2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

カテゴリー「レ・ミゼラブル」の50件の記事

2011年1月23日 (日)

レ・ミゼラブル 25周年記念コンサート in London

 2011年の年明けは、お年玉のようなレミコン再上映!
 今度は全国的に上映館も上映回数も増えたようで、評判が良かったのかなあと嬉しくなりました。私も結局、普段なら絶対行かない場所まで2回も足を運んだ訳で、ワーナーマイカルさん的にもいつもは来ない客を呼べたのでは。サティでちょっと買物もしたし(笑)。
 舞台は舞台でちゃんと見に行くので、是非是非こういう機会をもっと作ってほしいです〜。

・会場、広ーい、大きい!さすが本国、人気の高さが伺えます。

・何本もの照明器具が、開演と同時に上方へ上がって行くのが多分幕の代わり。すごくテンション上がりました!この演出は2幕のバリケードが組み上がる場面でも使われていて、シンプルだけどとっても効果的。

・バルジャン、若い、声がいい!ちょっとオペラ歌手みたいな雰囲気がありました。Bring him home では歌い終わってもなかなか客席の拍手が鳴り止まず、照明が暗転して行く中で控えめに投げキッスしてました。コンサートとはいえ、場面的には諸手を挙げて拍手や歓声に応える所じゃないからね(笑)。
 Bring him home や、カフェソングの後でマリウスにコゼットを託す所とか、結構泣けたなあ。

・ジャベールは肌の色や髪型が今までに無い感じだったので、最初はちょっと違和感ありましたが…「対決」や自殺の前のシーンなど、バルジャンとのやり取りが緊張感あって良かったです。ジャベールの存在って、レミの中では本当に絶妙…一見ただの嫌なヤツっぽいのに、精神的には一番「ミゼラブル」な人っぽいので、何とか幸せにしてあげたくなっちゃうのよね…。
 ラストの民衆の歌で、ちゃんと皆と一緒に歌ってたのが嬉しかったです。(舞台では、ラストにジャベはいない…自殺したから、かな)

・アンジョルラス…は最初見たときは、ちょっと濃ゆい感じで苦手な気がしたんですが、2回目はそんなに気にならなかったです。単に慣れの問題かなあ、ジャベもアンジョも。で、このアンジョはグランテールと仲良し。

・マリウス…ヘタレ!です^^;
 ヒヨッコ、という言葉がこんなにピッタリくる人って初めてみたかも。ガブローシュの方が絶対しっかりしてる感じ。自信なさげにさまよう視線、見た目も細面だし、声もあまり力強い感じではない…。でも、そういうマリウスもありかも?いやむしろ、これが正しいマリウスか?とも思えてしまうのは何故だろう…。

・ファンテーヌ&コゼット。この2人、印象としては結構気が強くてタフな感じです。マリウスはコゼットの尻に敷かれます、間違いなく(笑)。逆にこのコゼットだから、あのマリウスでオッケーとも言える。

・テナ夫妻の人気はすごいですねえ…。夫人の方は、10周年と同じ女優さん。テナ夫妻は確かにそんなに年齢の縛りはなさそうなので、モリクミさんも同じ位、目指せるかも!?

・フィナーレ!DVDを買う理由の半分以上、このフィナーレかもしれない。
 まずは初演、オリジナルキャストの登場。映画館でも皆、おぉ〜、とどよめいていました。バルジャン役の人はかなりお年を召した感じでしたが、歌声は健在…バルジャンの実年齢には実は一番近いかもしれず、なんともいえない味がありました。
 もう一人のバルジャン…過去のキャストだと思いますが…と今回の若バルジャンの3人でBring him home。若バルジャン、やっぱりバズーカ…すごい声だw
 次はオールキャストでワンデイモア。初代マリウス、体型が更にふくよかになって…ビール樽体型w 幸せ太りですか?コゼットとエポニーヌは大人の女性になってました。
 そして初代アンジョは…と思ったら、何故かここだけは過去キャストじゃなくて現職の濃ゆいアンジョが一人で「嵐のー日までーー!」…って何故^^;過去キャストじゃなくても、他の劇場チームも来てたみたいなのに、何故か濃いアンジョしか映らないし、そもそも他のメインキャストが役ごとに集まってるのにアンジョは集まってない!なんで?ちらっと映った金髪のアンジョさんとか、もっと見たかったし声を聞きたかったよー。

・で、最後の最後、学校でレミをやりましょう、というプログラムでレミを演じた子ども達が登場。「レ・ミゼラブルの未来を担う子ども達です」みたいな字幕だったと思うけど、耳に聞こえた英語は「… when tomorrow comes.」(朝が来た時そうさ明日が〜♪の原詞)
 で、「若者達の歌が聞こえるか…」に乗って、レミの扮装をした子ども達が客席から登場し、最後は全員での大合唱……!

 レミって、タイトルだけだとホントに救いようの無い感じがするし、ミュージカルにしても地味で暗い場面も多い…レミの後にウィーンやフランスの王宮もの観ると、衣装とか色とりどりで、照明もキラキラしててキレイだなー、って思います…のに、見終わった後にはどの作品にも負けないくらい、希望とか光を感じるんですよね…。
 この25周年のフィナーレも、25年の過去を振り返ってそれに浸りきるのではなく、この先の未来へ続いて行く終わり方をしたのが良かったです。

 何もなければ、50周年位までは生きててそれなりに動けるんじゃないかと思うので、一度はアニバーサリーイベントを実際に体験してみたい…!密かな、いや大っぴらな野望です(笑)。

2010年11月 7日 (日)

レ・ミゼラブル 25周年コンサート in London

 東西線の端の方まで行った甲斐がありましたー、良かった!
 30周年は是非ともLondonに…あるいは衛星生中継が見られる欧州のどこかに居たいものです。
 10周年のDVD持ってますが、25周年もDVDが出たら確実に買っちゃいます、きっと。
 とりあえず、気になる人は行きましょう!1週間しかやってませんよー!
  ↓
 http://www.warnermycal.com/lesmiserables/

 あまりネタバレしない方が楽しめると思うので、あとはまた後日アップします。
 (この前のエリザもまだちゃんと記事にしてないし(^^ゞ

2009年4月20日 (月)

You Tube でレミ。

 なんか、イギリスのオーディション番組に出演したおばさんの話がニュースになっているので見てみたら、歌っているのがレミナンバーだった。

歌は心/スーザン・ボイル─Susan Boyle (日本語字幕版)

あー、10周年ガラコンのDVDが見たくなっちゃったな。
ということで、探してみたら動画があるある。
英語の字幕も嬉しい♪

「One day more」
レミの最も盛り上がるナンバー♪

「Do you hear the people sing?」
西洋の人が英語で歌うと、より革命っぽい。

「I dreamed a dream」
こちらが本物のファンテーヌ。


Lesmis10thところでこのDVD、廃盤?らしい…
買っといて良かった♪

2009年3月29日 (日)

レ・ミゼラブル 3/21 ソワレ

Sbsh0034ボケちゃってよく見えないですね;
ジャン・バルジャン:今井清隆
ジャベール:岡幸二郎
エポニーヌ:知念里奈
ファンテーヌ:シルビア・グラフ
コゼット:神田沙也加
マリウス:藤岡正明
テナルディエ:三谷六九
テナルディエの妻:田中利花
アンジョルラス:東山義久

 久々のレミゼでした〜♪
 名古屋でしか会えない東山アンジョルラスを優先して選んだ日程でしたが、バルジャンは安心して見られる、私の中ではスタンダードな今井さん、ジャベールはかなりご無沙汰していた岡さん、シルビアファンテーヌに三谷さんのテナルディエと、なかなか好みな布陣でした。
 席も1階の最後列で、ちょっと2階の天井が気にはなったけど、後ろを気にせず(笑)のんびりと、舞台全体を眺められる良いお席。

 いやー、東山アンジョルラス、かっこいい〜heart04
 名古屋に行った甲斐がありました、眼福、眼福♪
 ♪命の価値 考えたか…の歌詞の通り、ちゃんと死ぬ事と向き合いつつ仲間を統率して行った、見事なカリスマ革命家ぶりだと思いました。エポニーヌが死ぬ時には、現実となった「死」を前に、ちょっと動揺する人間的な弱さも見せますが、それを乗り越えていってました。
 東山アンジョルラスを見るのは多分これが3度目で、それぞれ年単位で間が空いていると思うのですが、1度目より2度目、2度目より今回の方が、格段に上手くなったと思います。2度目の時は「歌が上手くなったなあ」でしたが、今回は中身、演技が良くなったんだと思います。だからますますカッコいいんだよね〜♪
 バリケードの場面は、どこを見たらいいやら忙しいのですが、久々だったので余計にその辺の勘を忘れてまして…東山アンジョルラスが最後に見せる微笑みを、見逃してしまったのがちょっと残念。アンジョルラスは見てたんだけど、オペラグラスは膝の上だった…あっ、ここ笑うんだよねーー!と思い出した時にはもう遅かった(笑)。まあ、グランテールの方を振り返った姿は見られたので良かったですが。
 この日はどうやら東山君のお誕生日?だったのかな?カーテンコールで最後に前に出されて、踊って跳ねてました。

 シルビアファンテ、病床でコゼットの幻を見てる時の笑顔が、すごい無心な感じで涙を誘いました。コゼットを手放してから、あんな風に笑った事は多分無かったでしょうね。
 あと、エピローグでバルジャンを迎えにくる所は、シルビアファンテの低音がいいですね〜、包まれる感じで。

 今井バルジャンと岡ジャベールは、もう安定していて、久々に見る身にとっては良かったかな。リピートしだすと、ちょっと物足りなさを感じるかもしれませんが^^;
 帝劇では別所さん、取れれば山口さんのバルジャン、ジャベールは今さんと禅さんをチェックしたい所ですが、上手く見られるといいなあ。
 あと今回は出てないけど、実は綜馬さんのジャベールが好きでした。またいつか見たいなあ。

 マリウス&コゼットはまあ普通。
 神田沙也加は初めて見たけど、歌はオッケーですね。でも見た目の雰囲気がちょっと違うかなあ、個人的には。何か、眉が真っ直ぐで眼差しも強くて、意志が強そうに見えるのですが、あまりコゼットっぽくない気がして。バルジャンに守られて、自分の過去を知らず、世間から隠されて生きて来たことによる、自分自身、ひいては将来に対する不安と孤独の影みたいなものが、今のままではあまり見えないなあと。まあ、好みの問題かもしれないけど^^;

 シーンとしては、「民衆の歌」と「ワンデイモア」がやっぱり良かったです。
 これぞレミゼ、って感じがして♪
 アンジョルラスのカッコ良さもさることながら、赤い旗がきれーいに翻っていて満足でした♪
(時々棒に絡み付いちゃうんだよね^^;)

 ちなみに娘の感想は、基本的に「エポニーヌがかわいそう、マリウスひどい」です(笑)。
 いやまあ、確かに。年相応な感想かな^^
 帰ってから、家にある学童向けの「ああ無情」を読んでましたが、
 「エポニーヌが出て来ない〜!」
 …マリウスの隣に住む家族として一応出ては来てましたが、名前は無かったです…残念!!
 あと数年したら、頑張って文庫本5冊読んでもらいましょうかね(私も飛び飛びにしか読めてないけど;)。

2009年3月25日 (水)

親子で囚人(笑)

 名古屋はいろいろ楽しかったので、落ち着いてちゃんと記事を書きたいのですが、これだけ先に見せびらかしてもいいですか?

中日劇場でゲットしたこれ。

24653

ホテルの部屋で、親子で囚人ごっこをしてから寝ました(^^;

後ろは襟元にこんな感じ。

24653b

 レミTシャツはあのコゼットのイラストが、私にはちょっと主張が強すぎて、今まで手が出なかったのですが、これならOK、レミのロゴもさりげなくていいです♪
 「24653」はある意味コゼットより強烈かもしれないですけど、知らない人には単なる数字の羅列だもんね。

2008年8月 6日 (水)

09年、レミ凱旋!

 私が夜遊びしてた頃、すでに東宝の公式サイトがアップされたようですが、「レ・ミゼラブル」09年3月が名古屋、その後金沢(予定)、松本、仙台を回って10、11月が帝劇だそうです。
 レミかあ〜♪
 うん、レミかあ〜〜♪♪(^ー^)ニマニマしちゃう。

 何か、レミはエリザとはまた違う高揚感があります。
 好きだなあ、楽しみだなあ。
 キャストはそんなに変わらないみたいですね。アンジョルラスとコゼットに若干新顔が、って感じ。アンジョルラスの松原さんは、以前は学生の1人だったような。昇格、ってやつですか^^。東山アンジョルラスがいないのが、ちょっと寂しいな。
 まあでも、以前ほど、キャストに一喜一憂しなくなってきているので、ある意味気持ちに余裕を持って作品を楽しめるかもしれない。(なんて言いながら、実際チケ取りになると悩みそうだけど^^:)

 とりあえず来年の秋、ニンジンひとつぶらさげた、っと。

2007年8月 1日 (水)

'07 レ・ミゼラブル 8/1 ソワレ

8/11、エポニーヌ以下を追記、完了。今日から旅行なのでその前に書いておかないとね(笑)
070801lem 親が持ってるチケットが余ったというので、急遽帝劇へ行ってきました♪
 もっと後に見る予定だった禅ジャベを、こんなに早く見ることが出来て嬉しかったです。SPのマリウスを経て、ジャベールに戻ってきた禅さんですが、やっぱり上手いです、この方。お手本にしたという村井さんのジャベールを私は知らないのですが、大分「禅さんのジャベール」になってきたんじゃないかなー、と感じました。
 そして東山アンジョルラス!いい!いいです!!今日の「民衆の歌」は何だか涙が出そうでした。この場面は今まで、歌に聞き惚れる事はあっても、じーんと来る事はあまり無かったのですが・・・うん、今までで最高のABCカフェだったかも。
 バルジャンは久々に見た今井パパでしたが、こちらも好演。しみじみ、じんわりさせてくれるのですよね、この方のバルジャンは・・・。

続きを読む "'07 レ・ミゼラブル 8/1 ソワレ" »

2007年7月23日 (月)

'07 レ・ミゼラブル 7/14 マチネ その2

Image0021 前の記事の続きです。
 ※この写真は6月の時のですが;
 

続きを読む "'07 レ・ミゼラブル 7/14 マチネ その2" »

2007年7月14日 (土)

'07 レ・ミゼラブル 7/14 マチネ その1

台風4号が北上する中、帝劇へ行って参りました。
キャストは下記の通り(クリックで拡大。ちょっとピンぼけだけど;)
Cast070714
 今日は別所バルジャン、禅マリウス&歌穂エポニーヌがお目当てでしたが、皆さん素晴らしかったです♪特に20周年スペシャルキャストの禅さん、歌穂さんは、経験とか年齢そのものがやはり物をいうのか、強く印象に残りました。すごい密度の濃いマリエポを見た、って感じです。
 今日の内にがーっと書いてしまいたいけど、最近夜更かしが出来なくて;
 また明日以降、ここに追記して行きます。

(7/18 追記しました)

続きを読む "'07 レ・ミゼラブル 7/14 マチネ その1" »

2007年6月29日 (金)

'07 レ・ミゼラブル 6/17 マチネ

キャストは下記の通り(クリックで拡大)
0706lemis1_1

見てからちょっと時間が経ってしまいましたが、とりあえず一言コメントです。

続きを読む "'07 レ・ミゼラブル 6/17 マチネ" »

より以前の記事一覧