2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月の4件の記事

2010年10月24日 (日)

エリザベート 10/23ソワレ(ちょっとだけ追記)

Img_0488 2004年から見続けて来た浦井ルドルフも、今度こそ見納めだろう、ということで、ルドルフばかりガン見して来ました(笑)。さすが、納得の出来。長い時間をかけて丁寧に作り込んできたものが、ちゃんと身に付いてる、実になってる、と思いました。
 初・石丸トートは…あの朗々とした歌声から、カルメンの「闘牛士の歌」を思い出してしまい、以降頭の中でエンドレスなんですがどうしましょう?いっそそういう路線でいきませんか、トートは何でもアリ、ですから私の中では。ボレロ調の「私が踊る時」が一番しっくりきてたような気がするのも、あのバズーカながらも品のある声だからだと思います。
 また後日、加筆訂正などします。とりあえず今日はここまで。

(11/11 追記)
 続きを書かなきゃー、と思っているうちに月が変わり、レミコンなど行ってたら、すっかり記憶が上書きされてしまいました…ごめんなさい_| ̄|○
 
 石丸トートには今ひとつ惹かれず、また浅海シシィの中〜低音でどうしても感覚的に合わない所があって、主役2人に酔えない、公演全体としてはちょっと残念なものになってしまいました。
(お好きな方はごめんなさい)
 でもいいんだ。
 浦井ルドルフを見納めできたから。
 この一点に尽きます、今回は。

 元々エリザはルドルフ目当てで出会った作品で、最初に見た浦井ルドルフをずーっと見て来た訳で、これで私のエリザ歴もひと区切りかな、という感じです。
 トートの顔ぶれも随分変わり、私にとって次のエリザはどんな風になるのかな。今期大ブレイクの城田トートにハマってみたいような気もします(笑)。
 

2010年10月17日 (日)

カエサル

177957220日生劇場 10月16日 昼公演 

 カエサル:松本幸四郎
 ブルータス:小澤征悦
 クレオパトラ:小島 聖
 オクタヴィアヌス:小西遼生
 ポンペイウス:瑳川哲朗
 クラッスス:勝部演之
 アリス:水野美紀
 キケロ:渡辺いっけい
 セルヴィーリア:高橋惠子

 正統派ストレートプレイ、普段よく見るミュージカルとは勝手が違うとは言え、1幕終わった時はどうしようかと思いました^^;
 でも2幕で尻上がりに引き込まれ、ルビコン川を越える時の幸四郎カエサルにはちょっと胸が熱くなりました。
 そのテンションを保ったまま、もう少し見ていたかったのですが、そこで幕。
 うーーーん…惜しい。
 

続きを読む "カエサル" »

2010年10月15日 (金)

最近のビビ

Bibi

 ひと月くらい前、思う所あってビビの羽根をクリッピング(風切羽根を少し切って、長距離飛べないようにする)しました。

続きを読む "最近のビビ" »

2010年10月 1日 (金)

9月の読書総括

 ローマ人の物語を結構順調に読み進んでいます。
 塩野先生の筆による古代ローマの指導者達の姿が全て真実ではないにしても、現代人より余程理性的に思えるんですよね…。現代はいろいろな事が複雑になって、むしろ人間は昔よりモノが見えなくなったり身動きが取れなくなっているのではないかな、という気もします。

-----------------------------------
9月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1462ページ

ローマ人の物語〈19〉悪名高き皇帝たち(3) (新潮文庫)ローマ人の物語〈19〉悪名高き皇帝たち(3) (新潮文庫)
読了日:09月11日 著者:塩野 七生
ローマ人の物語〈20〉悪名高き皇帝たち(4) (新潮文庫)ローマ人の物語〈20〉悪名高き皇帝たち(4) (新潮文庫)
「暴君ネロ」と私も覚えていたけれど、キリスト教によるフィルターがかかった結果、そういうイメージが定着したとは知らなかった。殺されたキリスト教徒は確かに気の毒だけど、それだけで二千年経っても「暴君」と言われてしまうのはちょっと可哀想かも。平和な時代に若くして皇帝になった、やんちゃなお坊ちゃん皇帝という感じ?そこそこ能力もあったのに、歌の巡業(?)と優秀な司令官を死に追いやった事は、あまりにも浅慮。まあ…乳離れも上手く出来ず、母親に反抗した挙句に殺してしまった訳で、精神的に大人になりきれなかったという気がする
読了日:09月13日 著者:塩野 七生
星読み―ホロスコープなしでわかるあなたの運勢星読み―ホロスコープなしでわかるあなたの運勢
石井ゆかりさんの占いは、星やその配置の意味に最初から「良い」とか「悪い」という判断をつけてないのが好き。楽天的な射手座の自分は、良い方にばかり解釈する訳ですが(笑)
読了日:09月14日 著者:石井 ゆかり
NOVA 2---書き下ろし日本SFコレクション (河出文庫)NOVA 2---書き下ろし日本SFコレクション (河出文庫)
1粒500円位するチョコレートの詰め合わせみたいだった。もちろん全部違う種類の。1粒ずつゆっくりいただきましたが、どれも読み応えがあって、このペースがちょうど良かったかも。「バベルの牢獄」「東京の日記」「衝突」「クリュセの魚」「聖痕」が特に好きです。
読了日:09月21日 著者:東 浩紀,恩田 陸,法月 綸太郎,宮部 みゆき,神林 長平,倉田 タカシ,小路 幸也,新城 カズマ,曽根 圭介,田辺 青蛙,津原 泰水,西崎 憲
ローマ人の物語〈21〉危機と克服〈上〉 (新潮文庫)ローマ人の物語〈21〉危機と克服〈上〉 (新潮文庫)
あ〜あ、凡人ばかりになってしまった、という感じだけど、実際にはそうそう天才は現れないので、凡人なりに力を合わせてよい政治をしてほしいです…って、なんか今の日本みたい!?
読了日:09月25日 著者:塩野 七生
ローマ人の物語〈22〉危機と克服(中) (新潮文庫)ローマ人の物語〈22〉危機と克服(中) (新潮文庫)
「ガリア帝国」反乱の後処理が見事。支配者側が「混乱の真因は自分達の方にある」などとはなかなか認められないものだ(そのことをはっきりと表明しないにしても)。2000年前のローマ人の方が、現代人よりも余程理性的に思えてしまうのは気のせいだろうか…。
読了日:09月29日 著者:塩野 七生

読書メーター

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »