2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« カエサル | トップページ | 10月の読書総括 »

2010年10月24日 (日)

エリザベート 10/23ソワレ(ちょっとだけ追記)

Img_0488 2004年から見続けて来た浦井ルドルフも、今度こそ見納めだろう、ということで、ルドルフばかりガン見して来ました(笑)。さすが、納得の出来。長い時間をかけて丁寧に作り込んできたものが、ちゃんと身に付いてる、実になってる、と思いました。
 初・石丸トートは…あの朗々とした歌声から、カルメンの「闘牛士の歌」を思い出してしまい、以降頭の中でエンドレスなんですがどうしましょう?いっそそういう路線でいきませんか、トートは何でもアリ、ですから私の中では。ボレロ調の「私が踊る時」が一番しっくりきてたような気がするのも、あのバズーカながらも品のある声だからだと思います。
 また後日、加筆訂正などします。とりあえず今日はここまで。

(11/11 追記)
 続きを書かなきゃー、と思っているうちに月が変わり、レミコンなど行ってたら、すっかり記憶が上書きされてしまいました…ごめんなさい_| ̄|○
 
 石丸トートには今ひとつ惹かれず、また浅海シシィの中〜低音でどうしても感覚的に合わない所があって、主役2人に酔えない、公演全体としてはちょっと残念なものになってしまいました。
(お好きな方はごめんなさい)
 でもいいんだ。
 浦井ルドルフを見納めできたから。
 この一点に尽きます、今回は。

 元々エリザはルドルフ目当てで出会った作品で、最初に見た浦井ルドルフをずーっと見て来た訳で、これで私のエリザ歴もひと区切りかな、という感じです。
 トートの顔ぶれも随分変わり、私にとって次のエリザはどんな風になるのかな。今期大ブレイクの城田トートにハマってみたいような気もします(笑)。
 

« カエサル | トップページ | 10月の読書総括 »

エリザベート」カテゴリの記事

観劇/鑑賞記」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです!
東宝版エリザの千秋楽が無事に終わってよかったなあ~なんて思っている今日この頃です。いつか宝塚版&東宝版を観に行きたいです!(東宝版は城田トートと瀬奈シシイで)。

さて、随分と前のコメントで小説版「エリザベート」を書いていると書きました。あれから地道に書き続けて、現在は「愛と死の輪舞」の場面をトート閣下の視点で書いてます!いや~恋に落ちた死神を、しかもその死神の視点から書くのはかなり大変です(>o<;)
でも、2009年月組版のDVDで「愛と死の輪舞」を何度も観るうちに「誰かを好きになるという事に人間と死神の間に差はないよね」と感じました。
授業中や電車の中で「恋に戸惑っている閣下の気持ち」や「深く愛すること」、「人間と異形の者の愛」について深く考えながらケータイで書き続けています。

また長いコメントでスイマセン(mーーm)
風邪やケガに気をつけて、元気にお過ごしください!
以上、ブラックトントンでした!

>ブラックトントンさん
 お久しぶりです^^
 小説、書き続けていらっしゃるんですねー。私はあまりそういう才能がないので、すごいなあと思います。
 何かにハマると、それをきっかけにいろいろな事を考えますよね。それってとても素敵な事だなあーと思います。生活というか、人生の潤い?(大げさ^^;)
 最近はツイッターの方でもいろんな方がエリザや舞台のことをつぶやいているので、そんな繋がりも楽しい今日この頃です。
 ブラックトントンさんも、お体気をつけてお過ごし下さい♪
 コメントありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94330/49827122

この記事へのトラックバック一覧です: エリザベート 10/23ソワレ(ちょっとだけ追記):

« カエサル | トップページ | 10月の読書総括 »