはヅカでもシシィの経験があるけど…それでも。
 少女時代や、うんと高い音の時はやっぱりちょっと硬いかな?という気がしましたが、総じて演技面でも歌でも、違和感無く見る事が出来たのは、瀬奈さんがヅカ時代にシシィもトートもルキーニもやった経験があるからかなーと思いました。予想以上に馴染んでる感じ。

 そしてルドルフ。最初の棺からの登場シーンはまずルドルフチェックというのが私の定石ですが、歌はやっぱり上手かった。「ミルク」では、帽子を深くかぶった民衆の一人で出てきますが、背格好とかダンスの感じも悪くなく、期待値が上がりましたね〜^^
 そしていよいよの2幕。切羽詰まったいっぱいいっぱいな感じが、余裕の帝王トートとのコントラストを生み、「闇広」が良かったです。客席の拍手も「闇広」が一番大きかったんじゃ?という位でした。
 独立運動やマイヤリンクのダンスは、やっぱり浦井君の方が手足の先までキレイだなーと思いましたが、経験値が違いますから比べちゃ酷というもの。今後に期待しましょう。何より歌が上手いので、ダンスや演技が深まれば、どんどん良くなっていくのではないかと思います。

 あとはやっぱりフランツ!禅さんフランツ!!
 若い時のあの若さは正にミラクル!声はもちろんのこと、あのすっきりしたフェイスラインはどうやって作るのかしら?
 年を取ると、その肩にずっしりと年月と帝国運営の重みが加わっていくのですが、シシィに対する情熱は冷めないのねー。「夜のボート」では静かで深い愛情を、続く「悪夢」では殆ど錯乱状態かという激しさを見せてくれました。その錯乱フランツを、冷ややかに見下ろす帝王トートがまた、いいんですよねv

 あ、あとそうだ、子ルドルフ、上手かったなあ。
 ♪昨日も〜猫を殺した〜 のところ、今まで見たのは「無理して強く見せてる」感じで勇ましい口調で歌ってたと思うんだけど、今回の子ルドは「猫を殺した…(殺しちゃったんだよ…)」て感じでちょっと落ち込んでた風味。あのたったワンフレーズで、あの表現力はすごいと思いました。で、たったそれだけの事で印象って随分変わるなーと。
 もしかしたら、今回のエリザで私的には一番新鮮なシーンだったかもしれない。

 …とりあえずこんなところ。
 基本的には予想の範囲内で、定番のツボを押してもらったわぁ、という感じでしたので、次回はちょっと冒険して石丸トートに挑戦してきますw 

« 宝塚BOYS | トップページ | ウィーン旅行記・index »

エリザベート」カテゴリの記事

観劇/鑑賞記」カテゴリの記事

コメント

はじめまして!
宝塚歌劇とエリザが大好きな茨城県の女子高生です。
しばらくブログの更新がないな~と思ってたら更新されてて安心しました。
東宝エリザ、観にいかれたそうですね

ああ、あさこさん(瀬奈じゅんさん)のシシイを観たい・・・・・・。
実は私が宝塚とエリザにハマったきっかけは、去年の月組公演「エリザベート」をyoutubeで観たことです。
も~瀬奈トート閣下はカッコよすぎて、歌がうまくて、色気があってとってもいいです!
あさこさんがシシイをやると聞いた時「ええっ!?やるの!あの瀬奈トート閣下が・・・・・複雑だなあ・・・」と思い悩んだのですが、ネット上でいろんな感想を見て、8月頃にようやく「観たいな」と思えるようになりました。

長々と書いてスイマセン(m--m)
暑い日が続きますがお体に気をつけてお過ごしください。
以上、茨城のブラックトントンでした!

ブラックトントンさん、はじめまして!
コメントありがとうございます^^
去年の月組の瀬奈トート閣下は、本当にカッコ良かったですよね!
最初から最後まで、あんなにトートから目が離せなかったのも珍しい経験でした。
そんな瀬奈さんのシシィ、歌も演技もまだまだ良くなると思います。
少女時代よりも年を重ねていくごとに、芯の強さ(男前な感じ?)が出てきて、瀬奈さんの良さが生かされているように思いました。

機会があったら東宝エリザベートもご覧になって下さいね、
台詞や演出が違ったりするので面白いと思います♪
それでは、まだまだ厳しい残暑が続きますが、
ブラックトントンさんも頑張って下さい^^

おひさしぶりです!
またエリザの季節がやってきましたね♪

結局今期も3トート全部観る予定になりましたcoldsweats01
異次元の空気がもう少し濃い目で欲しい今期のエリザかな、という感じで一人目制覇してきました。
次回は浦井君のルドルフも見ることができる予定です。


ghさん、お久しぶりです〜♪
今、ghさんのブログにもコメントして来た所です^^
私はあと城田トートを増やそうかどうか考えてる所…やっぱり制覇しないとダメかな?
トート閣下には、それぞれのキャラなりの、異界を背負っていて欲しいですね。

浦井ルドルフは…もう今期は無いと思っていたんですけど、まさかの続投でした(笑)。
彼のルドルフは前回でかなり完成してたと思うのですが、シシィや閣下が変わればまた違うかなー、と思っております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94330/49338759

この記事へのトラックバック一覧です: エリザベート 8/26ソワレ:

« 宝塚BOYS | トップページ | ウィーン旅行記・index »