2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

カテゴリー「育児」の55件の記事

2009年7月 1日 (水)

だらだら(その2)

 娘が林間学校に行っているので、無駄にだらだらと過ごしております。
 娘がいないと、朝はギリギリまで寝てて朝食抜き、
 夜は街をフラフラして、普段ゆっくり行けない店のハシゴです。(今日は本屋、マッサージと、電気屋、ドラッグストア、カフェに行った;)

 普段、きちんと早起きして朝食を食べられるのも、夜遊びせず健全に1日を終えられるのも、娘がいるおかげという事です^^;

「宿題しなさーい!」と言わなくていいのは、結構嬉しい。

2009年6月18日 (木)

何かが違う。

 某ニュースサイトで見たんですが、どっかの会社で育児休業から復帰した女性が、以前とは違う「海外出張無しの事務仕事」の部署に「降格」され、給料も20万円減らされたというので、会社を提訴したんだそうです。今日は何故か、このニュースに違和感を感じまくりでした。

 会社の言い分は「降格でなく役割変更。本人の健康や育児環境に配慮した」
 社員としては「育児のためにキャリアを削らなければならないのは女性差別だ」

 …まあ、おそらく両者、十分に話し合いが出来てないから、訴訟にまで発展してしまったのでしょうけど。想像ですが、昨年のリーマンショック以来の不景気で、会社の状況も急激に厳しくなったんじゃないでしょうかね、育児休暇取ってる間に。「こんなはずでは」と思っているのは、この社員だけではないのかも。

 それはともかく、子どもを持つ身としては、「出張なしの事務仕事」に変えてもらえるのは、ある意味ありがたいですけどね。ダンナさん、仕事してないのかな?
 20万の減給は大きいですが、20万減らされてもまだ給料が残ってるというのもまた、ある意味羨ましい。子どもが大きくなったら、また頑張って給料上げてもらえば…と思ってしまいます。
 育児のためにキャリアを削るのは女性差別…?まあ、充分な話し合いも無しに勝手に削られたのならお怒りもごもっともですが、それを言うなら女性差別でなくて「育児する人差別」でしょう。男性だって、同じように育児休暇を取ったら、同じような対応をされたかもしれない。…それとも男性だったら、すんなり元の職場でまたバリバリ海外出張とか当然のように命じられたのかな(あとは奥さんがやってくれるんでしょ?って)。だとしたらやっぱり女性差別か?
 会社はちゃんと、この社員の状況を聞いた上で決めたんだろうか。もしかしたら、パパが専業主夫な家かもしれないよね。

 ただねえ、保育園の送迎とか、不意の発熱への対処等、日常的な育児をパパや実家が肩代わりしてくれるにしても、子どもを持った以上、「私は以前と全く変わるつもりはありません」というわけにはいかないと思うんですよね。仮にそれが通ったら、その姿はよく問題視される、子どもの事は奥さんに任せっきりで仕事ばかりしている父親と一緒じゃないかなあ。それでいいのかなあ。それがマズいから、男性の育児参加とか、言われているんじゃないのかしら。
 まあ、家庭の事情はそれぞれなので、憶測ばかりで一概に物は言えませんが。

 以下、関連してつらつら考えた事。

 仕事だけしていると、どうしても世の中全て、仕事中心に回っていると思い込みがちですが、子どもを持てばそれとはまた違う世界があるということもわかります。新しい視点を得て、会社とはまた違う基準に沿って自ら動く(動きたいと思う)自分、というものを自覚すると思うのです。
 つまり、良くも悪くも、子どもを持つ前の状態には、どうひっくり返っても戻れない、ということ。それを幸せと思うか、不幸と思うかで人生変わるよね。てか、子どもを持って不幸せだと思うなら、親子双方に取って、これほど悲劇的な事は無いと思いますが。
 
 男も女も、子どもを持てば生活が、人生が変わる。
 何かを得れば、何かを失う。
 物事の捉え方ひとつで、得たものは無駄にはならないし、失ったものを取り返す事も可能なんだけどな。このトシになったから、そう思えるのかもしれないけど。

2009年3月28日 (土)

名古屋のプラネタリウムとハナタレ小僧

 今回、名古屋に到着してまず向かったのが、ここです。
 名古屋市立科学館
 子どもと一緒に名古屋観光となると、名所旧跡を巡ったり老舗デパートの本店に行ったりするよりも、動物園とか博物館に行くのがいいかな、と思ったんです。
 更に、夕方からの観劇に備えて、劇場のある栄からあまり離れていなくて、ホテルへのチェックインまで時間をつぶせる所。
 調べてみたら、この科学館は名古屋から地下鉄で1駅、栄の手前の伏見が最寄り駅だし、プラネタリウムがなかなか評判良いようだったので、11時半の上映に合わせて出かけました。

 こんなにオーソドックスで真面目な「プラネタリウム」を見るのは本当に久しぶりでした。
 上野の科学博物館や、お台場の日本科学未来館にも似たようなドーム型の施設がありますが、プラネタリウムではなく、臨場感のある映像と音で、科学の様々なテーマを扱うもの。3Dメガネを使ったりして、どちらかというとヴァーチャルな体験型のプログラムです。
 名古屋のこのプラネタリウムは、ドラマチックなストーリーや音楽はありませんし、乗り物に弱い人が酔ってしまうような、三半規管への刺激もありません。代わりに、プラネタリウムが映し出す素朴で美しい星空と、丁寧な解説。BGMはあくまでも控えめに、だから星空の美しさが引き立つのです。
 そう、こんなのが見たかった。プラネタリウムって、こんなのだった。

続きを読む "名古屋のプラネタリウムとハナタレ小僧" »

2008年4月19日 (土)

歯を抜きました

 かなり大きな詰め物?が取れたので、歯医者に行きました。
 土台の歯がダメになっていたので、抜く事に・・・ってことは、麻酔だ!
 脳裏に甦る、数年前の娘の言葉。

 過去記事:子どもにとっての麻酔の痛みとは

 トマト、トマト、トマト・・・
 すごい久しぶりに座った歯医者の椅子の上で、呪文のように繰り返したのは言うまでもありません。
 うん、すごい力になってくれたよ♪

 

2008年1月29日 (火)

今の私に必要なのは?

 仕事が終わらなくて、買い物にも行けず、今日は娘とファミレスで外食しました。
 そこのドリンクバーには、茶こし付きのコップに好きな茶葉を入れて楽しむ、お茶のコレクションがあり、ハーブ系の茶葉などはブレンドして飲んだりします。
 今日の食後に、娘が「ママにお茶を選んできてあげる」と言って持ってきてくれたのが・・・

「セイロンとダージリンと、どくだみ茶のブレンド」

ざ、斬新・・・!
曰く、「今日のママにはそれが必要だと思ったから」
・・・そうですか。一体どんな状態なの自分_| ̄|○

 実際にはほとんどドクダミ茶、気持ち紅茶が混じってる?程度だったので、デザートと一緒に美味しく頂きましたけどね。お返しに、「ほうじ茶+緑茶+僅かにアールグレイ」を作ってあげた母でした。

P.S. しおれてたブログパーツの木が復活&成長してる!(よかった…)

2007年12月 4日 (火)

ある日の夕飯

Dinner_2
 仕事がなかなか終わらなくて、会社でキリキリしてたら、家で留守番していた娘から電話が。
 「ごはん、作っておこうか?」
 「えーー、何作るの?」
 「スクランブルエッグ♪」
 「いいけど、ガスの火、気をつけてね」
 「はーい」
 …ちょっと心配だったけど、卵料理は何度か一緒に作った事もあるし、学童保育でも時々クッキングイベントでいろいろ作っていたので、まあいいか、とお願いしたら、上の写真のような夕飯が出来上がってました。スゴイ!冷凍してた玄米入りご飯も、レンジでチンしてました。トマトと海苔は、私が後から出したものですが。
 ちょっと質素ではありますが、とても美味しい夕食でした。それに大人はこんなもんで充分なのかもしれません。
 しかし、わが子ながら偉いなあ・・・私が同じ年くらいの時は、帰りの遅い親に代わって夕飯を作っておこうなんて、考えた事は無かったわ。

 「ごはんできたよ〜。あと何分で帰ってくる?」
 …と言われたら、とりあえず母は「…あと10分!」で切り上げて帰るしかありません(^^;
 やっぱり小学生の子どもとは、夜は一緒にいてあげたいです。

 そんな訳で、夜の残業より早朝の時間外勤務がいいみたい。
 早寝・早起きなのもいい感じ♪

2007年11月23日 (金)

よい舞台を見ました♪

 今日は娘の学芸会へ行ってきました。
 なかなか楽しい演目で、子ども達もそれぞれ、個性を生かした役についていて、良い舞台でした。
 子ども達も皆、楽しそうにやってたし^^
 普段は授業中にうるさかったり、先生を困らせる事も多いらしいですが、こうしてみると良くまとまった、よいクラスじゃないの、と思いました。

 去年も思ったけど、子ども達の元気な声、歌声というのはすごいエネルギー!
 最近の荒んだ心と体に、元気を分けてもらえた気がします♪
 小さな役者さんたち、お疲れさまでした^^

2007年10月30日 (火)

パパはヒーロー

夕飯も終え、あとは寝るだけとまったりしていると…
娘「明日、三角定規を持って行くんだけど・・・」
私「え゛!?どーしてもっと早く言わないの〜〜!!」

・・・もう夜の9時前、近所の文房具屋はとっくに閉まってます;
三角定規なんて、大人はあまり使いませんから、家にはありません。


 こういうの、これで2度目。前回は習字で使う「半紙」でね、その時はドンキまで買いに行ったんですよ。夜のお仕事系の人達がいらっしゃる界隈まで;
 普通、大人になると半紙とか三角定規とか、使わないじゃないですか。だから案の定、コンビニは全滅。今回も、夜のネオンがきらめく街を、ドンキ目指して行ったんですが、無かった…_| ̄|○il|li
 半紙はあったけど、三角定規は無かった…。

 最後の手段、まだ仕事中のパパにメール。
 「三角定規を探してるんだけど、心当たりがあれば買ってきて。もし三角定規をゲットできたら、君はヒーローだっ!!」

しばらくして…

Jogi 

(ノ゜▽゜)ノ おおおおぉぉぉぉー
素晴らしい!やっぱりパパはヒーローだっ!
…虎ノ門にある「オフィス24」で買ってきてくれました。分度器までセットになってるわ(笑)
娘よ、よくよく感謝して、次からはもっと早く言うようにね。

2007年2月 9日 (金)

朝の体操、始めました!

 タイトルは、レスポール王への報告風にお読みいただければ幸いです♪
 (ゲキ×シネはやっぱり行けそうにないので、DVDを見直したv)
 朝、どうも娘の動きが鈍くて、、、って、私も鈍いですが、布団から出てリビングに来ると、コタツに肩まで入って丸まってる。朝ご飯もなかなか進まなくて、困っていたのですが、先日、ちょっと風邪気味だった時に、体温を測ってみてびっくり。35度台前半って、子どもの体温じゃないわー!測り損ねたかと思って、何度も測ったのですが、変わりませんでした。
 聞くところによると、子どもの低体温が増えているそうで。
 赤ちゃんの頃から、冷暖房の整った環境で過ごしてきているので、体温調節の機能が低下しているとか。暑さ寒さに対する鍛錬が足りないんだそうです。ああ、現代っ子なのね;
 低体温だと免疫力が落ちて、例えばがん細胞が一番繁殖するのは35度台、なんていう話も。

 そんなわけで、毎朝向かいの公園から聞こえてくるラジオ体操・・・ではなく、同じ時間に家のテレビをつけて、起きたらすぐの「テレビ体操」を始めました。
 なんと!今週ずっと続いたんですよ!
 「1日サボったら、もう終わりだ」という強迫観念もありましたが、これが結構、大人にとってもいい感じでして。体が温まって、朝からテキパキ動けます。
 娘もなんだかんだ言って、ちゃんと起きてきてます。ママ、そこは手を伸ばすんだよ、などと突っ込みも入ります;昨日は1日、テレビ体操の音楽が頭の中をぐるぐるしちゃったそうですが(笑)。
 朝ご飯は相変わらずチンタラ食べてますが、時間に余裕ができた分、食べる量はちょっとは増えたかな。「早く食べなさーい!」の親の小言が減ったのも良い事です。

 とはいえ、明日からの3連休は・・・やっぱりお休みしようかな。
 まだそこまでは、健康的になりきれてないのです。
 

2006年12月25日 (月)

メリークリスマス!

20061224005
 
 イブはスイスロール買ってきて、またパパと娘にデコレーションしてもらいました。ブッシュ・ド・ノエルですv
 サンタも無事にやってきました♪

より以前の記事一覧