2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 最近のビビ | トップページ | エリザベート 10/23ソワレ(ちょっとだけ追記) »

2010年10月17日 (日)

カエサル

177957220日生劇場 10月16日 昼公演 

 カエサル:松本幸四郎
 ブルータス:小澤征悦
 クレオパトラ:小島 聖
 オクタヴィアヌス:小西遼生
 ポンペイウス:瑳川哲朗
 クラッスス:勝部演之
 アリス:水野美紀
 キケロ:渡辺いっけい
 セルヴィーリア:高橋惠子

 正統派ストレートプレイ、普段よく見るミュージカルとは勝手が違うとは言え、1幕終わった時はどうしようかと思いました^^;
 でも2幕で尻上がりに引き込まれ、ルビコン川を越える時の幸四郎カエサルにはちょっと胸が熱くなりました。
 そのテンションを保ったまま、もう少し見ていたかったのですが、そこで幕。
 うーーーん…惜しい。
 

 カエサル暗殺の場面から始まり、過去へ遡っていく感じで始まる1幕は、説明調の長いセリフが多くて原作で読んだ事柄の復習。しかも駆け足。「ああやっぱり…この調子で2幕も行くんじゃもうダメかも」と挫けかけました。
 それと、1幕のカエサルが、そんなにイイ男に見えなかったのです。
 借金だらけで女たらしなのはともかく、三頭政治のクラッススとのやりとりや、市民集会で巧みに民衆を煽っていくところなど、単に小手先の器用な政治家じゃないかと。
 原作を読んだ人なら、カエサルは単に私利私欲でローマの権力者になった訳ではなく、凡人にはなかなか持ち得ない、壮大なビジョンがあったからだと認識していると思うのですが、そのカエサルのいい意味での野望が、なかなか見えてこない。細かい事をセリフで長々と説明されるより、カエサルが英雄である根本の所を、もっとわかりやすく示してほしかったなあと思います。
 正統派ストレートプレイに慣れていないとは言え、原作を読んでいてもこのありさまですから、予備知識無しで見た方は、あらすじの基本も追いきれなかったのではと思ってしまいます。
 良く知らない人でも、舞台を見てから原作を読みたくなる…そんな舞台だったらいいのになあ。

 でも2幕は打って変わって、妙に引き込まれました。何故なんだろうと少し考えたのですが、もちろん原作を知っているというアドバンテージに加えて、説明が多かった1幕に比べると、2幕はカエサルにしろキケロにしろ、ブルータスにしろ、その人間的な面に迫る場面が増えたからかなと思いました。登場人物も絞られてきて、ようやく的が定まってきた感じ。せめて1幕の半ば位に、この集中が欲しかったなあ…。
 役者さんは皆上手かったし、熱演されてました。
 キケロの渡辺いっけいさん、風見鶏的である意味ゲンキンな、原作のキケロがそのまま出てきたみたいでした。カエサルに対する矛盾した感情や言動を自然に、滑稽に演じていて面白かったです。
 ポンペイウス、クラッススは出番はそれほどではなくても、ものすごい存在感でしたし、キャラクターもわかりやすかったと思います。
 ブルータスは原作よりずっと出番が多かった。母親がカエサルの愛人ということで何かと葛藤の多い役を、小沢さんが熱演していました。出番が多いと言う事は、ブルータスを通してのカエサル像が観客にも強くアピールされる事になると思うのですが、ブルータスが彼に抱く感情というのも矛盾し、混乱しているので…あまり理解の助けにはならなかったかも。むしろ、カエサルを暗殺した側の苦悩と混乱ぶりを描きたかったのかなあ。それだったらキケロとのタッグで成功しているかも。
 オクタヴィアヌス、後の初代ローマ皇帝アウグストゥスは小西遼生くん、数少ない、若くてキレイな男性メインキャスト(…の割には出番少なかったですが)だったので、出て来ると単純に嬉しかったです(笑)。彼とカエサルの関わりはそれでも原作より多かった位ですが、もっと見たかったな。ただの親戚というだけじゃなく、何故カエサルが彼を後継者に指名したのか、とかちょっと匂わせても良かったのでは、と思います。
 松本幸四郎さんは、さすがの上手さ。長くて時に文語調?にもなるようなセリフは、もしかして彼のために書かれたのかな、と逆に思いました。実を言うと、カエサルは出来ればもうちょっと若くて快活なイメージの役者さんで見たい気がしていたし、今もその気持ちはあるのですが、あのルビコン越えは圧巻でした。…いやホント、あの続きが見たい。
 リピートしてもいいかも、と最後に思えたのは、ひとえに幸四郎カエサルのあの一場面ゆえです。

 私の感想も、あまり長くなりすぎないうちに止めておきましょう。
 それにしてもこの未消化感、逆にリピートしそうでコワいです(笑)。
 (もしやそれが作戦か!?Σ( ̄□ ̄;)


 

« 最近のビビ | トップページ | エリザベート 10/23ソワレ(ちょっとだけ追記) »

観劇/鑑賞記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94330/49759183

この記事へのトラックバック一覧です: カエサル:

« 最近のビビ | トップページ | エリザベート 10/23ソワレ(ちょっとだけ追記) »