2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« レミコン in London 再上映!! | トップページ | 謹賀新年 2011 »

2010年12月29日 (水)

2010年 観劇年報

 今年は…というか今年も?あんまりたくさんは観ていないのですが、まとめておきます。
 なんか以前に比べて、何が何でも観なきゃ、的な欲が無くなってきたのよね…。時間的にも経済的にも、無理なく行ける舞台が、その時出会うべき舞台なのよ、という変に悟ったような心境に至りまして。
 あと、自分は役者さんよりも作品中のキャラクターにハマる質だという事を自覚してからは、役者さんを追いかけて出てるものはとにかく観る、という熱情も少々治まってきている影響もあります。
 でもやっぱり舞台は大好き♪ということで、2010年の観劇年報、行きます。


サウンド・オブ・ミュージック 劇団四季
 映画は何度も見ましたが、四季の舞台は初めてでした。
 観劇から4ヶ月が経っても、気がつくと頭の中でSOMナンバーが回っていたりして、やっぱり名曲ぞろいなんだなと思います。
 いつか、綜馬さんのエーデルワイスを聴きたいな♪

宝塚BOYS
 内容的には初見ほどの感動はありませんでしたが、その分浦井君のレビューを楽しみました♪
 開演前、BOYS達に「指導」してた瀬奈じゅんさんがカッコ良くて、やっぱり宝塚のTOPってすごい、と思いました。

エリザベート
 オトコマエな瀬奈シシィ、闘牛士な石丸トート、不動の安定感・山口トートに期待の新・田代ルドルフ。見納めの浦井ルドルフ、と振り返れば改めて、話題の多いエリザでした。
 城田トートを見られなかったのが心残りですが、次回もきっとやってくれると思うので、是非。

カエサル
 夏に塩野七生先生の「ローマ人の物語」を再読していた所、タイムリーに舞台化のニュースが飛び込んできたので観に行きました。
 もう少しテーマを絞って、カエサルの魅力を効果的に見せて欲しかった所ですが、ラストの幸四郎カエサルはカッコ良かったなー。あれを見られただけで、良しとします。うん。

レ・ミゼラブル 25周年記念コンサート(映画)
 M!待ちの間に転がり込んできた「レミコン上映」のニュースに飛びつきました。
 どうしてこう、レミって血が騒ぐのでしょう^^;
 本編はもちろん、その後のカーテンコール?が感動的でした。初代キャストの面々が出てきて一緒に歌ったりとか…。
 年明けに再上映という事で、また頑張って行きたいと思います♪

モーツァルト!
 初演以来の(井上)芳雄ヴォルフ、成長した姿をたっぷり見られて良かったです。
 また、自分が年取って親としてのキャリアが長くなったからなのか、市村パパの歌に大分共感するようになってたりとか、見る側の状況によっても舞台って変わるんだなーと思いました。
 内容的にはあいかわらず、わかったような、わからないような、もやっとしたものが残るんですけどね(だからきっとまた行っちゃうんだ)。

大江戸りびんぐでっど(シネマ歌舞伎)
 歌舞伎座さよなら公演の中の1演目として上演された、クドカンによる歌舞伎です。
 シネマ歌舞伎になってから、映画館で見ました。
 …あれを歌舞伎座の舞台でやるのが許されたって、伝統芸能の世界は意外と懐が深いのね、と思ったです。歌舞伎ファンの間ではやはり賛否両論あったようで、”私「は」面白かったです”という感想に、(^^;)←こんな顔して胃の辺りを押さえながら応対するクドカンがちょっと目に浮かぶような(笑)。
 染五郎、七之助、勘三郎を始め錚々たる歌舞伎役者の面々が、歌舞伎座の舞台でそれはそれは楽しそうに、クドカン節炸裂のお芝居をしている…なかなか面白く、贅沢な感じがしました。
 これを見た後、同じくクドカンと新感線による「メタルマクベス」がどーにも思い出されてしまい、久々にDVDを見たりiPODで曲を聴きまくったりしていました。伝統的なものをクドカン節でリメイクするという点で、内容は違っても、限りなく同じテイストを感じた次第です。

 あとはテレビで見た「イリアス」かな。
 同じ古代ものでも、「カエサル」よりも洗練されてわかりやすかったです。
 とはいえこの2作品、1度見ただけではわからない何かがありそうで、機会があればまた生でみてみたいものです。


 こんなところでしょうか。
 年明けはレミコンの再上映に始まり、3月にはウェディングシンガー、4月以降は多分レミを2、3回見に行く事になるのでしょう。新バルジャンをいきなり見に行ってみよーかなー?
 また来年も、よい舞台に出会えますように!

« レミコン in London 再上映!! | トップページ | 謹賀新年 2011 »

観劇年報」カテゴリの記事

コメント

お、お久しぶりです。「ブラックトントン」改め「黒猫」です!
もうすぐ2011年なので、心機一転ってことで改名です(^o^)
東宝版エリザにモーツァルト!にレミコンと話題作ぞろいですなぁ。ああ、観劇三昧な日々を過ごしてみたい!
2010年はあっという間でしたが、私にとっては楽しい年でした。念願の宝塚観劇、それもきりやん(霧矢大夢)のお披露目公演を観れたし、こんな面白いブログと出会えたし!
風邪に気をつけて年越ししてください。
ではでは、良いお年を!

黒猫さん、こんにちは!
例えれば、腹八分目でそこそこ満足したような今年の観劇でした。
宝塚観劇は念願でしたか、良かったですね(^-^)
私は宝塚はエリザしか観に行った事はないのですが、レビューとか華やかでいいですよね!
霧矢さんのフランツ、よかったです♪
黒猫さんも、お体気をつけてよいお年をお迎えください。

キャラクターにはまる質……なるほどw
舞台観劇暦僅か二回の私ですが、お勧め舞台や着眼点など、とても楽しく+今後の参考にといつも読ませて頂いてます。来年は我が地元に劇団四季の劇場が出来るらしいので、行ってみたいなあ。
よいお年を。そして来年もどうぞよろしくお願いします(^^)

かおりんさん♪
 あけましておめでとうございます。
 こちらでは初めてでしたでしょうか〜、コメントありがとうございます^^
 はい、キャラクターにハマってますので(笑)、好きな作品の所へはいつまでも何度でも足を運びます♪
 へえ〜、そちらに四季の劇場が出来るのですか!
 四季の舞台は まだ見た事の無い演目も多いので、今後もう少し開拓したい分野です。
 何年も前ですが、ライオンキングはとても良かったなあ…。(昔のサイトに観劇記が^^;今度移行しようっと)
 何はともあれ、今年もよろしくお願いいたします♪
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94330/50380026

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年 観劇年報:

« レミコン in London 再上映!! | トップページ | 謹賀新年 2011 »